2017.10.05     カテゴリ:  東京 

   昔は夢中になって読んでた……【その2】






『旧 江戸川乱歩邸』の続きとなります。







それでは最初に、案内図をもう一度……



1-701_2185.jpg


はい、前回の記事では玄関までの写真を見ていただきました。

今回は、この建物の左手を回り庭の方に行ってみましょう。





……













2-701_2180.jpg


点々と石が埋めてあります。











3-701_2172.jpg


はい、来ました……写真の右の方から歩いてきて、振り返ったらこんなテラスが……










中を覗いてみると……




4-701_2160.jpg


応接間だ。

小説の中のワンシーンみたい……夜の雰囲気も見てみたい気がする。











5-701_2117.jpg


乱歩の肖像画があった……こうして見ると普通のおじさんだ。











6-701_2115.jpg


部屋の隅には机があった。
ゴツい本が並んでいる……百科事典かな。

そして黒電話……懐かしい形だ。












7-701_2156.jpg


庭の奥まで来て振り返ると、こんな風景。
アルミサッシ……ガラス戸越しに、いろんなモノが展示されています。











8-701_2169.jpg


『うつし世はゆめ よるの夢こそまこと』

これは、乱歩が好んで使った言葉だ。





どういう意味かというと……




あっ!








9-701_2171.jpg


説明が書いてありました……あはは…… (^_^;)
でも、これはいろんな見方が出来るかもしれませんね。

現実の世界では、みんな仮面を被って生きているが、夢の中にこそ人間の本性がある……という解釈はどうだろう。



しかしこの言葉……『うつし世はゆめ よるの夢こそまこと』
乱歩の小説のイメージ……その世界観に、ピッタリ合ってる気がします。












10-701_2125.jpg


原稿のコピーがあった……右のページは、さっき玄関で見たのと同じだ。

そして、左のページ……これは凄いことになってるわ (^o^;)
ん?……枠外(左のページ、右上)に書いてある文字、【D坂の殺人事件 下書き】って書いてあるのかな。


手直ししたいとき、昔はたいへんだったろうなぁ……乱歩にパソコンを使わせてあげたくなってくる(笑)











11-701_2122.jpg


あ!ビデオカメラを持ってる……なんてハイカラな……(^_^;)
そして、編集までしてたなんて凄いよね (@_@;)












12-701_2120.jpg


うおっ……この庭で、乱歩が家族をビデオカメラで撮ってる!
あっ、後ろに見えるのは、あの有名な『土蔵』だ~~!!!\(*゚▽゚*)/



さて、この土蔵が現在はどうなっているかというと……













13-701_2119.jpg


うおお~~ちゃんとそのままの姿で残っとる~~~~ヽ(≧∀≦)ノ キャ~~
これだ……これが見たかったんだよ!!!




で…では、早速見に行くとするか……(`・ω・´) ドキドキ……













続きます (`・ω・´;) ゴクッ……


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。