2014.05.05     カテゴリ:  立山 

   雪の中の黒部ダム、そして慰霊碑……

今回は、黒部ダムのお話をしたいと思います。

富山には、『立山黒部アルペンルート』という
観光ルートがあり、黒部ダムもその中に含まれます。



黒部ダム……

富山県の東部、黒部川上流に建設されたダムで
高さ186mは、日本一を誇ります。

001-DSC_7569_103.jpg

写真の左手前が扇沢駅(長野県)方面で、右奥の方が黒部平駅(富山県)方面となります。




昔は、黒四(くろよん)ダムと呼ばれていました。
(ここは黒部川第四発電所であるため)

現在は、黒部ダムという名称になっています。


建設は困難を極め、作業員延べ人数は1,000万人で、
7年という月日をかけて完成に至っています。
(トンネル工事も大変だったようです)


そして、工事による犠牲者(殉職者)は171人……



ここであらためてルートを紹介しておきます。
(この写真、便利なんでまた使いました)

3_3981_061.jpg

富山市内からすると、頂上の向こう側となり、
長野県に近い位置になります。

冬季は閉鎖されますが、その前後の時期は雪が積もって
いるところを見ることができます。


雪が積もっている状態は、見たことが無い方が多いと思いますので、
冬はこんな状態になっているというのをお見せしたいとします。
(今回の写真は、コンデジやスマホで撮って、さらにトリミングをしていたりしますので、画質が少し悪いかも……)


まず、長野県側から来てダムに出たところです。

002-IMG_4498_108.jpg

湖面は、氷が張った状態でその上に雪が積もっています。


003-IMG_4510_110.jpg

黒部湖全体が真っ白です。



ちなみに秋はこんな感じ……

004-DSC_7512_101.jpg




ダムの中央まで来ました。

005-IMG_4507_109.jpg

こんな看板があります。


ダムを渡りきると、ケーブルカーに乗り(画像無し)黒部平へ行き、
そのあとはロープウェイに乗って大観峰へ行きます。

007-20130124_123115_107.jpg


黒部平から大観峰を見て見ると……

008-IMG_4526_113.jpg

ロープの先に大観峰が小さく見えます。


見てください。

このロープウェイ、支柱が一本もありません。
ワンスパン方式としては日本最長となっています。(1,710m)

ロープの長さは、一本1,800mで重さは30トンになるそうです。
どうやって運び、最初の一本はどうやって張ったのでしょうか?
気になるところですよね。



大観峰をアップで見てみると……

010-IMG_4531_114.jpg

もはや冗談かと思うようなところに建設されています。
そして、あの大観峰からトンネルを通って富山側に行くことができます。
(この場所も富山県ではありますが……)


それでは大観峰から、下を振り返って見てみましょう。

011-IMG_4534_115.jpg

小さく黒部平駅が見えます。
右の白い平らなところが黒部湖です。




……


さぁ、黒部ダムまで帰ってきました。


先ほども言いました通り、工事による犠牲者(殉職者)は171人となっています。

そしてダムには、その慰霊碑があるのです。

012-DSC_7473_100.jpg





この慰霊碑がどの場所にあるかというと……

013-DSC_7513_099_105.jpg

(傾いた写真でスミマセン)

写真の右のほうに見えます。
左にある出口が扇沢(長野県)方面です。


さて、この慰霊碑。
冬はどうなっていると思いますか?






それではお見せします。








どうぞ……







014-20130124_132649_104.jpg

右のほうに写っている、四角く黒い部分です。

そうです。
ちゃんと囲いを作って、風雪に晒され無いよう守ってあるのです。

慰霊碑とはいえ単なる銅像、というわけでは無いということなのでしょう。


これを見た時、殉職者に対する、人々の
感謝の気持ちを感じ、少し胸が熱くなりました。


そしてこれに限らずですが、何事も先人の努力があってこそ
今の私たちがいる、ということを強く思うのです。


(実際のところは、春先に雪を下ろすのが大変だからかもしれません。でもそれを言っちゃあ…… 苦笑)





最後に写真を2枚……

006-IMG_4519_111.jpg

氷筍(ひょうじゅん)です。

冬の間に、天井から滴り落ちた水滴が凍ってこんな状態になります。
(これは小さいですが…… 10㎝ぐらいでしょうか)
春、開通した直後は何本もあったりします。邪魔なものは撤去されると思いますが……





015--12℃ 雪の結晶_118

雪の結晶です。

サラサラの状態なので、数センチ積もっても
ホウキでサッサーっと掃くことができます。




このような立山関連の記事は、また機会があれば書いていこうと思っています。









大変長くなってしまいました。
最後まで、お読みいただき本当にありがとうございます。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
素晴らしい写真を見せていただきました。有難うございます。
世の中には素晴らしい写真が少なくないのですが、とことん知ってやろうみたいな徹底したブログは少数派のようです。
が、私はこういう掘り下げ派が好きなんです。
いろいろな写真で楽しませていただければ、有難い限りです。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
AzTakさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね~、立山関係の写真は世の中にたくさんあると思いますが、
また違った視点の写真もいいのではないかと思い書きました。

また今回の慰霊碑などは、それを見て自分がどう思うかが大切かなと、
感じた次第です。

また見に来ていただけると嬉しいです。
いやはや、黒部ダムや周辺の光景は素晴らしいですね!^^
特に冬場のダムやダム湖の光景は絶景ですね!
写真でも今回私は初めて見ましたよ^0^

ワンスパン方式のロープウェーww 
こんなに長いのは見てるだけで怖いなあw^^;

それにしても黒部ダム建設過程で171人もの犠牲者がいた
のは初めて知りました。そしてそれを今なお悼む光景も。

日本の土木工事の実力を世界に見せ付けるキッカケにも
なっただろう黒部ダム。いつか生きてるうちに一度現地で
見たいものですね^-^
(私の身内や親族は皆行ったことあるのに私だけが・・・^^;)
コマソンさん、いつもありがとうございます。

そうですね、一度実際に見ていただきたいです。
当然ですが写真よりも迫力があります。

犠牲者の件でいえば、今と違って昔の建築業界は
安全管理が杜撰だったのでしょう。
いや、安全管理なんて言葉もあったかどうか……

あと立山観光で大事なことは、
天候のいい日を選ぶことです。
(当たり前ですが、これが難しい……)

天候が悪いと、霧で視界がほとんど無く
景色がまったく見れないことも
あったりします。




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。