FC2ブログ

2017.09.18     カテゴリ:  東京 

   さぁ行くぞ~~……そして腹減った(笑)【柴又・最終回】




『柴又』の記事、今回が最終回となります。

またまた長い記事となりますが、宜しくお願いいたします m(_ _)m



……




今回は、まず最初に案内図を見ていただきます。


0-701_2019.jpg


今、画面左下の『帝釈堂』から右に延びていく廊下にいます。

ここから画面右にある『大客殿』を通り、広い庭をぐるっと回る廊下を反時計回りに回ってきましょう。










1-701_1958.jpg


それでは、スタート~~♪
まず、向こうに見える、左に延びていく廊下に行きます。











2-701_1987.jpg


来ました……これまた、まっすく延びていく気持ち良い廊下ですね~~









ちなみに、この廊下を横から見ると……




3-701_2014.jpg


はい、こんな感じで、高いところを通っています。










4-701_1989.jpg


突き当たりまで来ました。
あの赤い絨毯の向こう……建物の中に入りましょう。











5-701_1992.jpg


おぉ、これまた真っ直ぐ伸びていく畳敷きの廊下ですね。
左側には庭があり、右には和室が並んでいます。










6-701_1991.jpg


庭はこんな感じ……

画面右側にある、せり出している部分……休憩出来るようになっていまして、
そこには冷水器もあり、自由に飲むことが出来ます。








右に並んでいる和室の一部屋を覗くと……




7-701_1994.jpg


こんな屏風が……

よく見ると『横山大観筆』(彫刻下絵)とありますね…… ホントかオイ!(@_@;)









8-701_1997.jpg


この庭を散歩してみたいけど、立入禁止になっています。











9-701_1998.jpg


畳の廊下の端まで来ました。
ここからは外になるのですが、こんな廊下が続いているのです。


それでは、どんどん歩いて行きましょう~~(*^_^*)











10-701_1999.jpg


曲がり角……床の縁甲板の組み方が面白いですね~~











11-701_2001.jpg


とても素敵な雰囲気です~~(*´∀`人 ♪











12-701_2002.jpg


池のそばを通ります。

この日は、凄く暑い日だったのですが、
この廊下、ひんやりとした風が通り抜けるので、とても気持ちよかったです。











13-701_2006.jpg


途中、こんなのがありました……猿かな、これ……(@_@;)











14-701_2007.jpg


所々、こうして廊下が切れています。











15-701_2008.jpg


これで、一周回ってきました。

では、境内のほうに戻りたいと思います。








外に出て、振り返ると、




16-701_2013.jpg


画面左にあるのが『帝釈堂』
そこから右に延びていくのが、この記事のスタートとなった廊下です。



さて、それでは来た道を戻り、柴又帝釈天を後にしたいと思います。




……











17-701_2023.jpg


帝釈天参道……ここには、この形のポストが似合いますよね~~
うんうん、こういうのは残していって欲しいです。





……





午後3時か…………あ~~お腹がすいたなぁ……(@_@;)

ここに来たとき、蕎麦でも食べようかと思ってたんだけど、
時間が無くなりそうだったんで、お昼ご飯も食べずに帝釈天を見ていたんです。



……



あ!お団子屋さん発見 (*゚Q゚*)

せっかくなんで、草団子でも食べていこうかな……






すみませ~~ん、草団子を一本、くださいな~~(*^o^*)





18-701_2027.jpg


ぱくっ……もぐもぐ…………うん、美味いわ~~♪

甘いものって、なんだかホッとするよね~~ +゚。*(*´∀`*)*。゚+








ふと、横を見ると、





19-701_2029.jpg


んっ?……この写真……(@_@;)











20-701_2029 - コピー


おぉ!斉藤 工がこのベンチに座って、俺と同じ草団子を食べてるじゃないですか~~ Σ(゚Д゚)
むむぅ……イケメンは何をやっても画になるのぉ~~(^o^;)


ここで、無邪気に口いっぱい団子を頬張ってる俺とはえらい違うわ……(・_・;) ←(爆)




……










柴又……いいところでした (*^_^*)

寅さんのイメージもあるし、昔ながらの雰囲気……情緒も感じます。
このほかにも、見所はまだまだあるようなので、また機会があれば来てみたいものです。





『柴又』のお話は、これで終わりますが、
『東京』のお話は、まだまだ続きますので、このあとも宜しくお願い致します m(_ _)m


ありがとうございました。


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。