2014.07.12     カテゴリ:   

   こんな花……咲いてた



ある日、見つけた花です。




初めて見ました(私だけかな?)

1-301_6620_301.jpg

細かいです。

一つ一つが花でしょうか……

(しかしこの写真……意図せぬ前ボケが……orz)





少し開き始めました。

2-301_6600_298.jpg
(今回の写真は、少しぶれているのを御容赦ください……風が……汗)





白くて小さい花が……


頑張って、今咲こうとしています。


3-301_6601_299.jpg






あぁ……全部咲きました。

4-301_6599_297.jpg

形からして紫陽花の一種なのでしょうか……

とてもかわいい花です。





……



少し引いた位置から全体を……

5-301_6598_296.jpg


とてもいい雰囲気です。


……


じゃあこれで帰ろうかな。





と思ったとき……




あっ!







テントウムシ見つけた。


6-301_6604_300.jpg

結構揺れているのですが、しっかり掴まっています。

まわりを囲まれて、居心地がよさそうですね。









ありがとうございました。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホワイトレースフラワーだと思います。
カワイイ花ですよね。
お店で見た事がありますが、
こんなに沢山咲いているなんて!
いい雰囲気の花ですね♪
此方も初めて見ましたって言っても花は余り知らないのですがね(笑)

これって撮影してるときに開いてきたのですか?
それとも、めっちゃ長い時間かけての撮影?(^_^.)

WILD BOOKERSさん

一つの茎に咲く花
それが開花していく様子を丹念に撮影されています
まるで少年が夏休みの宿題の
植物観察をしているかのようです
大人になるということは・・・・
いつのまにか 
そんな観察眼が失われていくことでもあります
それを今も損なってはいない WILD BOOKERSさんに
テントウムシの発見は 自然からのプレゼントでしょう
やはり 写真はその人の人柄が表れるのだと・・・
改めて思いました
長い時間をかけて見つめていた 花の開花

その瞳の輝き 私の瞳で見たかったです
このコメントは管理人のみ閲覧できます
carmencさん、こんばんは。

すぐそばに紫陽花がたくさん咲いていたので、最初は紫陽花の仲間かな~って思いました。
それでネットで見てみたのですがどうも違う……。
そこへcarmencさんからのコメントが。
ホワイトレースフラワーで間違いないです。これでスッキリしました。

また、わからない花があった時、教えていただけたら嬉しいです(笑)
ありがとうございました。
ちょーみんさん、こんばんは。

その場で全て撮ったわけではないですが、何回か撮りに行きました。
花の名前は、carmencさんのご指摘があり、ホワイトレースフラワーと判明しました。
私も花はよく撮るのですが、名前はあまり知らずに撮っています(汗)
りらさん、こんばんは。

綺麗というか、可愛い花だなぁと思い、何回かにわけて撮りに行きました。
咲いていく過程を見るのも、楽しいものです。

花が咲き、やがては散っていきます。
その過程を追うと、花の一生の儚さを感じます。
その花を写真に撮るとき、どう撮ってあげたら良いのか考えることもあります。
そのあたりの記事を書いてみたいと思っています。
はじめまして。
かわいいお花ですね。ほんと、レースのように見えます!
こうやって群生しているのは、いいものですね。
niyuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ホワイトレースフラワー(名前は教えていただきました)という名前がこの花に、本当に合っていると思います。
写真を撮った場所の花が、全て咲いたところは見ていませんが、全部咲くとさぞかし壮観だったと思います。

これからも色々な花を撮っていきたいです。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ホワイトレースフラワーはカスミソウと同じように、
花束のわき役くらいにしか思っていませんでした。
しかし今回の画像を拝見して、その繊細で優しい
花の表情に気付かされました。

小さな白い花が放射線状に群れて、本当ににレース
編みのようです。
点のような蕾から満開までの花の表情が描写された
1枚の画像が素敵です。

艶やかな二つ星天道虫は揺れる花に埋もれて、
夢でも見ているのでしょうか。

コウコさん、こんにちは。

最初は何気なく見ていました。すぐ横に普通の紫陽花がたくさん咲いていたので、そちらにばかり見ていたんです。
ところがこの花をよく見ると、何とも言えず雰囲気があり目を奪われました。
小さくて本当に繊細なんです。
色も白一色で、純粋さを感じます。

今まで、いろんな花を見逃してきているかもしれません。
花に限らず、いろんなことに気付き目を向ける姿勢でいきたいです。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。