2017.05.30     カテゴリ:  東京 

   東京国立博物館【最終回】




さて、『東京国立博物館』ですが、最終回となります。

宜しく御願い致します。





前回、埴輪を見ていただきました。

展示室はこんな感じです。



1-700_9981.jpg


スッキリとした静かな空間……広々としてスペースに余裕があり、ゆっくりと見て回れます。











2-700_9978.jpg


これはなんだろう……同じ形のものを向かい合せにしてある。




3-700_9980.jpg
『小児用甕棺(しょうにようかめかん)』……子供用の棺なのか……(@_@;)












4-700_9974.jpg


『銅鐸』……歴史の本に、こういうのがよく載ってるよね。

細かい模様が入ってて……何か絵が描いてある。





5-700_9975.jpg

当時のことを表した絵なのか……やっぱり意味があるんだよなぁ











6-700_9995.jpg


靴だ……見た感じ、これ履いたら足が痛そうだよな……





7-700_9994.jpg

説明……『おそらく葬送の際に王の足を飾ったと考えられて……』

あぁ、そういうことか……葬られる人の足に履かせる沓(くつ)……ってことかな。



……










多分、ここから本館の展示品だったかと思います (^_^;)



8-700_9932.jpg


これは綺麗な箱だ。






9-700_9933.jpg
硯箱だったのか……おにぎりでも入れる箱かと思ったぞ……(って、冗談ですよ、皆さん!)

『本阿弥光悦』……うん、名前は聞いたことある (^_^;)












10-700_0035.jpg


出た、浮世絵!……これは私の好きな『歌川広重』だ。

広重の作品は、ともかく構図が良いのが多い!……写真を撮らせたら、きっと上手かっただろうと思う。
この作品……右上と左下に人物を配置、そしてその人物や風景の遠近感の表現が素晴らしい。




11-700_0036.jpg


広重の作品は、このほかにも数点展示してありました。











12-700_9928_01.jpg


この仏像、変わってるなぁ~~

ポーズや表情が面白い……しかも、下に踏みつけてるのは何なんだ(笑)






13-700_9929.jpg

『毘沙門天』……七福神の一人で、仏法を守護し、福徳を授ける神だ。

ん?……踏みつけてるのは『邪鬼』なんだな……じゃあ、踏んでよし!だ (笑)




……










お送りしてまいりました『東京国立博物館』
たくさん撮影したのですが、その中で目を引いたものを選び、記事にしてみました。


実際に見てみると、本当にたくさんの物が展示してあります。
もし今後、見に行かれる方がおられましたら、時間をたっぷりとって行かれたらよろしいかと思います。




……





さあ、これから車で富山に帰ります。


あ、そうだ!……ここから近いんで、ちょっとあそこに寄って行きましょう。







14-700_0054.jpg


はい、浅草の仲見世通りです。
何度か来てますが、いつもこんな賑わい……この雰囲気は大好きです。




東京……何度来ても飽きませんね~~(*^_^*)








最後まで見ていただきありがとうございました m(__)m


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。