2014.05.13     カテゴリ:  立山 

   立山にある物

皆様、突然ですが……

立山の室堂周辺を歩いていると
こんなものがあります。


何だと思いますか?

1-DSC_9850_276_628.jpg



こんな棒です……

2-DSC_9729_215_627.jpg

なんとなく想像つきますよね……








答えはこれ。

3-DSC_9739_220_626.jpg

そうです。
この棒がどこまで埋まっているかで
積雪量がわかるのです。

ちなみに長さは9mあります。



春先には、こんな棒があちこちに立っているのですが、
下の立山有料道路沿いにもたくさんあるのです。





立山有料道路……

美女平から室堂までをつなぐ約23㎞の道路でして、
そこには高原バスが運行されています。
(時間は、片道約50分ほどです)

『雪の大谷』も、この道路にあり、室堂(終点)のすぐ近くになります。


そして、除雪は3月中旬から一か月近くかけて行われるのですが、
それにかかる費用は、約一億円といわれています。




こんな道です……
(積雪が少ない所の写真ですが……)

4-20121110_094312_621.jpg

両側に立っているのが、おわかりになるかと思います。


そしてこれは、積雪量を見るだけではありません。

大事な役割があります。

そうです。
春、この道を除雪する時の目印となっているのです。


あたり一面、目印の無い雪野原で、この棒の内側を縫うように除雪するのです。


ただし……

昔は、この棒だけを頼りに除雪していたのですが、
最近は、こんな時代なのでGPSを使っているようです。
しかし機械だけに頼るのではなく、物理的に目に見える
目印として、今でも棒を立てているのではないかと思います。
(違っていたらすみません)




夕暮れの道……

5-20121110_163519_625.jpg

この右側はすぐ崖です。

少しルートを外れると落ちてしまうので
昔の除雪は大変だったと思います。

普段は、ワイヤーを張ったガードレールがあるのですが、
除雪の邪魔になるので、冬になるとはずしてしまいます。

なのでガードレールが無い状態……(怖っ)





晴れた日は……

6-IMG_3302_638.jpg

こんな感じで富山湾が見えたりします。
地図と同じで、湾曲した海岸線が見えますね。




雪が多い所の写真も載せておきましょう。

IMG_48756945132.jpg

これは、『雪の大谷』付近です。

凄い雪の量……



もう一枚。

DPP_00024413.jpg

棒がもう倒れかけていますね。

その先には雲海が見えます。



除雪車はこんな感じ……

DPP_00014156413.jpg

近くで見ると凄い迫力です。



このような大変な作業があって
毎年、気持ちよく観光ができるわけです。


今後も安全作業でお願いしたいですね。









さて、それでは最後に……


一番下の桂台料金所から美女平までの道中(貸切観光バスで直接上る時に通る道路)で
たまに、猿が出たりします。

7-IMG_3281_636.jpg

一般道ではないので、
まぁ~、のどかなもんです。

センターライン上で、毛づくろいですよ……
緊張感なさすぎです。

思わず、私の頭も毛づくろいしてもらおうかと思いました。

(別に、私の髪の毛が薄いわけではありません…… 念のため)



さぁ、早くどいてちょーだい……

8-IMG_3282_637.jpg

猿1号 「ちっ…… 」

猿2号 「けっ…… 」


ちゃんと、こちらの気持ちが通じたようです。

聞き分けのいい子(猿)ですね…… (^_^メ)







最後までお読みいただきありがとうございました。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こんばんわ〜^ ^

昨年の春かな〜 立山の室堂平に行きましたよ♪
はじめて行ったんですが登山の楽しさを覚えて帰った日でもあります。
まだまだ本格的な山登りは出来ないですがまた行きたい場所です^ ^
同様のポールは北海道をクルマで走ると平地にも普通
に至るところに設置されてますよね^^ 
でもさすが雪深い立山ですね!9mもあるとは^^;
除雪に1億円とか自治体は大変ですよねえ。

それにしても猿はかわいいなあ^^
ふてぶてしいのがタマにキズか^m^

でも日光のサルみたいに人間から「強盗」する
ほどタチは悪くはないんでしょう?^^;
こんばんは。
色々とすごい写真の数々でした。

背中にしがみついてる子猿。
可愛いですねぇ
棟梁さん、こんばんは。

立山に来られたことがあったんですか~。

室堂周辺は、散策するだけでも気持ちのいいところですね。
本格的に登りたい人は、上のほうに登って行けば登山を楽しめます。

また機会があればお越しくださいね(笑)
コマソンさん、こんばんは。

北海道にもこんなポールがあるんですか~(しかも平地!)
さすが雪の多いところですね。

ここの猿は、人から餌をもらう(取る?)という機会が
無いと思うので、近づいては来ない感じです。

そして、交通量が少ない道なので、お気楽な雰囲気です(笑)

でも野生のものですので、私らは車からは降りませんし、
窓も開けないです。
choconigroさん、こんばんは。

背中にしがみついている子猿に、
気付いてもらえましたか~。

カワイイですよね~。

しかし、野生の猿って冬をどうやって乗り越えるのかな?なんて、
思ったりします。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。