2015.04.22     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   たまには神社へ……




神社に来ました。


静かです……





まずは手水舎。



1-302_0936_956.jpg


参詣者が、手や口を漱ぎ清める所ですね。

いつも撮ってしまいます。



正しい作法がありますが、よく覚えておりません……(^_^;) イツモテキトー




……






狛犬がいました。



3-302_0956_954.jpg


狛犬は、左右で一対……『阿吽』を表しています。

これは、右側の『阿形(あぎょう)』……なので、口が開いていますね。






2-302_0957_955.jpg


こちらは、左側の『吽形(うんぎょう)』……なので、口を閉じています。





……






4-302_0942_957.jpg


本殿……注連縄が下がっています。

ん?……えらくささくれた感じ……


こういうのって、定期的に交換とかするんだと思いますが
最近(ここ数年?)、交換してないのでしょうか……




……






手前の左右には……



5-302_0941_952.jpg


吊灯篭が、ぶら下がっています。

こんなのも、いつも撮ってしまいます。




……





横手に建物(授与所)がありました。


行ってみましょう。



……





6-302_0943_953.jpg


おみくじです。

引いてみようかな……(・_・;)



いざ……




……













すみません……次回に続きます……m(__)m








ありがとうございました。

なんか……今回、えらく静かな記事だったような…… (^_^;)











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
WILD BOOKERSさん

1枚目
手水舎のお写真
龍神をよく捉えています
ご神水の流れも綺麗です
柄杓が一本もいいと思います
いつも撮ってしまいます・・・・
私も神社写真の時は必ず撮影しますが・・・
いつも思うように撮影出来ません
今回はアップ出来るかと思いましたが
WILD BOOKERSさんの完璧なお写真を拝見して・・
やはり アップするの止めます
それほど 神社の手水舎の魅力伝えています
背後の綺麗な暈けは玉砂利で造られたのですか・・・
お手数ですがお時間ある時教えて下さい

注連縄の描写も素晴らしいです
パンフォーカスされた4枚目
被写界深度を浅くした5枚目

横構図と縦構図の異なり
それぞれ 同じ注連縄でも魅力が異なります
勉強になりました
有難う御座います
このコメントは管理人のみ閲覧できます
桜とかの季節、家の近くの神社へ…

同じ様な物にシャッターきってます(笑)

りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

そう……手水舎、撮っちゃいますよね~
構図や絞りを変え、何枚も撮ります。
画になりやすそうで、実はそうでもない……
って感じですね、手水舎って。
難しいです(^_^;)

背景のボケは、普通の砂利だったかと思います。
しばらく前に撮ったので、赤茶けた葉っぱも
写っているのかと……

注連縄も神社によって、ずいぶん違いますね~
良い被写体です。
(いつも同じような写真ですけど……笑)
(*^_^*)
ちょーみんさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

ちょーみんさんも、神社を撮られましたか~
春になると、カメラを持って出掛けたくなりますし
神社なんかがあると、撮ってしまいます。

いつも似たような写真になってしまいますが
静かな雰囲気……凛とした空気を感じて
撮ってると楽しいものです。
(*^_^*)
これまで何回か神社のお写真を拝見しましたが、毎回
注連縄に垂れる紙垂の白の眩しさにハッとしました。

周囲の空気を清め、心も浄化される感覚です。
WILD BOOKERSさんの神社の描写の中で、最も心を
ひきつけられます。

手水舎の柄杓も真新しく木の香が伝わってきました。
コウコさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

そう言われれば、紙垂が綺麗ですね……
これこそ、結構交換してるんでしょうね~~
白い紙……すぐに汚れていきそうです(^_^;)

神社の何とも言えない空気が好きです。
木々に囲まれ、静かで澄んだ空気……
シャッター音だけが響きます。

手水舎もそうですが、神社は撮るところがたくさんあって楽しいですね。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。