2014.06.01     カテゴリ:   

   花を魅せたいときの背景……


ここに真っ赤な花があります。

小さい花です……


この赤い花を強調して撮ってみたい。

魅せたいのは花だけ……


こんな時は、背景をシンプルにするようにしている。
何もない世界にこの赤い花だけがあるイメージ。


無音…… そして時間が止まった世界……


1-DSC_6907_160.jpg


明るい場所なので、背景は白に決めた。
露出をプラスにして、背景を白く飛ばす。

しかし……

赤い花って難しい……

明るく撮ると、薄い赤色になってしまうし
かといって色を濃くすると、この写真のように赤色が飽和して、
ディテールが失われてしまう。


でも大体撮りたかったイメージ通りだ。

セオリー通りの写真にする必要などまったくない。
(限度はあるかも……汗)


表現は自由だ……




じゃあ、ほとんど同じアングルから撮った写真をもう一枚。

先ほどの写真同様、魅せたい花以外の情報をできるだけ抑える。
見る人の視線を、花一点に誘導……


DSC_6906_156.jpg

今度はホワイトバランスを 『蛍光灯』にしてみた。
(いつもホワイトバランスは『晴天』で撮っているので……)

色温度も少し調整。

なんだか無機質な白さ…… 赤い花だけが違う世界にいるようだ。


クールな世界に、赤い花がポツリ……






ここで紫陽花を一枚。


DSC_6822_159.jpg

今度は露出をマイナスに振って、背景を黒くしてみた。
(ブログの背景が黒なので、あまり効果が…… 涙)

静寂の中に、紫陽花だけがスポットライトで照らされている感じ……

黒をバックに、花びらの青と葉っぱの緑がとても綺麗だ。




ちょっと極端な感じの写真を挙げましたが、
そこまでしなくても、こんな写真はどうでしょうか。



赤と白に、背景は明るい緑……


DSC_6940_158.jpg

やさしい光…… やわらかな描写……



見ている人が、やさしい表情になってくれたら嬉しいです。




ありがとうございました。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
WILD BOOKERSさん
様々な撮影方法を駆使されています
ご自分のお写真の個性を表現されています
私がしたい撮影方法 でも出来ないことばかりです
記事 拝見させて頂き 勉強になりました
花写真は主役と同じ程
背景が大事だと理解はしているのですが
中々 露出設定が分からず悩んでいました
今日の説明 とても勉強になりました
有難う御座います
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
りらさん、こんばんは。

写真を撮るときは結構な枚数を撮ります。
RAWという形式で撮るのですが、一つのものを撮るとき、明るさを何段階かと、絞りを変えて何枚かずつ撮ります。
その後、イメージに近いものを選んで、あとはパソコンで調整します。

本当は、一発で思い通りの写真が撮れればいいのですが、中々そう上手くいかず、とりあえず撮って後処理で何とか……、という感じです。何十枚撮って、その中に一枚でも良いと思える写真があれば満足です(笑)
初めてコメントさせていただきます。名古屋の男声合唱団「名古屋グリークラブ」の永井と申します。
ブログの花の御写真をたくさん拝見致しました。どの写真も本当に美しく、楽しませて頂きました。特に花と水滴の写真達はとてもイイですね。朝や雨後の一瞬を切り取ったような美しさですね。
当合唱団では、2年に一度、演奏会を開催しており、その演奏会のチラシ、チケット、パンフレットに、花の写真を使用しております。2017年5月に第3回演奏会を行うのですが、今回の花の写真を探していたところで、WILD BOOKERSさんのブログに出会いました。
もし、お許し頂けるのであれば、紫陽花の写真を御提供頂けないでしょうか?大変不躾なお願いですが、御検討頂けると幸いです。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。