2014.07.24     カテゴリ:  富山の風景 

   鉄塔と夕暮れ


日が暮れてきた。



晴れた日もあれば、雨が降る日もある。




凄く綺麗な夕暮れもあれば、

不穏な夕暮れもある……



301_7091_335.jpg



なんとまぁ…… 人を不安にさせるような空……

まぁ、たまにはこんな日もあるか……



……




夕日に染まる鉄塔。

301_7096_329.jpg

ねこじゃらし (エノコログサ)だ。

昔から身近な植物……
いつもどこかその辺に生えている。




……




ちょっと望遠で……

301_7287_330.jpg


沈みゆく太陽が静かに燃えています……

ん?

よく見ると、電線に引っ掛かった太陽がコロコロと転がっていきそうに見える……


ホワイトバランスを変えて青くすると違和感があるかと思いますが、
こういうのもたまには面白いです。



……



最後は広角で夕日を……

301_7289_334.jpg



鉄塔を撮るのが好きになってきました。


晴れた日(澄んだ青空)の夕暮れのほうが、
オレンジから青へ綺麗なグラデーションになるような気がします。

(この日はちょっと曇り……)






いつも見に来ていただきありがとうございます。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
素敵な夕陽写真いいですねえ^^

1枚目の空の光景の不気味さ!同時にこんなのは
意外になかなかないし、貴重かも?^^
何故だか映画「風とともに去りぬ」の背景シーン
を思い起こさせられましたw^^;
(直接似てるわけではないんですけども)

鉄塔はこういう夕陽との相性の良い?被写体で
あることも今回認識させられた気がします^^
WILD BOOKERSさん

空は永遠に人にとって憧れでしょう
空模様によって心癒される時もあれば
心に不安要素をもたらすことも多々あります
今回のお写真 撮影意図が明確であり
それが 魅力の一因でもあるかと思います
夕陽と鉄塔を主題とされています
その捉え方が お写真 全て異なっていて
興味を見る者に抱かせることに成功されています
一際私は二枚目のお写真に惹かれます
鉄塔の背景暈けですが 幾何学模様の美を呈して
いることのみにとどまらず命あるものかのように
表現されています
この箇所はご自分でも拘りをもって
撮影に及ばれたのではないでしょうか

最後のお写真
一日の最後を象徴するかのような
構図の中 出来うる限り 下方に捉えた
夕日の輝き
広く設けた空の色彩の変化
レンズを交換されての撮影は憂愁の美
それを表現することに適宜な選択でしたね
いつもいいお写真ですね!(^・^)

たまには海で・・・のモノクロ写真、とってもいいです。
私もモノクロで撮ってみたいなと思いましたね・・・でも、私のカメラで撮れるかな・・・(?_?)
コマソンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

なんだかモワモワとした雲が、光の具合と相まって少し不気味に見えました(笑)
気持ちのいい夕暮ればかりではなく、こんな写真もたまにはいいかなって感じです。

「風と共に去りぬ」は見たことが無いです~。
でも、昔の映画ってなんか味わいというか……、今どきの映画には
無いものがあるような気がします。

夕日を撮っていると、何かを絡めて撮りたくなってきました。
いろんな物をフレームに入れて低い位置からも撮れるのですが、
空を見上げると鉄塔……、あ……これだ!って感じで撮りました(笑)
りらさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

同じイメージが続かないように、なるべく違う撮り方をしました。
雲や夕日はその時によって、良くも悪くもいろんな表情を見せますね。
それをさらに撮り手が撮りたいように撮る。なかなか面白いです。

二枚目は、ここから鉄塔を撮ろう……、う~ん、これだけじゃちょっと……
と思ったところに、あのねこじゃらしが……
ここだ!と決めて、低い位置から見上げて撮りました。
自分でもいい雰囲気だなぁって思っています(汗)

最後の写真……、締めくくりは、やっぱりこんな構図かな、と思い撮りました。

※明るい単焦点は撮っていて気持ちがいいですね。
それに慣れるとズームレンズは逆に撮りにくかったりします。
でも、観光なんかに行くとズームレンズの便利さを思い知らされます(笑)
danbo 1goさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

デジタルカメラなら撮れますよ~。
モノクロにして、明るさやコントラストを少し調整してあります。

フィルムの一発勝負と違い、デジタルは後調整ができるので、
いろんな表現ができます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさん、こんばんは☆
くぅ〜〜〜っ…!最高です!!
色も濃さも とっても好みです。
WILDさんとは撮りたいものが
似ているような気がします♪
ただ、残念ながら 私はなかなか身に付かないのですが。。笑
コロコロ転がる太陽のお写真、
とても幻想的ですね。。。^ ^
最後のお写真にもかなりグッときてます!
mae。さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

そうですね~、私とmae。さんの写真の好みが、
似ているのだと思います。

そして、mae。さんが撮られる写真を拝見しても、
共感できるものが多くあります。

ホワイトバランスを変えて青くした写真は、
実際にはあり得ない色なので、不思議な感じがあります。
今までに撮った写真を同じように調整したら
使える写真になるものがあるかもしれません(笑)
写真の魅力が詰まった作品の数々に感動致しました。
風景を写生することしか念頭にない初心者の私ですが
このお写真は描写ですね。しかも心象を連想させます。

夕日の表情は様々で、不隠な夕暮れには「ムンクの
叫び」が脳裡をかすめました。

エノコログサ(狗尾草)は金狗尾草とも云いますが
まさに金色に輝いていますね。

中でも、ホワイトバランスを変えて青くしたお写真
が好きです。
コウコさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

夕暮れは、雲や太陽がその日によって違い、いろいろな景色を見せてくれます。
青やオレンジの色が本当に綺麗な時もありますが、そうでないときもあり……、そんな時は後から少し明るさやコントラストを調整して好みの感じに仕上げます。
以前はあまりホワイトバランスを変えなかったんですが、ブログを始めてからは結構変えたりするようになりました。
(撮った後でパソコンにて調整です)

エノコログサという名前は、恥ずかしながら今回初めて知りました(ネットで調べました)。
漢字ではそのように書くのですね。ブログを始めてから、本当に勉強になることが多いです。
またいろいろ教えていただけると嬉しいです。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。