2015.05.05     カテゴリ:   

   無人駅で一人佇む




久しぶりに無人駅に来た。




こぢんまりとしている駅舎だ……




1-302_3289_1168.jpg


この場所……バス停も兼ねているようだ。







入口まで来た。





2-302_3293_1169.jpg


横を見ると蛇口がある。

もう何年も使われていないようだ……




……





引き戸を開けて中に入った。







3-302_3270_1180.jpg



ベンチに座布団が敷いてある。

しかも綺麗な座布団……


確か以前、他の無人駅にもこうして座布団が敷いてあった。

地元のおばあちゃんでも、置いてくれたんだろうか……




……







時刻表が貼ってある。





4-302_3269_1166.jpg


1時間に1本…… (両方向だと2本だけど……)

さすが富山のローカル線だ (^_^;) 長閑です……




……





ホームに出てみよう。






5-302_3281_1167.jpg


年月を感じるなぁ

最初は綺麗にペンキでも塗ってあったみたいだけど……



だいぶん剥げてるよ。




……





静かだ。


まったく電車がくる気配がない (^_^;)





風の音。

かすかに聞こえる鳥の声……










ホームを見ると……




6-302_3283_1181.jpg



所々欠けてる。





田舎の無人駅は良い……

この、時間が止まったかのような雰囲気が好きだ。






何気なく振りむき、反対の方向を見た……









続く……


最近こればっか……(^_^;)






ありがとうございました。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ちょっとちょっと、いい感じです! この侘しさ、なんとも言えません。東京のぴかぴかの駅より、ワタクシの好みです(^^)。
こんばんは、ご無沙汰いたしました。

古い無人駅には旅情や郷愁を覚えます。
都会の近代化の中で、私たちは多くのものを失った事
に気付かされますね。
無人駅に佇むと失われた記憶が甦るかもしれません。

チューリップの写真をよく見かけますが、似たり寄っ
たりですよね。WILD BOOKERSさんのチューリップ
はインパクトがあってハッとしました。
暗い中の赤いチューリップの群生は、灯篭流しの幻想
的なイメージで綺麗ですね。

単行本の表紙絵がWILD BOOKERSさんの手にかかると
新たないのちが吹き込まれ、立ち上がってきます。
お写真を通して、大いなる刺激を頂いております。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
もこさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

そうなんです。
田舎にある古い無人駅は、何とも言えない空気……雰囲気があります。

静かで、誰もいなくて……
どこを撮っても侘しさみたいなものを感じるんです。
この雰囲気を味わうと、癖になります(笑)

そうですね、この雰囲気は、お金をかけても
そうそう作れないかと思います(^_^;)
何十年という時間をかけて、やっと出来上がるものなのかもしれませんね~
(*^_^*)
コウコさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

こんな駅のホームを見ると
ドラマのワンシーンを見ているようでドキドキします。
誰か一人、ポツンと立っただけで、いろんなストーリーが
思い浮かぶような……(^_^)

チューリップは明るく楽しいイメージですが
そのままのイメージで撮りつつ、暗い表現の写真にも仕上げてみました。
ちょっと極端でしたけど、面白いですよね~

表紙絵は、あの画が魅力的なんで、
撮るだけって感じです(^_^;)
よく見ると、細かいところが面白かったりします。

写真……見た人が何かを感じてもらえる写真を撮りたいと、いつも思っています。
(*^_^*)
WILD BOOKERSさん

1枚目
無人駅
それは被写体として魅力的ですよね

2枚目
水道写真
その暈け感が非常に美しいです
この被写体をパンフォーカスしたとしたら・・・
あまり綺麗とは言えませんよね・・・
撮影者のセンスの良さを感じます

3枚目
駅舎にある座布団に・・・
地元の方のこの駅に対する愛情を感じます
りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

無人駅……相変わらず良い感じです(^_^;)
そこだけ周りとは違う世界のようです(笑)
中に入ると、時間が止まっているような感じ……

2枚目の水道写真は、言われる通りで
暈してるからこそ……ですね(^_^;)
例えば、暈さないで画になる写真にしたい時は
モノクロでコントラストを上げ、ザラっとした
仕上がりに……いわゆる『ラフモノクローム』
が良いでしょうか……

『ラフモノクローム』……これは、何を撮っても
画になる写真になると思います(笑)
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。