2015.07.20     カテゴリ:  これ、なーんだ? 

   こんなところに文字が……




さて……


これ、御存知の方、おられますでしょうか。

この『物』自体は、誰でも必ず見たことあります。




早速いきます!

これはいったい、何でしょう~~~か?





1-700_0387.jpg


写真の真ん中を、よ~~く見てください……(@_@;)

青い横線(2本)が切れているところがありますね。

これ、カタカナの『ニ』……なのです。 ナニヌネノの『ニ』……(^_^;)




確認できましたでしょうか……


あ……赤い線は無視してくださいね。










では、次……






2-700_0385.jpg


同じく真ん中に文字があります。

青い小さな文字……

はい、これはカタカナの『ホ』ですね。





どうでしょう……

この時点で、分かった方おられますでしょうか?





……






あと、もう1枚あります。




3-700_0389.jpg


これ、ちょっとわかりにくいです……写真の真ん中ですが……

赤い線がまともに斜めに横切っています。

はい……この青い文字、カタカナの『ン』です。






順番に並べると『ニ』…『ホ』…『ン』


そう……『ニホン』です~~~




どうでしょうか?

ヒントはここまでです。


まぁ、文字は置いといて、この模様でわかった方……おられるような気がします……(^_^;)





それでは、答えの写真……いっていいでしょうか?








答えは……












これだっ!!!









7-700_0393.jpg


はい、1000円札でした~~~(^_^;)

正式に言うと、『日本銀行券』でございます~~~(笑)



日本の『お札』の、印刷や偽造防止の技術は、相当なものらしいですね。

他にも細かい文字があったりします。

肉眼では見えませんが……(^_^;)







では、これらの文字がどこにあるかというと……






4-700_0388.jpg


『ニ』は、ここ。

針の先っぽです……(^_^;)









5-700_0386.jpg


『ホ』は、ここ。










6-700_0390.jpg


『ン』は、ここ。

こんなのがあるって分かると、なんだか隅々まで見たくなってきます(笑)



あ……青い線が波打っていますが、それが『1000』という数字になってますね。







700_0393 - コピー_1205


野口英世です。

日本の細菌学者で、数々の実績がありますね。


相当、金遣いが荒かったそうですが、

まさか、お札の肖像になるなんて……なんというか……あはは……(^_^;)








アップで見ると……






8-700_0394.jpg


なんだかコワイです~~~

このグルグルの目を見てると、クラクラしてきそうです。

目から光線が出てるみたい……(笑)



この目で借金をお願いされたら、断れないかもしれません……(^_^;)








そういえば……


1000円札の裏の右上……『1000YEN』の文字の横に

桜の花の絵がありますが、この中にも『ニ』『ホ』『ン』があります。

興味がある方は、写真を撮ってアップで見てみてください(^_^;)

(肉眼では見えません……です)





ありがとうございました。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさん

1枚目
2枚目
3枚目
織物かと思いました
撮影アイディアがいいですね

4枚目
8枚目
1000円札
被写界深度の浅いお写真
極めて美しい描写です
りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

はい、アップで見ると複雑な模様でした。
織物にも見えますよね~~

インクの感じとかは立体感がありますね。
野口英世の顔も、あんな感じの線で構成されているのも新鮮でした。

『お札』ですし、結構ぼかした方がいいかなと思い
斜めのアングルから、絞りを開けて撮ってます。

あ……今回の写真は、全て三脚を使用しています。
(*^_^*)
はじめまして^^

1000円札にはいくつかミステリーがあります。
一番大きいのが、湖畔に写る富士山です。
よく見ると、山の形も、雪の積もり具合も、影の付き方も全然違います。
なぜなのでしょうね^^
へ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


全然、何か分からなかったのが
答えの写真出て分かった(笑)

すずめ四季さん、初めまして、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

『湖畔に写る富士山……』早速、見てみました。
ホ…ホントだ……(@_@;)ナンデダロ……

湖面に映っているので、水の揺らぎかと思ったんですが、やっぱり全然違いますね。
このほうが、偽造されにくい何かがあるんでしょうか……
今まで全く気が付かなかったです(笑)

こんな事を聞くと、はっきり分かるまで調べたくなってきますね~~(笑)
他のミステリーも聞きたくなってきます~
(*^_^*)
ちょーみんさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

最初の写真じゃ分からないですよね~~
あんなアップで、見たことも無いですし……(^_^;)

お札に関しては、いろんな技術が詰め込まれてますよね
細かい印刷や、反射すると浮かぶ文字や、他いろいろ……

そう簡単に、偽造されると大変ですもんね……

自分で書いた記事ですが、あらためて、お札をよく見るきっかけとなりました(笑)
(*^_^*)
その富士山を光りに透かして見てください^^

これ以上は危ないかもしれませんね^^
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すずめ四季さん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

見てみました~~(^_^)/
え~っと……野口英世の顔が見えました。
目……かな……富士山の真ん中に……

なんか……不気味な感じ……かも……(^_^;)
他には何か……う~~ん……

え?……『これ以上は危ない……』
そ…そうなんですか(・_・;)
あまり首を突っ込まない方が……


「ピンポーン♪」

おや、誰か来たようだ……
ちょっと、玄関見てきます……




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。