2014.08.05     カテゴリ:  向日葵 

   向日葵 ~曇りの日にはモノクロで~


向日葵が咲いている。



本当は青い空が似合うんだけど……




生憎の曇り空だ。


301_7366_687.jpg


みんなこちらを向いている。


ちょっと怖い……




……




眩しいくらいの日差しが似合う花だけど……


301_7363_686.jpg


こんな一面もあっていい……




……







近づいてみる……


301_7358_685.jpg


一点を集中して見つめているかのようだ。


強い想いを持って……




……





静かだ……


301_7396_689.jpg


暗い中でも、強烈な存在感。




……





あ…… 光が差してきた……


301_7389_688.jpg


やっぱり、眩しい日差しが向日葵にはよく似合う……



……





あぁ…花びらが……


301_7399_690.jpg


美しい……



純粋で……

一途な…この想い……








花って本当にいいものですね。

いろんな花が……いろんな想いを届けてくれます。







ありがとうございました。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こんばんは。

一枚目、悪い夢みたいでゾっとしますね(*_*)
2枚目からのモノクロひまわりの美しさにビックリしました。

僕はあまり花の写真に興味はないんですが、WILD BOOKERSの撮る花は、いつも独創的で素敵だな、と思います。

このひまわり達、ほんとカッコいいですね。
WILD BOOKERSさん こんばんは。
ひまわり、とっても素敵に撮られてますね!
モノクロなのに躍動感を感じます。

私も最近は毎日のようにひまわりをupしてますが
う~ん、う~ん…。笑
お勉強させてください^^
WILD BOOKERSさん

夏を象徴するかのような花
鮮やかな黄色は いかにも元気色でもあります
晴天の日の青 その青に黄色は似合います
でも 向日葵も憂鬱な時もあるでしょう
「 貴女には笑顔が似合う 元気が似合う 」
そればかり 求められたら 辛いと思います
「こんな一面もあっていい……」
向日葵は 心が安らいだことでしょう
「 貴女は貴女のままでいい 無理しないでいいよ
笑顔ばかりでなくともいいんだよ」
その思いやりはどれほど彼女を癒したことでしょう
だからこそ・・・
「やっぱり、眩しい日差しが向日葵にはよく似合う」
皆さんが 想う彼女のイメージを保つことが
出来たのでしょう
私は 花は心を持っていると信じています
「いろんな花が……いろんな想いを届けてくれます」
私たちも 花へ想いを届けてあげたいです
それを 「今回のお写真と記事が叶えてくれた」
心癒される思いです

WILD BOOKERSさん
おはようございます。
この存在感は今日の日にもピッタリです。
これからも楽しませてください。
choconigroさん、こんにちは。

せっかく撮りに行ったのに、曇っていたもんですから、じゃあいっそのこと、この雰囲気を強調してやれ~と思いまして、それが一枚目になりました(笑)

あとは、ふ~む……モノクロも案外いけるんじゃないかと思い……。
天気が良いともっと白く飛んでしまうような気がします。
モノクロの花写真、他の花でも試したいと思います。
コメントありがとうございました。
yusaさん、こんにちは。

なんでもいろいろ試すと面白いかなぁ、なんて感じで撮っています。
今回は、曇り空でなければ普通にカラーで仕上げたと思います。
モノクロも試してみるといい感じでした(笑)
(次回、そのカラー写真で記事書きます)
絞りやピント位置、構図などを変えて何枚も撮って、後からその中で良いと思えるものを選んでいます。
私もいつも試行錯誤の連続なのです……(苦笑)

yusaさんのブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。
ひまわりの花びらの隙間から、太陽がのぞいている写真なんて凄く素敵です~。

あと、猫ちゃん可愛い……
うちの『ニャンコ先生』とはえらい違いです(笑)
コメントありがとうございました。
りらさん、こんにちは。

そうなんですよね……、向日葵って明るく元気で健康的なイメージなので、向日葵も頑張って咲いてるなぁと、いつも思っていました。
でも、曇り空のせいか別の一面もあっていいのでは……と思った次第です。
モノクロの向日葵……自分でも気に入っています(笑)

※ニャンコ先生で、皆様に癒し(脱力感?笑)をお届けしたいですが、遅いペースで申し訳なく思っています。
まぁ、たまに出てくるのがいいのかもしれないですけど……(笑)

銀座は、クランプラーのお店とニコンのショールームに行ったことがあります。
ファインダーとローパスの掃除をしてもらいました(笑)
しかし、近くにニコンのサービスセンターがある環境……
うらやましいです(カメラに何かあっても心強い……笑)
コメントありがとうございました。
ヴェルソさん、こんにちは。

今回は、曇り空のおかげ(?)もあって、モノクロで仕上げてみたのですが、思ったよりいい感じだったので、記事にしてみました。

私の写真を見て、何かを感じてくれたら本当に嬉しいです。
そして、コメントを書いていただける……
ブログを始めてよかったなぁとしみじみ思います(笑)

これからも、いい写真をお見せできるように頑張ります
コメントありがとうございました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは^^
地面いっぱいに向日葵がたくさん~♪
モノクロの効果なのか1枚目など人間がわんさか
集まってガヤガヤしてるようにも見えますね^-^

人間の顔同様にこれだけ沢山の向日葵よく見ると
同じ顔つきや大きさのものは1つとしてない感じ^^y

花の1本1輪ごとにも個性もあるって考えると
この世界って無限に広がりある感覚になって
自分も生きてる実感を強く持てる気がします^o^
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コマソンさん、こんばんは。

向日葵畑は、数もたくさん咲いていますし、ほとんどみんな同じ方向を向いています。
確かに大きさや、開き具合も少しずつ違いますし、それぞれの意思を持った集団がこちらを向いて何かを訴えるような迫力を感じます。
『花の1本1輪ごとにも個性もある……』
花もそれぞれ、人間もそれぞれですよね……
よし、また明日からまた頑張っていきたいと思います(笑)

コメントありがとうございました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
1枚目のお写真
広大なひまわり畑を見ると、戦争の悲劇を描いた
イタリア映画の「ひまわり」を、哀愁を誘うテーマ曲
と共に想い出します。
かつて戦場だったひまわり畑・・・
モノクロはより心象に迫りますね。怖い感覚は、国が
一方向に傾いていくような今の状況にも重なり、軍靴
の足音まで聞こえてくるようです。

2枚目の片隅の1輪のアップにようやく緊張が解け、
ホッとしました。
3枚目に至ると概念が全て払拭され、純粋なひまわり
がありました。
4枚目は小粒のダイヤをちりばめた輝きで、息を飲む
美しさです。
5枚目に光が射し、無垢なひまわりの原点を見た思い
です。

純粋な目と心で見て下さい、とひまわりが言いたげ
です。生きとし生けるもの、全てに通じますね。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コウコさん、こんばんは。

撮り始めた時、雲が厚く暗い雰囲気でした。
こちらを向いている大量の向日葵たちを見ていると、
この状況を生かして(強調して)撮ろうと思いました。
見た人を不安にさせるような仕上がりになっています。
少し暗めにしてコントラストを上げました。

その後は、明るくなってきたのでいつもの感覚で撮り始めました。
今回、モノクロで明るめに仕上げましたが、花びらの透明感がいい感じになったような気がします。

撮影時、ファインダーを覗くと純粋な気持ちで、花と向き合える気がします。
向日葵はそんな気にさせやすい花かもしれないですね。

コメントありがとうございました。

あまりに素晴らしくて息を呑みました。
どう言い表そうかと時折考えながら過ごしてました。
現代美術のよう
銅版画のようにも見えます。
ひまわりからこんなにも強烈なメッセージを感じたのは
映画「ひまわり」以来です。
人間の限りない欲望、おぞましい人間たちを告発してるような… 
2枚目までそういう印象です。
アップのひまわりも大胆で繊細で
最後の花びらは透き通るようなやさしさが…
適確ではないかもしれません。
今書ける言葉はこれだけなのも自分では不満ですが…。
carmencさん、こんにちは。

一枚目、モノクロで暗め……同じ顔をしたものが同じ方向を向いている。
何か無言の……そして強烈なメッセージを訴えているような感じがあるかもしれません。
(私はそんなイメージでした)
向日葵はたくさん集まると、一輪で見るのとは大分イメージが違います。
今回は曇り空という状況もあって、こんなふうに仕上げました。

不穏な空気の写真から三~五枚目のアップの写真、これらは見ていて力が入るというか、疲れてくる写真かと思いました(笑)
なので最後の写真は、力を抜いて優しい雰囲気を見ていただこうかと思って選んだ次第です。
この辺りの流れを感じていただけたようで嬉しく思います。
コメントありがとうございました。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。