2017.07.10     カテゴリ:  東京 

   岡本太郎記念館【最終回】




『岡本太郎記念館』の記事、今回が最終回となります m(__)m




外観からスタートし、中の様子を見て回り、
そして、アトリエを紹介させていただきました。


それでは最後に……この記念館にある、岡本太郎の作品を、ゆっくり見ていきたいと思います。



……





アトリエに行く通路の横が、こんな展示スペースになっています。



1-701_1290_2187.jpg


うわぁ~~賑やか~~……おもちゃ箱をひっくり返したような感じだ。

左奥、岡本太郎の人形が立ってるし……ちょっとドキッとします(^_^;)











2-701_1316_2188.jpg


白い陶器の……ポットだよね。
これはニワトリがモチーフになってるのかな。

ちっちゃい蓋が可愛い♪
これ、注ぐとき口から出てくるんだろうな……無性に使ってみたい衝動に駆られる(笑)


手前のは、エッグスタンド?……割れた殻が最初から付いてるし……(^_^;)











3-701_1321_2195.jpg


これは、なんだろう……

ちょっと俯いた顔の前で、両手をクロスさせているように見える (^_^;)











4-701_1319_2189.jpg


あ~~これ、知ってるぞ。

岡本太郎は、昔、野沢温泉村から記念碑のデザインを依頼を受けたのをきっかけに、この野沢温泉を大変気に入ったとのことです。

この岡本太郎デザインの『湯』という文字……
野沢温泉では、観光宣伝のイメージロゴとして観光パンフレットやポスターなどに使われているようです。






それでは、外に出て庭を見てみましょう。



……










4-701_1326_2190.jpg


外にも、たくさんの作品が置いてあります。

岡本太郎は、自身の作品をガラスケース越しに展示するのを大変嫌ったそうです。
触るのも自由、子供たちが乗っかるのも自由……『壊れたら、俺がまた直してやる』っていうような感じだったらしい。


この庭に置いてある作品も雨ざらし……この無造作感がいいですね~~(^_^)







ん?……あぁ~~ベランダ!!!







5-701_1327_2196.jpg


『太陽の塔』がいた~~ヽ(o゚∀゚o)ノ
手すりに手ぇ掛けて覗いてるわ~~(笑)

なんだか、常に『太陽の塔』に監視されてるような気がする (^_^;)











6-701_1337_2197.jpg


デカいな、これ~~
これは太陽なのかな……笑ってるよ (^_^;)











7-701_1338_2198.jpg


梵鐘『歓喜の鐘』だ。

愛知県の久国寺に、これの大きいのが設置されています。(当時の住職からの依頼で製作された)
その時、小型の試作品が5体製作されまして、そのうちの1体がここにあります。


角(つの)のようなものが出てますが、これは人間の手を表しています。

鐘の模様を見てください……人の形(頭・胴体・足)がわかりますでしょうか……
そして、その人が手を突き出している……というデザインです。











8-701_1329_2191.jpg


足下には、こんなのがありました。
あはは……これも笑顔だ (´∀`*)

細かいことで考え込んだりしないで、もっと気楽にいこう~~って気持ちになるね (^_^)










9-701_1343_2193.jpg


同じような形のモノがいくつもありました。

この作品名をご存じでしょうか……これ『坐ることを拒否する椅子』っていうんですよ (^_^;)
そもそも椅子って、座るべきモノなのに、それを拒否するという、なんとも哲学的な名前です(笑)

岡本太郎、曰く
『私はグッド・デザイン式イス、あのお尻の雌型のような、いかにも坐ってちょうだいと媚態をつくっている不潔さが嫌いだ。
そこで逆に、精神的にも肉体的にも、人間と「対等づら」するものを作った。』
……らしいです (^_^;)







そういえば……




10-701_1348_2194.jpg


最初の記事にも載せましたが……

このドアの『取っ』……『手』といいながら『足』になってる……というシャレなんでしょうか……

考えすぎかな (・_・;)……(笑)




……










ここに来て、そして見て思ったことがあります。


岡本太郎の作品…… 一見、ぶっ飛んでるように見えるが、決して見る人を突き放してはいない……

それどころか、妙にかまいたくなってくるような魅力があるし、
かといって、誰にも媚びてない姿勢を感じるところも凄いです。














12-701_1269_2199.jpg


岡本太郎……

この人は、どの写真を見ても表情がぼやけてない、というか、
いつも、強い意志を持った顔つき……目力みたいなモノを感じます。

作品を見ても、『芸術家』という枠に収まりきらず、
自分の思ったことを表現する人……『表現家』とでもいえばいいのか……そんな印象を受けました。




どんな分野でもそうですが、なんかこう『突き抜けた感』のある人は、見ていて気持ちが良いですね (*^_^*)









『岡本太郎記念館』……最後までお付き合いいただき、ありがとうございました m(_ _)m



プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。