2015.08.04     カテゴリ:   

   静心なく花の散るらむ





ある日のこと。



あの花……もうそろそろ咲いている頃じゃないかな……

そう思って出掛けた。




……





咲いてた。




1-700_1026_1234.jpg


つい先日まで、ほとんど咲いてなかったのに……

咲き始めると早いのかな……











2-700_1028_1231.jpg


しかしまぁ、ジリジリと暑い日だ……

この花、だいぶ開いた状態だな……大きな葉っぱの陰で咲いてる。



ちょっとは涼しいかい?











3-700_1017_1230.jpg


枯れてるのもたくさんある。

いつも思うけど、花って本当に儚いもんだよね。






……
















そう……







はらはらと散っていく花びら……






700_1007 - コピー_1237








そして……










700_1029.jpg



それを受け止める、蓮の葉……






……



















700_1031 - コピー_1236



散りゆく花に、手を差し伸べ

そっと優しく受け止めているかのよう……







役割を終えた、その花を……



慈悲の心で……










ありがとうございました。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
写真て、ただ美しく写せばいいというもんじゃないんだね。
対象をとらえる当人の生き方が現れるんだね。・・・私も人の心をうつ画をかけるように頑張る気持ちになれた。素敵です。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
散りゆく花びらを見事なまでに
カメラに収められてますね!!

なかなか元気なお花とか綺麗な姿しか
写真ではみないけど
実際は枯れていくのですよね。
人と同じで(;^0^)

お花の一生が終える時
綺麗な最後を残してくれた。って
嬉しい言葉が聞こえてきそうですよ♪^^
今年、蓮を見逃してるんですよ~(><)
WILD BOOKERSさん

蓮の花の命は4日間です
その間 花は懸命に輝きを保ちます
雨の日も風の日も炎天下でも・・・

4日間の使命を終え散った花びらの表現が素敵です
一際最後のお写真
大きな蓮の葉の上にある花びら
その花びらにかかる一滴
芸術性の高い 気品ある作品となっています
もこさん こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

はい……今時のカメラ……シャッターを切るだけで
簡単に綺麗な写真が撮れますね。

そこでやはり、何を撮りたいか……
どんな思いを、見た人に伝えたいか……
そんなものが大切なのかと思います。
写真も画も一緒ですよね~~(^_^)

撮り手(書き手)の強い想いは、必ずその写真や画に、表れるものだと思います。
キーワードを思い浮かべるだけでも違うかしれませんね。
今回の記事は『儚さ』『花の命』……そんな感じでした。
(*^_^*)
桃咲マルクさん こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

蓮の花って、なかなか綺麗な状態のが無いというか、
形が崩れていたり、散ってしまっていたり……

生あるもの、必ず最後は……(^_^;)
蕾から始まり枯れるまで、それぞれ味わいがあります。
いろんな姿も楽しんで見ていけたらいいのかな……と思います。

花の一生は、あっという間ですね……
それに比べたら人間は長いですが、それでも時間が足りない感じ……(^_^;)
お料理(私はしませんが……汗)・ブログ・ゲーム(笑)・他いろいろ……やらなくちゃならないことがたくさんありますよね~~(爆)

ゲームって……ホント時間を取られるんだよね……
↑独り言(笑)……(・_・;)
ちょーみんさん こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

蓮の花は、午前中のなるべく早めがいいらしいですね。
午後になると、しぼんでしまうとか……

あと、咲いてるとことは少ないですかね……
あるとこにはあるんでしょうけど……(^_^;)
私が撮ったのは、お寺の池でした。
ここは毎年咲くんで、必ず撮りに来てます~
(*^_^*)
りらさん こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

蓮の花……4日間なんですか~~
朝から長くても午前中までしか咲いてないみたいですし、なかなか綺麗な状態で咲いているのを見るのは難しいかもしれませんね。

この日も、凄く暑くて花たちがかわいそうなくらいでした
蕾がある傍らで、枯れた花が寂しそうにあったり……
下には葉が大きく広がっていて
花びらを受け止めていました。

花でもなんでも、いろんなところに目を向けて撮るのが
大切かも……なんて今回思いました。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。