2015.06.12     カテゴリ:  薔薇 

   あぁ~愛しの……




皆様、こんにちは。



先日、撮った薔薇の写真が、まだたくさんありまして……(^_^;)



今年の薔薇の記事……


最初は、黄色の薔薇で書きました。

2回目は、暗がりに浮かぶ薔薇でした。


今回は、普通に撮ったものを、淡々といきま~~す(笑)





1-302_3730_1059.jpg


こんな、オサレ~~な感じに薔薇が似合いますね~









2-302_3724_1056.jpg


薔薇といえば、やっぱり赤!

定番中の定番ですっ!…… 私の中では……(^_^;)








歩いていると……




3-302_3802_1060.jpg


こんなのがありました。

水は、涼しげですね~~ (^_^) この日は暑かった……




……





そういえば……


私、薔薇の名前(品種)は今まで全く知らず……

どんな薔薇だろうが、私の中では『薔薇』というひとくくりだったのです(←笑)




しかし……


そんな私が、なんとなんと!……最近ひとつ、名前を覚えました~~~ \(^o^)/




見た瞬間、ビビッっときたんです。


あぁ~~愛しの…… ←―オッサンが言うと、キモッ……(;一_一)






ここへ来たらあるんじゃないかと思って、歩きながら探しました。



しかし……なかなか見当たらない。





と、思いながら歩いていた、その時……









あった―!!!










4-302_3764_1057.jpg


はい……『ピエール・ドゥ・ロンサール』で~~す♪


愛しのピエールが、ここで私を待っててくれました~~~(爆)






皆様、お詳しいので聞きますが……

これ『ピエール・ドゥ・ロンサール』で、合ってますよね? (^_^;)

この花の下に、ちゃんと名前書いた看板もあったし……

間違ってたら、この記事、台無し……(爆)











5-302_3593_1054.jpg


白からピンクへのグラデーションがたまりません。

ま、どっちかというと、奥に見える方の形が好きです (^_^;)








もうちょい、正面から……






6-302_3673_1055.jpg


淡い色が、なんともいえずいい感じ~~♪

この咲き方が『クォーター・ロゼット咲き』っていうんでしょうか……





……















では、ほかの薔薇も……




7-302_3790_1058.jpg


明るい太陽のもと、元気に咲いています。









8-302_3582_1053.jpg


眩しい~~~(^_^)

ふんわりピンクもいいですね~~♪












ありがとうございました。

皆様、良い週末を……(*^_^*)











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
WILD BOOKERSさん

1枚目
緑の小道の上にはパーゴラがあり 
今まさに満開を誇る薔薇がありますね
手前のパーゴラの上にある黄色系の薔薇
その背後にあるパーゴラにはピンクの薔薇
それを考慮され斜めアングルでの撮影
それが二色の薔薇のハーモニーを奏でています

2枚目
右手大輪の深紅の薔薇にフォーカス
白の東屋を背景暈けにすることにより
深紅の薔薇の色調が鮮やかさを増しています

3枚目
屋根がドーム型になっている噴水
素敵なデザインの噴水ですね
涼しさが伝わってきます

4枚目
フランス・ルネサンス期を代表する詩人
ピエール・ド・ロンサールにちなんで
名づけられた薔薇の花
一際美しいですよね

5枚目
三輪の薔薇の花
手前から満開の薔薇の花
すぐ背後 八分咲きの薔薇の花
奥は蕾から開花し始めたばかりです
開花状態の異なる 薔薇の花三輪
アングルを熟慮され撮影に及ばれています

6枚目
花弁が密集した花形の「ロゼット咲き」
中でも花の中央が四つに分かれたような開き方をする花
クォーターロゼット咲き
私もクォーターロゼット咲きが大好きです
美麗に描写されています

7枚目
晴天を思わせる水色を入れ込んでのお写真
薔薇の微笑みの言葉のごとくですね

8枚目
主役の薔薇も綺麗ですが・・・・
背景暈けにされた同じ色彩の薔薇と空の色が相まって
それは美しいお写真となっています
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ピエール・ドゥ・ロンサール、私も一時植えようか迷った時がありました、10年ほど前。薔薇の花はほんとに独特の雰囲気があって美しいですよね。特徴がとてもよくでてる写真ですね。
WILD BOOKERSさん こんにちは。
『ピエール・ドゥ・ロンサール』合ってますよ!きっと。
私も薔薇の種類には詳しくないのですが
これはすぐに覚えました。
本当に豪華な薔薇ですよねー。
晴天の日の薔薇は難しいのに綺麗にとられてますねーー♪
りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

この植物園、いろんな種類の薔薇が咲いていました。
改めて見てみると、それぞれ形や色に特徴がありますね~

はい、薔薇の中に白い東屋がありました。
赤の薔薇の背景に白い建物を入れてみました
薔薇の中でも、あの赤い薔薇はホント主役って感じ……

ピエール……白と淡いピンク……
花びらの形……惹かれます~~(^_^;)

薔薇を普通のアングルで撮ると暗い背景ばかりだったので
明るい空も背景にしてみました。
明るい背景だと、花が元気に見えます~
(*^_^*)
もこさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

『私も一時植えようか迷った……』そうですよね~
お気持ち凄くよくわかります~(^_^;)
私も家に植えたくなりました(笑)

なんでしょう……この魅力は……
私、今まで薔薇を見ても、『綺麗だね~』ぐらいだったんですが、このピエールにはビビッっときました(笑)
そんな自分にビックリ(^_^;)
んで、ネットで見たら、またビックリ……
凄く人気があるんですよね~~なんかわかります~♪

ピエールにかぎらずですが、薔薇ってホント存在感がありますね~
(*^_^*)
yusaさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

おぉ……ピエール、合ってますか~~(^_^)
よかったよかった……(^_^;)
薔薇って、品種によっては似たのがあったりするんで
ちょっと不安な気持ちもあったんです(笑)

そう……このピエール、一目見てハッとしました。
後からネットで見て、人気があるのが分かったんですが
凄くよくわかります~♪

陽射しが強いと、花や背景の明暗がハッキリしすぎたりしますね~、そして薔薇の場合は花びらが光に透けなかったり(笑)、少し曇っていた方が、光がフラットに薔薇に当たって良いかもしれないですね~
(*^_^*)
このバラ 人気があるのですよね
下から2番目 最高です
こんにちは。

薔薇づくしでうっとりです。
いい香りが漂ってくるようで。
見とれちゃいますね…。
mamanさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

はい、このピエール、大変人気があるようですね。
見た瞬間……何ともいえず、いい雰囲気を感じました。

白からピンクへのグラデーション
カップ咲き……っていうんでしょうか……この形……
すぐ、名前を調べました(笑)

下から2番目……青空をバックにした薔薇。
背景が明るいバラを撮りたかったのですが
なかなかいいアングルが無くて、空を見上げた次第です。
このピンクの薔薇は、結構みんな下を向いて咲いてくれてたので、見上げる感じでちょうどよかったです(笑)
(*^_^*)
ジョニママさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

この植物園、薔薇のスペースが結構とってあって
見ごたえがありました。

元々、ガラガラの植物園なのですが(笑)、この日は
他のお客さんが数人いました。

あのピエール(笑)……もっといろんなアングルから
たくさん撮りたかったんですが、通路から薔薇が
植えてあるスペースへ入って行くわけにもいかず……

ま、でも他の薔薇もたくさん撮れたんで良しとします~
(*^_^*)
あ~私も今日?昨日になるのかな(;^-^)
薔薇を撮ってきました!
だけど、アップばかり。それも明るいから、画面確認できずです(;;)

このピエール、探せばよかった。すごく可愛らしい花ですね。花びらがめちゃ詰まってますね( *´◡`)
名前がほんと素敵やわ(*・・*)ポッ

空の青い色と撮るのもいいですね!
あ・・・まだ画像確認してないわ。全部ピンボケかも。
私と同じで(笑)
桃咲マルクさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

お~~薔薇を撮られましたか~~♪
いや……花はやっぱりアップで撮りたくなるもんです。
でも、アップだとピントとか手ぶれとかがシビアになるんで、難しいですよね~~
私、ボツ写真を量産しております(笑)

そう……あぁ~~ピエールって感じ……(爆)
何でしょう……なんか惹かれます(笑)

天気がいいと青空を撮っても気持ちいいです。
でも、陽射しが強いとカメラの液晶画面が見えにくいので
家に帰って写真を見て……その出来にガックリしたりします(笑)
(*^_^*)
このコメントは管理人のみ閲覧できます




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。