2016.11.17     カテゴリ:  九州 

   いざ、あの『島』へ!【九州編】




ずっと前から行きたかった場所がある。


誰でもそんな場所、一つや二つあるよね。



……










とうとうこの日が来たか……まずはここに行く。



1-700_8138_1978.jpg


『長崎港ターミナル』です……カッコイイ建物ですね~~

では、そこにチケット売場があるので行ってみましょう。










2-700_8128_1975.jpg


中は、こんな感じ……目的地のチケット売場が右にあります。









3-700_8129_1976.jpg

はい!『軍艦島』であります。





では、早速行きたいところですが、はやる気持ちを抑えまして……

この『軍艦島クルーズ』……どんなシステムになっているか、ここで少し説明させていただきます。



まず、料金や出発時間などを……

700_8129_1990.jpg

『上陸コース』『周遊コース』がありますが、今回は当然『上陸コース』を選択しました。


ここで一つ肝心なのが、『上陸コースでも、必ず上陸を保障されているわけではない』ということです。


そう、『天候』なんです。

雨はいいんですけど、風……波が高いと、船を岸に着けれなかったり、
また安全面に問題があるため、上陸できないんです。

こればかりは『運』です(・_・;)



あと、上に赤い文字で書いてありますが、『全便完全予約制』です。
かなり人気があるので、人数次第ですが団体だと予約がなかなか取れなかったりします。

私たち(18名)は今回、2か月ほど前に予約しました……それでもなかなかチケットが取れる日が無かったです。



そして、1日に2便ありまして、1便が9:00、2便が13:00です。
どちらかというと、午後より午前の方が天候が穏やかな日が多いとか…… 責任は持てませんが…(^_^;)



あと、誓約書(注意事項を書いてある)に、署名が必要です。
内容はあまりよく覚えてませんが(^_^;)、いくつか注意事項を挙げるとすれば……

・アルコールを飲んでると上陸禁止 ←―別にチェックがあるわけではないです (^_^;)
・ハイヒールなどかかとが高い靴、草履、サンダルなどは不可
・小学生未満の者、未就学児は上陸できません(乗船はできるので、保護者と船で待機となります)
・日傘や雨傘の使用は禁止、雨カッパは各自で用意


あとは、常識的な行動を……という感じです。





それでは、行きましょう~~♪





4-700_8135_1977.jpg


この船に乗ります……結構大きな船です。

定員221名……私は午後の便だったんですが、ほぼ満席との事でした。



あ、そういえば……チケットは予約制ですが、座席は自由なんです。
ということは、好きな席に座りたいときは、早く並ぶ必要があります。

午後の便は、出航(13:00)の1時間前からチケットを受け取れます。
なので、お昼12:00過ぎにチケットを受け取り、そのまますぐ並ぶことにしました。







5-700_8137_1987.jpg


他のお客さんは、まだ誰もいません……先頭をゲットできました。











6-700_8139_1979.jpg

船を見ると……2階建てです。

下は窓が嵌まってて開かないようです……上は屋根と手摺りだけ……
これは、開放感のある2階に行くしかないでしょう!










7-700_8142_1980.jpg


うん……天候はいい感じだ。

風もあまりなく、海は穏やか♪
でも、沖に出てみないと波の状況は分からないけどね……




さぁ、乗船の時間です。

船に乗り、1階のフロアを抜け、船の後ろから2階に上がります。








8-700_8145_1988.jpg

右舷の一番後ろの席に着きました。








では、出航―――\(^o^)/




9-700_8153_1981.jpg


おぉ~~結構速いじゃないか! 潮風が気持いいわ~~~~♪

長崎港から軍艦島まで、直線距離で約19km……時間にして30分ほどのクルーズです……楽しんで行きましょ~~




……






そういえば長崎港は、造船所がたくさんあるんです。




10-700_8306_1986.jpg

うおお~~でっけえ船~~~~!!!Σ(゚□゚)

まるで、ミニチュアの港に、スケールを間違えて作った船の模型を無理やり置いたような違和感があるぞ~~(笑)








少し進むと……




11-700_8165_1982.jpg


ひゃあ~~これまたでっかいクレーンだ~~~~(゜o゜)
この大きさ、伝わりますでしょうか……(^_^;)

これは『三菱重工香焼工場』の、通称『100万トンドック』です。

世界最大級の大きさ……コの字のアーチの中に、国会議事堂がスッポリと収まる大きさだそうです(@o@;)



もう、大きさの感覚が分からなくなって、クラクラしてきたよ(笑)










12-700_8167_1983.jpg


そうこうしてるうちに、船は進みます。

小さな島が、いくつも見えてきます…………まだか…まだか……まだなのか……









あっ!!!






13-700_8172_1984.jpg


手前の島の陰から見えてきた、建物らしい島……あれか?……あれなのか!?










14-700_8177_1985.jpg


出た―――っ ヽ(≧∀≦)ノ

間違いなく『軍艦島』だ―――!!!


テンション上がるわ~~船の中の空気も盛り上がってまいりました~~!!!





どんどん近づいていきます。




気付くと目の前に……










ずおお~~~~ん!!!




15-0700_8175 - コピー - コピー_1974

ぐ…軍艦じゃ……軍艦じゃ~~~~!!!


くぅ~~あまりのカッコ良さに、腰抜かしたわ……(笑)

これはもう…あまりにも軍艦………絶対、狙って作っただろ!ってツッコミたくなるくらい…………軍艦だわ(笑) ←―もう自分で何を言ってるのか…(^_^;)












波は穏やか……間違いなく上陸出来そうです。 この時、心底ホッとしたよ……(^_^;)

軍艦島のお話、もちろん続きます。


ありがとうございました。


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。