2016.10.29     カテゴリ:  九州 

   それでは一緒に見て行きましょう~♪ 【九州編】




トーマス・ブレーク・グラバー (1838~1911)

スコットランド出身の商人。武器商人として幕末の日本で活躍した。
日本で商業鉄道が開始されるよりも前に蒸気機関車の試走を行い、
長崎に西洋式ドックを建設し造船の街としての礎を築くなど日本の近代化に大きな役割を果たした。
Wikipediaより

スコットランド出身のグラバーは1859年、彼が21歳の時、開港と同時に長崎に来日し、
グラバー商会を設立しました。幕末の激動の時代の中、志士達を陰で支え、
伊藤博文らの英国留学を手伝うなど、若い人々への多大な援助を惜しみませんでした。
また明治以降は純経済人として、日本の近代科学技術の導入に貢献しています。
グラバー園 ホームページより





では、この『旧グラバー住宅(グラバー邸)』の中を見て行きましょう。





1-700_7965.jpg


部屋の壁に鏡があります。

しかし、見上げる高さに鏡が……これじゃ顔が見えんわ……グラバーの身長、どんだけ高いんだよっ!


って、思ったら……

これは姿見ではなくて、ランプの光を反射させ、部屋を少しでも明るくするためらしいです(^_^;)











2-700_7949.jpg


食堂です……雰囲気を出すために、作り物の料理がおいてあります。

でも、ホントにこんな豪華な食事だったのかな……(^_^;)


あ、先程の部屋にあったのと同じ鏡が、この部屋にもありました(奥の壁にあるやつです)。











3-700_7957.jpg


こちらの部屋には、グラバーの愛用品がたくさん置いてあります。











4-700_7966.jpg


廊下に出ました。

天井がガラス張りなので、明るい空間になっています。





突き当りまで行くと……








5-700_7967.jpg


丸いランプが時代を感じさせます。

電球色は温かみがあっていいですね~~









ここから右に曲がった廊下には……



6-700_7968.jpg

見て下さい……天井に四角い開口があります。

実はこれ、隠し部屋なんです。


幕末の動乱期……何があるかわかりませんもんね。
武器商人でもあったグラバーは、様々な人との交流がありました。


坂本龍馬とも関わりが深かったらしいですね。
グラバーが龍馬の黒幕だった……という話もあります。

もしかしたら……龍馬や幕末の志士たちも、この屋根裏にかくまうことがあったのかもしれません。










7-700_7942.jpg

台所に来ました……かまどがあります。

この煉瓦……『コンニャク煉瓦』というそうです。
別に柔らかいわけでは無くて(笑)、通常の煉瓦より厚みが薄く、こんにゃくみたいな形から、そう呼ばれるそうです。






すぐ横には……






8-700_7971.jpg


ここで調理や洗い物をしていたようです。



ん?……横に勝手口がある……









9-700_7972.jpg


外に出ました。

本当にモノクロが似合います(^_^;)






家の周りを歩いて行くと……






10-700_7980.jpg


ガラス張りの部屋だ……温室みたいになっています。

中には、いろんな花がたくさん咲いていました。











11-700_7984.jpg


展望台みたいなところがありました。

あれ?……画面左下、街の風景に馴染んでますが、あれは船……豪華客船だ。

なんて、でかい船……さすが長崎だわ (^_^;)











12-700_7981.jpg


グラバーの銅像がありました。


幕末の日本に来て、商社を設立。

その後のいろんな経緯を見ていくと……














13-700_7982.jpg


相当に頭がキレて、凄く度胸のある人物だったのではないかと推測します。






……
















14-700_7993.jpg


しばらく下り坂を歩いてくると、ようやく出口です。

グラバー園……日本であって、日本でないような雰囲気……(^_^;)
歴史的背景も相まって、とても楽しい時間でした。








九州のお話……まだまだ続きます m(__)m

ありがとうございました。


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。