2014.05.11     カテゴリ:   

   母の日に思うこと

今日は母の日でしたね。


カーネーションは渡されましたか?
(でも、家庭の状況も様々ですよね……)


いくつになってもこんなのは照れ臭いものです。

ましてや面と向かって「いつもありがとう」なんて、言った記憶がないです(苦笑)
こんなセリフを言おうとしたら、絶対に噛む自信があります。

DSC_1398_131.jpg

花をあげるなんて、面倒くさく感じますが、
親がいるありがたみを、年を追うごとに感じるのも
これまた事実です。

ましてや自分が親になったらなおさら……



そして、あと何回カーネーションを渡せるのだろうか?なんて、ふと思ったり……
(一応、まだ元気ですが……)

DSC_1402_132.jpg

昔は、文句を言ったりしたこともありますが、
所詮は、親の手のひらの上で、キャンキャン叫んでいた
だけのような気がします。



生んで育ててもらい、こちらの思いを受け止めてくれた親という存在。

ここは何事も面倒くさがらずに、この親孝行できるという状況を
ありがたく受け止めていくべきなんだろう……と、思います。










でも最近うちの親、物忘れが……
電気もつけっぱなし…… いい加減に…… ゴホッ! ゲホッ…… ガハッ……

……

すみません……
つい興奮してしまいました。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
親の存在、ありがたいものですよね。
若い時に家を出て、ずっと離れて住んでいるので
親孝行も十分にできなかったなあと、このところ後悔気味です。
昨年はカーネーションをネットで贈ったのですが
今年は、ちょっと違ったのにしてみました。
電話したら、喜んでくれてたようでよかったです。(^^)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ジェイジェイさん、こんばんは。

親孝行したくても、離れて暮らしていると、もどかしい気持ちになるかも知れませんね。
でも、お母様が、お元気そうでなによりです。
親孝行ってどれだけしたつもりでも、これで十分したなんて気持ちにはならないんでしょうね。

でも親を思う気持ちが大切なのだと思いますし、
子供の気持ちって、親になんとなく伝わるものではないでしょうか。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。