FC2ブログ
 全131ページ

2021.03.04     カテゴリ:  チューリップ 

   咲~い~た~~咲~い~た~~♪ 【前編】





もう雪、降らんやろな……(・_・;)

今年は想像以上にたくさん雪が降ってね、本当に酷かった。



……








冬が終わると春が来る。






1-500_3603.jpg


いろんな花が咲き始めたり……明るい季節がやってきます♪








ここが何処かというと、




2-500_3666.jpg


今まで何度も記事に出ている『チューリップ四季彩館』
いつも、たくさんのチューリップが咲き乱れております。









4-500_3653.jpg


寒くて暗い冬だったけど、









3-500_3619.jpg


少しずつ、明るく暖かい日が増えてくると嬉しいよね(*^_^*)










5-500_3625.jpg


この施設には、チューリップ以外にも季節によっていろんな花が咲いていたりします。
今回行ったときは、アネモネが咲いていました。






そうそう……私、花を撮るときにいくつか気をつけていることがあるのですが、
その中の一つに『綺麗な状態の花を見つける』というのがあります。

もちろん、枯れた花や傷ついた花、そしてしおれた状態の花などを
意図を持って撮る時は、そういう花を選ぶこともありますが……(^_^;)

でも、ただ綺麗に撮りたいなぁというときは、まず綺麗な状態の花を見つけることが大事だと思っています。







そういう視点で見ると、



6-500_3630.jpg


このアネモネなんて、完璧だわ。
あまりにも綺麗な状態なので『これ造花じゃないよな』……なんてね(笑)










7-500_3624.jpg


真紅のチューリップ、ダークな雰囲気がまた似合います。










8-500_3608_01.jpg


久しぶりにチューリップを撮ったけど、なんだか本当に嬉しいね。
いい季節が来て、いよいよ一年が始まるって気がする。

やっぱり春はスタートの季節だもんね~~(*^_^*)










9-500_3635.jpg


ルン♪ルン♪ルン♪ 楽しそうな雰囲気~~もう笑顔になっちゃうね (´∀`*)










10-500_3656.jpg


少しオレンジがかった色で、オーソドックスな一重咲き。
このチューリップは、ちょっと大人っぽい雰囲気も感じます。










11-500_3617.jpg


周りには、ピンク・白・黄色のチューリップも一緒に咲いてます~ (*´∀`人 ♪










12-500_3659.jpg


あ、窓から日光が……眩しい~~
なんだかもうワクワクしてきたぞ~!ヽ(≧∀≦)ノ












さて、このチューリップ四季彩館ですが、今回の記事の写真は常設展示の場所になります。
別のホールもあるので、そちらの方も行ってみましょう。

次回に続きます m(__)m

2021.02.25     カテゴリ:  お酒 

   今宵のつまみは……





毎日、お酒を飲んでおります。



でも昔に比べて、ホント飲む量が少なくなった。
たくさん飲まない……というか、飲めないって感じ。

まぁ、量が減ったのは体には良いことなんだろうけど、内臓も衰えてきてるんだろうね (´・ω・`)





で、最近は、ビールかチューハイをよく飲んでたんだけど、
久しぶりにバーボンが飲みたくなって買ってきたんです。

そこでふと思ったのが、つまみを何にするか……
ここは大事なところだ、真剣に考えるんだ、俺!(; ・`д・´)

本当は、サラミとかビーフジャーキーが好きなんだけど、塩分高そうだから今回はやめよう (´・_・`) ←人生、守りに入る人(笑)



で、ネットでバーボンに合うツマミとか検索してると、一つ気になったものがありました。
よし、これ買ってこよう~♪ (*^_^*) ←すぐ影響される








じゃ~~ん


1-500_3528.jpg


はい!ドライフルーツで~~す (* ´ ▽ ` *)
今までドライフルーツって、ほとんど食べたこと無い。
ワクワク……凄い楽しみやぁ~

では、見ていきましょう。










2-500_3539.jpg


色違いが3種類ありますね。
白っぽいのと緑と赤、それぞれ……りんごキウイイチゴです。

食べてみよう、パクッ……もぐもぐ……


あぁ、味が濃い!……もっとあっさりしてるのかと思ったけど、想像と違ったわ。
そして結構甘い、これは果物そのものの甘さと言うよりも、砂糖がまぶしてあるみたいなので、その甘さだな。










3-500_3536.jpg


これは、マンゴー洋梨です。
これらも砂糖がついてるみたいだけど、食べてみると、マンゴー自体の甘さも凄く感じます。










4-500_3532.jpg


そして、これは見たまんま(^_^;)……みかんです。

これは砂糖がついてないので、みかんそのものの味だ。
周りの皮の苦み?みたいなのも、そのままだ(笑)








ちょっとアップで見てみよう。




5-500_3533.jpg


実の部分の中に、気泡が入ってる。
この色や形、アートっぽいね。

じゃあ、今晩バーボンと一緒にこれらを食べてみよう。










やがて夜になり……

今回、用意した酒は……これだ!









6-500_3516.jpg

『ワイルドターキー8年』
定番中の定番……もはや説明不要ですね (*^_^*) ←いや説明しろや(笑)

本っっ当にバーボンらしいバーボン。
コクがあって少し甘さも感じながら、『ワイルド』の名にふさわしくスパイシーさも感じさせる。


いろんな種類があります。
・ワイルドターキー8年
・ワイルドターキー スタンダード
・ワイルドターキー 13年
・ワイルドターキー ライ
・ワイルドターキー レアブリード

・ワイルドターキー ケンタッキースピリット
・ワイルドターキー マスターズキープ リバイバル
・ワイルドターキー マスターズキープ コーナーストーン
・ワイルドターキー マスターズキープ ボトルドインボンド
・ワイルドターキー アメリカンハニー

上から5本目までは、酒専門店だと普通に置いてありますが、
他のワイルドターキーは、ほとんど店頭では見かけないと思います。

私も全部飲んだわけでは無いですが、『8年』が一番ワイルドターキーらしいかな。
熟成具合が浅すぎず深すぎず、味も丸くなりすぎず、尖ったワイルドさも忘れていない……
私も大好きなバーボンです。


ちなみに『ワイルドターキー』という名の由来ですが、
1940年に当時の蒸溜所のオーナーであるトーマス・マッカーシー氏が、
貯蔵庫から自慢のバーボンをもって七面鳥のハンティングに出かけ、狩り仲間たちにそのバーボンを振る舞ったんです。
すると凄く好評だったらしく、その仲間の一人が『ワイルドターキー』と名付けた……とのことです。







では、ショットグラスに注ぎましょう。




7-500_3524.jpg


ヒエログリフが描いてある。
古代エジプトの人も、お酒を飲んだんだろうな。

まぁ、バーボンはアメリカのお酒なので、エジプトとは関係ないけどさ(笑)









8-500_3512.jpg


では、ドライフルーツを食べて、バーボンを一口……
……

あぁ、このドライフルーツの甘さとバーボンが合うわ~ (´∀`*)

なるほどなるほど、よくチョコレートとウイスキーが合うっていうけど、
甘いものとの相性がいいんだな。


ドライフルーツに凝ってしまいそうだ(^_^;)
また今度出かけたときに、いろんなのを見てこようかな。










9-500_3486.jpg


静かにお酒を飲む時間が好きだ。

ヒエログリフ柄のグラスで飲みながら、古代エジプトに思いを馳せる。
エジプトと言えばミイラだな……あんな状態で現代まで残ってるって凄いよね。

ん?……そういえば、ドライフルーツも果物のミイラみたいなもんじゃないか。
あはは、お互いミイラ同士だわ……相性がいいに決まってる。



バーボン、ドライフルーツ、ヒエログリフ、この組み合わせって……なかなかいいぞ (*^_^*) ←酔ってんのか(笑)











こんな、くだらないことを考えながら、夜は更けていくのでありました(笑)

2021.02.17     カテゴリ:  生き物 

   癒やされるわぁ (* ´ ▽ ` *)





ふぅ……久しぶりに来たよ。


はい、ここが何処かというと、








1-500_3819.jpg


石川県は能登島にあります『のとじま水族館』です。
今まで何度も来てまして、以前当ブログでも紹介したこともあります。









2-500_3746.jpg


こんな感じのレイアウトになっております。

私が一番好きなのが左にある『ジンベエザメ館 青の世界』なのですが、
今回は、先に『本館』のほうを紹介したいと思います。





通路を歩いて行くと、







3-500_3747.jpg


はい!こんな感じで、通路の一部にプロジェクションマッピングが常時投影されているんです~~(*^_^*)
以前はこんなのは無かったんですが、2018年に大規模なリニューアルが実施されまして、
プロジェクションマッピングが採用されたんです。

とても綺麗です……海の中にいるみたい~(´∀`*)





そして、いろんなシーンに、どんどん変わっていくんですよ♪








4-500_3791.jpg


エイが泳いでいきます (^∀^*)










5-500_3792.jpg


ウミガメも来ました。









6-500_3749.jpg


こ…これは、リュウグウノツカイだ (*゚ェ゚*)
本物も、これぐらいの大きさがあったりするよ。
昔、富山の水族館で実物の標本を見たことあるもんな。









7-500_3751.jpg


イルカも気持ち良さそうに泳いでるよ。









8-500_3752.jpg


おぉ、ジンベエザメ来た―――!(;゜0゜)
周りに小さいお子さんもいたんですが、もう大喜びでした。




……






他の場所には、





9-500_3758.jpg


こんなトンネルもあります。









10-500_3759.jpg


ここにはイルカなどがいるんだけど、泳ぐのが早くて全然上手く撮れないです (>_<)





……







では、そろそろ『ジンベエザメ館 青の世界』に行ってみましょう o(^▽^)o







12-500_3742.jpg


はい、ここにあるのが水量1600トンの日本海側最大級の水槽です。

そして、ここにいるのが2匹のジンベエザメです。
やはり、大きなジンベエザメを飼育するのには、このぐらいの水槽が必要なんでしょうね~~


あれ……炬燵が無い!?
いや、実は例年ここには炬燵が置いてあるんです。





数年前に撮った写真があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

13-700_4935.jpg

ほら、こんな感じで炬燵があるはずなんだけど、
今年はコロナの影響なのかな……炬燵が無かった (´・_・`) ショボーン




……








16-500_3711.jpg


さて、このジンベエザメ館は、この大水槽の周りに螺旋状に通路がありまして、
所々にある窓から水槽の中を見ることが出来ます。

あ、ちょうどジンベエザメが泳いでいきますね(*^_^*)









14-500_3809.jpg


2匹のジンベエザメ、いつも時計と反対回りにゆっくりと泳いでいます。

そうそう、こんなデカい図体してますが、
餌はプランクトンの仲間やサクラエビなんていう小っちゃいものしか食べないらしい……ほんと可愛いヤツだ(^_^;)

確か、体の構造上、喉が細くて大きなものは通らないから……だったような (*´~`*)










15-500_3740.jpg


あっ、エイがいきなり登場~~……相変わらず、いい笑顔してます(笑)










17-500_3704.jpg


この通路の一番上に行くと、この水槽を上から覗いて見ることが出来ます。

ジンベエザメは、深いところから浅いところまで、まんべんなく泳いでくれるので、
ここでしばらく待ってみます。






……








18-500_3814.jpg


あっ、来ました来ました! o(*゚▽゚*)o









ずお~~ん!


19-500_3813.jpg


うお~~目の前をジンベエザメがゆっくりと泳いで行く……ちょっと手を伸ばせば届きそうだ \(゚∀゚≡゚∀゚)/ ←そんなことをしてはいけません(笑)

しかし、この写真……
ジンベエザメの大きさが、ちっとも伝わらんわ(爆) 写真って難しいのよね(・_・;)




……






いやぁ、何回見ても良いわ。
っていうか、このジンベエザメの泳いでる姿は、ずっと見ていても飽きないね、ホント癒やされるわぁ (´∀`*)

もう、連れて帰りたい(笑)







ってなことで……





0-500_3908.jpg


ジンベエザメを連れてきました(笑) ガチャガチャで一回200円 (^_^;)

では、安全運転で帰るとしますか~~ (*^_^*)











ありがとうございました m(_ _)m

2021.02.08     カテゴリ:  食べ物 

   ワクワクする~o(*゚▽゚*)o





ある日、ショッピングセンターに行ったときのこと。

なんとなく、一つのお店が目について……




『あ、懐かしいなぁ~~』ってなことで買ってきました。










1-500_3393.jpg


はい!駄菓子です。
もう、見てるとワクワクするわ(笑)

ね~皆様、こんなのを子供の頃に食べましたよね~~(*^_^*) ←決めつけんな(笑)
昔は、こんなお菓子がごちゃごちゃに並んでる駄菓子屋さん、近所にあったりしましたよね。








よし、じゃあいくつか見ていこうかな。




2-500_3395.jpg

『ベビースターラーメン』
この袋のデザイン、昭和の頃の復刻版です。
いやぁ~懐かしいわぁ……私が子供の頃よく食べてたときは、確か20円じゃなかったかな(笑)
よく、小銭握りしめて駄菓子屋に走ったわ。










3-500_3396.jpg

『青りんご餅』
これね~~ホントよく食べてたんですよ。
なんかクセになっちゃってね、一時期毎日食べてたかも(笑)









4-500_3401.jpg


ちゃんと爪楊枝が付いてるんですよね。
漫画を読みながら、一個一個こうして刺して食べるのが好きだった。










5-500_3417.jpg

『モロッコヨーグル』
これ、モロッコヨーグルって名前だったんだな、今になって初めて知ったわ(笑)
名前なんて気にしたこと無かったもんだから(^_^;)


じゃあ食べてみるか、蓋を開けてと……








あっ!



6-500_3422.jpg


『あたり』だ!!!o(*゚▽゚*)o
やった~~…………って、いい歳こいたおっさんが、これを握りしめて嬉しそうに駄菓子屋に駆け込めるかっ(笑)

あはは……でも『あたり』ってなんか嬉しいもんだよね。
これで今年の運を使い果たしたわ(・_・;)










7-500_3427.jpg


これ、ちょっと酸味があるんですよね、実は子供の頃、そんなに好きじゃなかったんですよ。
でも大人になった今、食べてみると美味しく感じるかも。

では食べてみよう。
パクッ…………う~ん、昔のままの味だ(笑)










8-500_3411.jpg

『ココアシガレット』
紺色の箱に金色の文字……当時販売してた『ピース』というタバコのパッケージをイメージしてデザインしてありますね。











9-500_3414.jpg


中身はこんな感じ、味はココア風味の甘さの中に、スーッとしたハッカの香りも感じます。

この形と味……小さい子が口にくわえると、
子供心にちょっぴり大人を感じるのではないでしょうか(^_^)










10-500_3431.jpg

『花串カステラ』
この砂糖の甘さに癒やされますぅ (*´▽`*)










11-500_3434.jpg


そうそう、なぜ『花串カステラ』って名前かというと……分かりにくいですが、よく見てください。
丸いカステラ部分、花の形が浮き上がっているのが分かりますか?

普通じっくり見ることもなく、すぐ食べちゃますもん……なかなか気付かないですよね(^_^;)










12-500_3445.jpg

『クッピーラムネ』
出ました! 駄菓子の中の駄菓子、ド定番ですね。
私、鼻垂らしてた頃から食べてたわ(笑)

袋のデザインも変わらないですね~~
ウサギとリスのキャラクター、この配色というか色使い……子供心に、とても印象に残りました。










13-500_3454.jpg


白・ピンク・オレンジ……微妙に味が違う3種類が入っています。
優しい甘さと酸味、そしてほどよい口どけ感。
口の中で、シュワッっと溶けていきます。






……















14-500_3460.jpg


いやぁ~~懐かしかったわ。
これらの駄菓子を食べると、小さかった頃を思い出すよ。

少ない小遣いで、どれを買っていくら使うか考えなきゃならない(; ・`д・´)←真剣(笑)
今にして思えば、お金の使い方の勉強になってたのかな……

駄菓子屋さんに入ると、独特の世界観みたいなものがあって、
近所の子供たちが集まってきたりして、ちょっとした社交場みたくなってたりね。


昔は、現在みたいにいろいろ変わったお菓子は無かったけど、
駄菓子には、今と違ってなにかワクワク感がありましたよね~(*^_^*)










ありがとうございました。

2021.01.30     カテゴリ:  WILD BOOKERS的こころ 

   思考・行動……そして人生






皆様、こんにちは。




今回の記事、こちらの曲を聴きながらゆっくりとスクロールして見ていただければ嬉しいです。 (写真は全部で11枚)
        ↓↓↓↓↓
    Ryuichi Sakamoto - Amore [ Playing The Orchestra 2013 ]←クリックしてから記事へ m(__)m







……



















B700_8196.jpg


仮に今が苦しかったとしても、そのうちいつか終わる。
心の痛みも永遠には続かない。

人の精神は上手く出来ていて……その上結構タフだ。










C-DSC_9954.jpg


迷ったら一度立ち止まって、落ち着いて冷静に判断しよう。
どれだけ良いことを続けてきても、たった一つの間違えた行動で何もかもが台無しになる。

そしてそれはどれだけ後悔しても、取り返しがつかない。









J-301_9811.jpg


人を妬んだり悪口を言ったりしない。
そんなことをしても、自分の精神衛生上少し良いだけ、ただそれだけのこと。

そんなことを考えてること自体無駄だ……もっと他のことに自分の思考力や時間を使うべきだ。










K-701_0242.jpg


ちょっと、人のために行動してみませんか。
人生、良いことも悪いことも巡り巡っている。










D-302_1289.jpg


人との出会いを大切に……これはかけがえのないものなんです。

誰もが人と関わり合って生きている。
今までの人生、いろんな人に支えられ、そして助けてもらってきたはず。

感謝の心を持とう。










H-700_0361.jpg


人のミスばかり責めてはいけない。

自分の行動次第で、その人にミスさせないことも出来たかもしれない。
または、そのミスをフォロー出来るだけの力が自分にあればいいのだ。










A301_6672.jpg

物事を成し遂げるには努力が必要だ。
でも、努力の内容や方向を間違えてはいけない。










毎日アスファルトに水を撒いても花は咲かない。













G-701_2139.jpg


相手に何か伝えたいことがあれば、まず結論から言うべきだ。
そして説明は極力短く。
長い話は論点がずれるし、そもそも人は長い話を聞いてはくれない。










E-DSC_6436 - コピー


相手の態度に納得がいかないことがよくある場合、自分を客観的に見てみよう。
自らの態度……口調や表情などが、相手をそうさせているのかもしれない。










I-301_2383.jpg


誰もが命は一つ……金持ちだろうが貧乏だろうが関係ない、人間みな平等だ。
そして人生はあっという間に過ぎていってしまう。
時間は限られている、砂時計の砂が常に落ちていく感覚……
限られた時間を有効に使わないのは、本当にもったいない。










F-301_1946.jpg


困難にぶつかることが必ずある。
そんな時、心がざわめきだったりすることもあるだろう。

でも、どんな荒波でも所詮、水だ。
そのうち穏やかな水面(みなも)になる。

落ち着いてゆっくり深呼吸……心をフラットにしよう。










良いことがあれば悪いことも必ずある。
でも、どんなことが起きても、考え方次第で自分を成長させることにつなげることが出来るはず。

しかし、とかく人間は困難なことから目を逸らし、簡単にあきらめる自分を肯定してしまいがちだ。


自問自答してみよう。
はたして自分は全力を出しているのか……









否、まだまだもっと出来るはずだ。











ありがとうございました。


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。