2014.09.08     カテゴリ:  花と雫 

   どの色が好きですか?



ここに一枚の写真があります。



今回使うのは、この写真一枚だけです。

色温度などを調整し、いろんな色にしてみました。



それではスタートです。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




一枚の葉から雫が……


1_719.jpg


綺麗な雫が今にも……落ちそう……




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






暗くしてみましょう




2_720.jpg


静まりかえっているようです。




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






それでは青く……




3_721.jpg


クールな感じ?




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






では赤く……




4_722.jpg


燃えるような思いを胸に秘めて……

情念?


ちょっと怖い……




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






では、緑はどうでしょう。




5_723.jpg


あぁ、緑も良いですね。




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






じゃあ、黄色っぽく……




6_724.jpg


夕暮れですね……

おうちに帰りましょう。




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






今度は紫で……




7_725.jpg


大人っぽい感じ……

雫……涙?……




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






いっそのこと、モノクロはどうでしょう。




8_726.jpg


過ぎた過去を

思い出し……


いろんな想いが湧いてくるような……






‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡






最後にお遊びで……








9_727.jpg


逆さまにしてみました。

葉の先にちょこんと雫が乗っています(^_^;)


可愛いですね♪





お仕事でお疲れのところ……

最後までお付き合い頂きありがとうございました。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ステキですね~。どれも雰囲気があって惹かれます~。
意外に、紫もアリ(*'▽') と。。。感じましたね~。
逆さまも可愛い。(●´ω`●)
雫のように、小さい中に映り込んでいるものを
じ~っと、覗きたくなるのは何でなんですかね?
勝手に、違う特別な世界に思えます。
面白い~~
同じ写真で色でこんな効果があるのですね?

写真ってついつい明るくしてしまうので
最近。暗いのにとても魅かれています。

朝が開けて誰もまだ起きていない
私だけの世界で、見つけた雫。
って、ドラマがありますね。(*❛ ◡ ❛*)

1枚でほんとそれぞれ色に合うシーンが
浮かびますものね。

モノクロを見ながら
過ぎた過去を少し思い出してみます・・・・(;^-^)
暗いグリーンも素敵ですね。雫に映ってる世界が気になります。
但し色に依ってその惹き付ける度合いが違いますね。
赤と紫などはその背景の色が描き出す世界を表現してるようにも思えますが…
この水滴は数秒後には落ちたのでしょうか
触れたらあっという間に消えてしまう
儚い一瞬にも見えて…
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさん

滴の中に周りの景観が写りこんでいます
この一滴を探されるために 雨あがり
どれだけ ぬかるみをあるかれたことでしょうね
この一枚の写真の影に どれほど多くの同じ滴
撮影したお写真があることでしょうね
一枚の葉から今にもこぼれそうな滴を探すことは
容易いことではありません
それを想う時
私には 選択することは出来ません
おはようございます。
私は1枚目が好きですね。
スポンジボブさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

おぉ~紫ですか~、神秘的で大人の雰囲気です~。
逆さまの雫は、やけに可愛く見えたんで最後の一枚にこの写真を選びました。

いろいろな雫の写真がありましたけど、確かに覗き込んでしまいます。
何が写っているんだろうって……
丸くて透明な世界……撮ってみると面白いです。
桃咲マルクさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当は、ちょっと色を変えて1枚付け足そうかと思ったのですが、やっている内にだんだん増えてきて、選べなくなりました。
じゃあどうせなら全部行け―って感じです(笑)

色の印象は、それぞれ全然違いますよね~。
視覚効果もいろいろです。

写真を暗くすると、なんかドラマチックになるような気がします。
感傷的なイメージもありますね~。
過ぎた日々が心に沁みてきそうです(笑)
carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

暗いグリーン……グリーン系は癒しの雰囲気ですが、このグリーンは、深~い落ち着きを感じさせるような気がします。

赤と紫の背景は、心の奥底の思いを表しているようにも感じるでしょうか……

この水滴は、今にも落ちそうでしたが、最後まで落ちませんでした。
撮影するあいだ、待っていてくれたようです(笑)
なるべく空気の動きや振動を与えないようにして退散しました(笑)
りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうなんです~。これだけ存在感のある雫はなかなか無かったんです。
葉っぱのボリューム感がなるべく無くて、雫の存在感があるものを探しました。
見つけた時は、よくこの細い葉にこれだけの雫が付いていてくれたと感謝しました(笑)

しかし見つけてからは、手ブレとピンボケのオンパレードです(笑)。
ちょっと体が前後に動くだけで、ピンが外れます。
この様な被写体は、いつも苦労しています(苦笑)
さゆうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

1枚目ですか~、自然の色そのものの写真ですね。
普段、目にしているものの中にも魅力的な被写体はあるものだなぁと思いながら撮りました。

透明で綺麗な雫……今にも落ちそうな……この儚さが気に入りました(笑)
作画意図を持たねばなりませんねと思わせる記事ですね!

こちら、平凡な人間なので一枚目の自然なのが
一番ですね~~~(*^_^*)

WILD BOOKERSさん こんばんは♪
同じ写真でこれだけ楽しめるというのは
RAW現像されてるということですか??
これだけ表現の幅が広がるってすごいことですね!

雫の世界にジャスピンです!
私、ここまでピントがあったことがありません^^;
マクロの世界に引き込まれそうな素敵なお写真です♪
ちょーみんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

おぉ~1枚目ですね~。撮って、ほとんどそのままです~。
他のは、極端に色が変わっているので違和感があるかもしれないですね。

自然のままが一番落ちつくのかもしれませんね~。
yusaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私はいつも『jpeg+RAW』の同時記録で撮影していますよ~。
ですので、家でパソコンにデータを写すと、2枚ずつ表示されます(jpegが1枚とRAWが1枚ずつ)

jpegは、すぐどこへ持っていっても見れますし、画像を調整し仕上げたいときは必ずRAWから行います。
jpegをいじって、またjpeg保存をすると画質が劣化します。
試しに何度も繰り返して、やってみたら、ざらざらの画になりました(笑)
RAWから調整して、jpeg保存すると劣化は無いように感じます。
なので、このブログに載せている写真は、すべてRAWから仕上げた写真です。

今回の写真は、何枚も撮っています。
手ブレもありますが、体がほんの少し動いただけでピントがずれるので、結構苦労しました(笑)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
どの色もみな個性があって素敵です。
敢えて選ぶなら、本来好きな青でしょうか。

ただし衝撃を受けたのは、最後のお写真でした。
雫に映る景色は天地逆さまの小宇宙です。
画像を逆さにすることで、雫の中の景色は現実と
なり、一瞬夢から覚めた思いでした。
突拍子もない思いつきには、感嘆しました。

私は今だjpegなので勉強させて頂きました。
こんにちは🎵
私は黄色が一番。次に紫が好きです( *´艸`)
同じ写真でも色が違うだけで印象が随分変わりますね。
いつも素敵な写真ばかりで、毎回訪問が楽しみです(^^♪
コウコさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

青、私も好きです~。被写体が水だと青って似合う気がします。
見ていると冷静になって落ち着いてきますね~。

写真を仕上げているときに、ふと思いつきました。
雫の中は逆さまの世界……じゃあいっそのこと写真を逆さまにして見よう……と。
今にも落ちそうな雫が、まあるい透明の球になって葉の先に乗っかった写真になりました。
落ちていく物やぶら下がった物は、方向を変えて見てみると面白いかもしれません。

RAWといっても別に構える必要もないですし、jpegと同じ扱いをすればいいですよ。
そして最高画質という設定(ViewNX2の場合)でjpegに変換して保存しています。
55スマイルさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

黄色の写真を見ると、夕暮れを感じました。
今日一日、どんな日だっただろう……なんて感じで……
感傷的な雰囲気も感じました。

色の違いによって、受けるイメージは全然違いますよね。
普段、目に入るところの色の違いでも、気分が左右されているかもしれませんね。
あ……いつもコメントいただいてばかりで、本当にすみません……orz




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。