2015.10.12     カテゴリ:  富山の風景 

   高岡大仏 【その2】




それでは、『高岡大仏』の続きです。


……




いつも、どっしりと構えておられる大仏様。



この表情……


1-700_1917.jpg


落ち着いて、人の思いを受け止めてくれるような……

人をしっかりと諭すような……

悩める人に慈悲を与えるような……




不思議です。


自分の心の状態によって、いろんな表情に見えてきます。




……





辺りを見ると、





2-700_1922.jpg


龍の顔が、ちょっとユーモラスです。

歳とった龍……おじいさんって感じ (^_^;)











3-700_1926.jpg


こちらから、大仏を一枚。

花越しの大仏も、いい感じです。











4-700_1932.jpg


線香がありました。

一本ではなくて、一束なのか……


では……一束、燃やしていきましょう。











5-700_1933.jpg


大香炉……真ん中に火種が置いてあり、

それに、くっつけるようにして置きます。



……




燃えてきました。


いつからでしょう……線香の香りが好きになったのは……(笑)







さて、大仏様の方を見ると、




6-700_1936.jpg


実は、ここ……台座の中が、円形の回廊になってまして、

絵や資料などが展示してあり、自由に拝観することができます。



では、行ってみましょう。




……












7-700_1939.jpg


薄暗くて、なんともいえない雰囲気です。

あぁ……懐かしい……小さい頃、来た記憶が蘇ります。



その時、強烈に印象に残っているのが、右に見える絵…… 『地獄絵図』です (>_<) 何枚かあるんだよ

悪いことをすると、こうなるという戒めみたいなものでしょうか。


子供心に、「絶対に地獄はやだ!」と強く思った記憶が……(笑)











8-700_1941.jpg


ひえぇ~~~(@o@;)

焼かれてるのから、蛇に巻かれてるのまでいたり……













こんな絵も……





9-700_1942.jpg


阿鼻叫喚……亡者たちが、必死に逃げ回っています。













10-700_1943.jpg


亡者が『火車(かしゃ)』に乗せられて、運ばれていきます。

※『火車』――生前、悪事を犯した亡者をのせて地獄に運ぶとされる、火が燃えている車のこと(Wikipediaより)


本来、乗り物は楽しいものですが、これは絶対に乗りたくありませんね~~(^_^;)









『高岡大仏』さらに続きます。



ありがとうございました。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本当に大仏様って見ていると
なんと心が穏やかになるのでしょうか。
でもなんでパンチパーマぽいのかな(;^0^)
気になって仕方ないw

お花越しの大仏様は1番合う感じがしますよね。
西遊記とかをふと思い出します♪♪♪
お釈迦様かなアレ(;^-^)

お香の香りって落ち着きますよね。蚊取り線香の香りを嗅ぐと夏を思い出します、大好きな香り(〃ω〃)

地獄絵図~こんなはっきり見たのは初めてかも?
子どもが見たらそれは怖いですね゚゚・(×_×)・゚゚・。
針の上に座らせる絵とか見た気がします(;^-^)

でも天国に行ける人っているのかな?(←おいおいw)

写真と同じで大仏様を見る時も
心が出るんだろうなぁ。

地獄絵図初めてみました。
これはお子様達逃げちゃうかも。

こうして静かな時間を過ごすのも
ありですね。

写経した時を思い出していました。
何も考えず無になる。

心落ち着いて出勤できそうです^^
このコメントは管理人のみ閲覧できます
桃咲マルクさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

はい……大仏様って、見ているといろんな表情に見えてきます。
そして、気持ちが落ち着いてくる感覚がありますよね。

あの髪……『螺髪(らはつ・らほつ)』は、1世紀から2世紀の初め頃に、マトゥラー→中国→朝鮮→日本へ伝わったみたいですね。
『螺』は、巻貝のことらしいです。

極楽浄土の花といえば、ハスの花ですが
オレンジの花も大仏様に、似合ってました(^_^;)

いつからか、線香の香りが……なんか落ち着きます(笑)
そうそう、蚊取り線香……帰ってきて玄関開けたら、その香りが……あぁ、夏が来たなぁ、って思いますよね♪

地獄絵図、インパクトあります……(^_^;)
『天国に……』え˝……(゜o゜)
では、日頃の行いの良いワタクシが……(爆)
(*^_^*)
♪デコ♪さん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

はい、人間なんて、言ってみれば心が弱いものですので
自分の精神状態によって、大仏様の表情が違って見えてくるのだと思います。

日頃の行いが悪い人が見ると……きっとコワイ顔に見えてくるのではないでしょうか……(笑)
ま、大抵の人は、柔和な顔に見えていると思います(^_^;)

地獄絵図は、迫力があります~~
また、あの回廊が薄暗くて、いい雰囲気(笑)を醸し出しているんです(^_^;)
あ、もちろん他の絵もいろいろ飾ってあります。

写経……やったこと無いです~~(>_<)
こんな私でも、無になれるでしょうか……(笑)
(・_・;)
初めて知りましたが立派な大仏だけでなく資料も!

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ちょーみんさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

この大仏、大きさもそこそこありますし、
いい表情で、どっしりと鎮座しておられまして、
なかなか存在感があります。
でも、周りが建物で囲まれているので、
近くまでこないと、見えなかったりします(笑)

この回廊には、画のほかにもまだ少しありまして、
次回の記事にて、お送りしたいと思います~~
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。