2014.09.06     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   たまには神社へ……



富山県には、『雄山神社』という神社があります。

三ヵ所あるのですが、その三社をもって『雄山神社』となります。



『雄山神社 峯本社』 立山連峰の主峰・雄山の山頂にあります。

『雄山神社 中宮祈願殿』 富山県中新川郡立山町芦峅寺

『雄山神社 前立社壇』 富山県中新川郡立山町岩峅寺



この中の、『雄山神社 中宮祈願殿』(おやまじんじゃ ちゅうぐうきがんでん)に
行った時の写真を少し……



1-301_7876_421.jpg


静かです……誰もいません。

こういう所に来ると、気持ちが落ち着くような気がします。

年をとっただけかも



……



祈願殿(拝殿)に来ました。


2-301_7917_423.jpg


お賽銭を入れて、参拝しましょう。


鈴から下がっている縄を持って揺らします。

あ……思ったよりも大きな鈴の音が……(汗)←―別に焦る必要はないんだけど……




……




おみくじが縛ってあります。


3-301_7912_426.jpg


とりあえず広角レンズで撮りました。



……




では、中望遠で撮ると……


4-301_7914_424.jpg


こんな感じ……絞り開放です(F2.8)

もう少し絞ったほうがいいかも……


レンズの焦点距離によって、全然違う写真になりますね。
(色とコントラストを変えてありますが……そういう意味ではなく……汗)




……




あ……絵馬がありました。


5-301_7919_425.jpg


いろんな願い事が書いてあります。



人それぞれの

人生があって……



そして……



いろんな願いがある……




私の願いは、( ___________ )です。

※( _____ )の中には、お好きな言葉を入れてください m(__)m




ありがとうございました。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
神社でこんなに興味もってみたの
初めてかもです!

やはりお写真の腕がいいから~
広角レンズだとまた違ってきますね。
私は全く使えないですが、夫はカメラフェチなんで。
パンフレットを行くたびにもらい、どこか行くときは
リュックのような大きなカバンにカメラセットが!!

WILD BOOKERSさんの文章も面白いから
ついつい最後まで一気に読んでしまいます~~

願のい線は?はて?さて?なんて入れようかな。
え・・と足りません~~~(笑)
3枚目のおみくじの白っぽくした画像が好きかな。
絵馬もいいですね。緑の中に赤がいいアクセントになっていいですね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさん

神社撮影は何回かしていますが・・
今回のお写真を拝見して到底かなわないと思いました
それはおせいじでもなく謙遜でもありません

二枚目のお写真 圧巻です
拝殿の注連縄に着眼点を置かれています
注連縄は神社において大事な意味があります
その注連縄を大胆に切り取っています

私も絵馬とおみくじは必ず撮影しますが・・・
難しいです

おみくじの暈け感をどうしたら綺麗に出来るか
いつも苦慮します
四枚目のお写真
私が理想としている美しい暈け味が表現されています
非常に被写界深度の浅いお写真ですが・・・
最上段のおみくじの一枚に確かにフォーカス・・・
それも結び方に個性がある
おみくじにフォーカスされています
感嘆しました

三枚目の広角での撮影も良いと思います
背後の森林の玉暈けも綺麗です
地面も同じくです

WILD BOOKERSさんのお写真の個性
撮影が丁寧なこと・・・・
よく考慮されていること・・・
おみくじ写真において一際顕著です
桃咲マルクさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

広角レンズはたくさんの情報が画面に入るので、どう撮ればいいか迷ったりします。
なので、いつも長めのレンズをよく使います(笑)

しかし、旦那様のお話……私の事かと思いました(笑)
大きなカバン、私も使っています。
レンズなんて、どれもこれも持って行きたくなるんですよね~。

私も、願い事がありすぎてあのスペースでは到底入りません(笑)
carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

神社に行くと、おみくじを何枚も撮っちゃいます。
レンズを変えたり、撮る角度を変えたり……

赤色、綺麗ですよね。
言われてみると、神社の敷地内に鮮やかな赤色は、あそこだけだったかと思います。
なおさら目立つのかもしれませんね。
りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

注連縄の色に重厚感を感じたというか、存在感が凄くありました。
周りの木部との対比もあったせいか、目立っていました。

おみくじは、絞りを変えて何枚も撮ります(いつも同じ事言っていますが……汗)
今回は、言われる通りで、飛び出た一枚にピンを置いて撮影しました。
何が特徴のある物に、ピントを合わせたほうがいいかな……なんて思いながら……
どれをアップしようが迷ったのですが、一番ピントの浅いものを今回は選びました。

アップの写真ばかりだと、周りの状況がわからないので、広角でもおみくじを撮っておきました。確かこの写真も、かなり絞りを開けてあるはずです。
もっと周りが写っている写真も、あるので近いうちに記事にしたいと思っています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
境内は苔むして、まさに深山幽谷です。
拝殿の、存在感のある注連縄に垂れている真っ白な
「しで」にはハッとしました。
日本三霊山の文字が見えますが、山岳信仰の山伏たち
の姿が、音もなく浮かんできました。

おみくじや絵馬がたくさん掛かり、人々の心の拠り所
なのですね。おみくじの撮り方で、心象まで表現でき
る感じです。私は神社でカメラを向けるものの、何時
も悩んでしまいます。

人影がありませんが、それだけに森閑とした聖域の
雰囲気が伝わってきました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コウコさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ここに小一時間ほどいたでしょうか、その間に来た人は、ほんの数人でした。
表を走る車の騒音もそれほどでもなく、周りの木々が音を吸収するのか、本当に静かなんです。

自分の息遣いが聞こえてくるようでした。
カメラのシャッター音だけが響きます……

ここは、神聖というか……自分自身を見つめることが出来そうというか……
不思議な感覚を覚える空間でした。
この雰囲気を感じていただけて嬉しいです。

おみくじや絵馬、そして狛犬なんていつも撮ってしまいます。
狛犬や他の景色は、そのうち記事でアップしたいと思っています。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。