2015.09.02     カテゴリ:   

   暑い夏の日、無人駅にて……





無人駅があった。




この駅舎も、相当年月が経っているようだ……





1-700_0744 - コピー_1276


外壁の板が所々捲れてる。

草むらの中には自転車が……放置されているんだろうか。












2-700_0794_1278.jpg


ん?……

ここは、今までに見た無人駅とは雰囲気が違う……


寂れているというか……人の温かみを感じない。










3-700_0813_1284.jpg


窓ガラスも割れていたり……


新しいガラスを入れる気も無いんだろう。












4-700_0799_1282.jpg


こんな通路を通ってホームに出るのか……

まぁ、行ってみよう。











5-700_0778_1277.jpg


ようやくホームだよ……












6-700_0803_1279.jpg


ベンチだ……

木の質感が長い年月を感じさせてくれる。



日陰にベンチがあると、夏に電車を待つとき、本当に助かるだろうな……





座ってみる……

近くに大きな道路も無いし……本当に静かだ。




……





無人駅に、一人……










あっ……















7-700_0788_1281.jpg


向こうから電車が来たよ。

昼間でもライトを点けているんだな……











やがてホームに電車が止まり……


女の子が一人、降りて行った。




電車が出発していく……










また、静かな時間。






……
















ふと、電車が行った先を見ると……





8-700_0810_1283.jpg


田舎の風景の中に、まっすぐに伸びていく線路……



そうだよ……

この、ゆる~い雰囲気…………そして、この気持ちの良い風景が好きなんだ。




たまには、こんな時間を過ごすのも……いいよね。










ありがとうございました。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。