2014.12.27     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   ある寺で見た物……




ある日、ふと訪れた寺……



大きな寺だ。



1-301_9344_699.jpg


高さも高くて……柱がまた凄い。


この柱、角柱でこの太さ……

しかも長いし……こんな材料を調達して……

さらに、そこら中の複雑な造作。



古い木造建築を見ると、いろんな面で感慨深い……





正面の階段を上っていくと






えっ?





なんだ、これ……








2-301_9289_697.jpg


怖い顔して、口を開けてる。


はぁ~ん、わかった!

ここに手を入れると、偽りの心がある者は手を噛み切られる……ってやつだ!

確か、映画『ローマの休日』に似たようなのが出ていた。



……







誰か早く突っ込んでください……

このままだと、いつまでもボケてしまいます。



……




これは


3-301_9302_698.jpg


香炉ですね。 (大香炉って言っていいのかは、わかりません)

上を向いて、ず~っと口を開けてる (きっと疲れてるよね……)


……


ど~でもいいが……先日、歯医者へ行ったのを思い出した……




しかし、怖い顔してるなぁ



でも、もっと怖くしてみようか……





それっ!







4-301_9302_700.jpg


ヒィィ~~~怖い~~~

この怖い顔にも、何かしらの意味があるんだろうか……



……




さ、他も見てみようか。


背を向けて歩きだす。






ふと振り返ると……






5-301_9331_696.jpg


まだ口開けてる……

誰もいない時ぐらいは、口を閉じて休憩してもらいたい……



ホント、お疲れ様です。









ありがとうございました。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさん、こんばんはー☆
クリスマスの紅葉みましたよ!素敵でしたぁ!
私はですね。個人的に苔がびっしりの幹のお写真に惹かれました^ ^
そして、今回の歯医者さん…。笑
こわい顔でも歯医者さんで治療がんばってるんですね。。
もう、完全に歯の治療をしてる風景にしか
見えなくなってしまいましたよー。笑
見た瞬間に賽銭箱と思った自分です(笑)
そしてローマの休日にそうだよねと納得したら
香炉だったんですね(爆)

歯医者は僕も泣かされた経験ありです・・・
ウひゃあ
怖っ!
歯がない…
なんだあ 香炉ね ホッ…。
だけどこんなに開けっ放しなら色々入りそうですよ。
ローマの休日、歯医者さん、
意外にシュールな…
WILDさんの世界全開!
お疲れさまあ〜
あはは♪と大口開けて笑ってしまいました。
WILDさんお茶目ですね!
歯医者の連想がウケました。プッ

でもこのお寺アジがありますね(あ、お魚連想しないようにね]由緒ある有名なところですか?
あ~顎がはずれそうです!

前回の紅葉も素晴らしかったです♪
こんにちは🎵
おお!確かに怖い( ゚Д゚)
香炉ですか。
私なら間違ってお賽銭入れちゃいそうです(笑)
何時も訪問ありがとうございます。
今回はユニークな捉え方で、面白く見させていたd来ました。
私1月7日まで休みますが、ブログ再開の時はよろしくお願いいたします。
新しき年には良きことが多かれと祈念しています。
mae。さん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

紅葉写真、見ていただいてありがとうございます。
苔の幹ですね~、あまり葉っぱばかりもどうかと思って撮りました。
今年は紅葉をたくさん撮って楽しかったです♪

香炉……あんなデザインは、初めて見ました(笑)
ニッコリ笑顔じゃダメなんでしょうかね~
魔除けや厄払い的な意味があって、怖い顔なのかもしれません(^_^;)

見ていると……そういえば、こないだ歯医者行ったな……って(笑)
口開けてるのって疲れるんですよね~
(*^_^*)
桃内さん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

あはは~賽銭箱ですか~
そのようにも見えますね~(^_^)

『ローマの休日』って、ボケてみました(汗)
なんか、あっさり『香炉』って言ったら、面白くないんじゃないかと思って……(笑)
私の記事、こんな感じでちょっとふざけたものが多いかもしれません(^_^;)

歯医者って良し悪しありますね~
痛くない治療で、しっかり治してくれるところが良いです。
(綺麗なおねーさんがいれば、なお良しです)
(*^_^*)
carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

そうそう……口、開けっぱなし……
確かに何でも入ってしまいそうですね~(笑)

『ローマの休日、歯医者さん』……
記事を書いていると、いろいろ言葉が思い浮かんでしまって、いつもふざけた感じになっちゃいます(爆)

でも最近、以前ほど言葉が出てこないような……
スランプかもしれません(笑)
(*^_^*)
miyakoさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

ず~っと上を向いて、口を開けてるもんだから、つい先日行った歯医者を思い浮かべてしまいました(笑)

この寺は、富山県高岡市にある『勝興寺』という寺で重要文化財らしいです。
でも、あまり有名じゃないかも……
私が知らないだけかもしれませんが……(汗)

前回の紅葉も見ていただきありがとうございます。
四季があって……その季節らしい写真を撮るのは楽しいですね♪
(*^_^*)
55スマイルさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

はい、やたら怖い顔をしていますよね(@_@;)

そうです……香炉なんです……
でも、思わず財布を出しそうになりますよね~(笑)

ん?……でも、お賽銭入れるところあったかな……
記憶がありません(笑)

今度行くことがあれば、ちゃんと見てこようと思います(笑)
(*^_^*)
さゆうさん、こんにちは。
コメントありがとうございま~す♪

こちらこそ、いつもありがとうございます。
せっかくこんな香炉なので、このような記事にしました(笑)

『私1月7日まで……』……承知しました~
こちらこそ、来年も良い年になる事を願いつつ……宜しくお願い致します。
m(__)m
こんばんは☆
怖い!!絶対に怖い!!
でも最後の画像を見て…
「寒いのに口を開け続けていて辛いね~ご苦労様」っと
なでてあげたくなりました(笑
yurusaさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

そうですよ~怖いんですよ~(笑)
何もこんな怖い顔しなくたって……
なんか、ずっと口を開けているのを見ているこっちが疲れてきそうです。

でも、しばらく見ていると見慣れてきて、yurusaさんと同じ気持ちになりました(笑)
出掛けてみると、面白いものって、たくさんありますよね~
(*^_^*)
わたくしきれいなおねえさんがいなかったら絶対に通いませんでした(笑)
でもなんで歯医者って受付や助手にきれいな子が多いんでしょう?
このような古刹の本堂を拝見しますと、咄嗟に言葉が
出てきません。
数十本の太い柱、高度な匠の技、そして歴史的背景を
想うと凄いですね。
獅子の石灯篭は何処でも見かけますが香炉は初めてで
楽しく拝読いたしました。
由緒あるお寺さんにも、お参りしたくなりました。

紅葉を満喫させて頂き、有難うございました。
桃内さん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

そうですね~(笑)
綺麗に見えるのは、制服の影響もありますかね~
あ……あと、マスクをしているとか……

あ、わかった……医者も商売なので
先生が綺麗な子を採用している……これだ!

……

失礼しました……
(・_・;)
コウコさん、こんばんは。
コメントありがとうございま~す♪

昔の建築技術って、どうだったんだろう……なんて思います。
現代みたいな、足場や重機があるわけもなく……
一つ寸法を出すだけでも、パソコンや電卓……今みたいなスケールも無かったでしょうに……

昔の職人さんには字も読めない人がいたりするので、合わせなければならない断面同士に同じ絵が書いてあったりしたというのを聞いたことがあります。
(神経衰弱みたいですね……)

そんなことを考えながら見ると、感慨深いものがあります。

今年は紅葉もたくさん撮って楽しかったです。
来年も、楽しく撮っていければ……と思います。
(*^_^*)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
高床式の堂宇なんですね。ずいぶん長い歴史を持ちそうな感じです。何処のなんというお寺さんかは存じませんが由緒正しそうです。
コメントを見たら、『富山県高岡市にある『勝興寺』という寺で重要文化財…』と書かれてありましたね。高岡出身の知人に聞いてみようかな。
AzTakさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

高岡市にお知り合いの方がいらっしゃるんですね~
私は、富山市在住でして、このお寺は知りませんでした。
(勉強不足かも……)

でも、高岡にお住まいの方なら、きっとご存知なのではないでしょうか……
目の前に立つと、高さもあって迫力のある寺でした。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。