2014.11.27     カテゴリ:  立山 

   立山……大観峰……そして、感動!【最終回】



皆様、こんにちは~♪

立山のお話、とうとう『最終回』……です。




さて……時間も無くなってまいりました。

名残を惜しみつつ……



それではスタートです。



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬




前回は、夕日と雲海を見ていましたが


下に目線を移すと……



遠くに弥陀ヶ原高原が見えます。



39-IMG_5301_856.jpg


だんだん雲が迫って、飲み込まれていきそうです。


あんなにハッキリした雲が迫ってきたら、怖いですよね……




……





気温はもう氷点下……





40-IMG_5348_857.jpg


水が溜まっているところは、もう氷が張っています。


風も吹いているので、さっきから指がかじかんで、もう……




……






もうそろそろ、この雲海ともお別れです。






41-IMG_5310_858.jpg


名残惜しいですが、仕方がありません……






……






先ほどから夕日の方ばかりを見てきましたが


最後に、違う方向も見ていきましょう。





少し視線を右へ……







42-IMG_5313_859.jpg


あぁ……こんな景色があるなんて……


素晴らしいオレンジ色の空

どこどこまでも続く雲海……



この雲の上を歩いて行ってみたい……





……







さらに右の方を……










おぉ~~~










43-IMG_5275_860.jpg


こ…これは……現実の世界か?……もうこの世とは思えないほど……

まるでこの世界に、私一人きりのような気がします。




…………





……













あ……放心してました……






……





さて、もう本当に時間がありません。
(下のゲートが閉まっちゃうんだよ……)



山を下りていきましょう……出発です……





……






下りていく道中……




え?





あ、あれは!!!








44-IMG_5324_861.jpg



沈みゆく夕日の上に、赤い光の柱が……




……





もしかして……




45-IMG_5326_862.jpg


これが『太陽柱』か……

(違っていたら、すみません……)



凄い……



なんか……感動……





……





縦構図でも撮っておこう。




46-IMG_5327_855.jpg


夕日・雲海・太陽柱……

どこどこまでも魅せてくれる……



ありがとう……立山。





また来るよ……




……






おしまい m(__)m



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬



全5回にわたり、お送りしてきました、立山のお話……

ちょっと(大分?)長かったかと思いますが、

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。



山は危険が伴うこともありますが、

気を付けて、安全に山と接していけると、本当に良いものだと思います。




出来るだけ環境に気を配った設備があり……

遊歩道以外の立ち入り禁止区域には、誰も入っていませんし…… (当然ですが……)

ゴミも、私が見た限り落ちていません。



観光客の皆様が、マナーを守って立山と接してくれている気がします。




今回の記事をご覧になって、立山に興味を持ち、

いつか機会を作って、観光に来られるきっかけにでもなれば

とても嬉しく思います。



本当に本当にありがとうございました m(__)m



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬




さて、次回からはいつものブログに戻りたいと思います……が……

土日は外出する予定なので、皆様のブログへの訪問や
コメントをいただけた場合、それに対する返信が、遅れるかもしれません。
(記事は予約投稿しようと思っています)

今後とも宜しく御願い致します。













トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
WILD BOOKERSさーん こんにちは♪
すごい、って言葉で終わらせたくないんですけど
すごい意外の言葉が見つからなくて…笑
オレンジ色の光が景色をさらにドラマチックに盛り上げてくれますが
この日のWILD BOOKERSさんは「持って」ますよね!

こんなに感動に出会える日ってそうそうないと思います。
お写真を見ている私もホントに感動的でした。
立山案内、ありがとうございましたー♪
素晴らしい…

言葉を失いました。
実際に目の前にこの光景が広がっていたら…
WILDさんの心境、いかばかりかと…
それはそれは…
表現出来ませんが感動が伝わって来ます。

太陽塔と言う現象も初めて知りました。
素晴らしい写真をありがとうございます。
まさかこんな光景をこうしてみられるなんて!
WILDさんのお陰です。
行かなければ目にする事など出来ない世界を見る事が出来ました。
ありがとうございました。

この場を立ち去りたくないですね☆

WILD BOOKERSさん(*´ェ`*) ノ
こんばんは☆
ぬわんと!凄すぎる世界で、おくちが ポカーン。。と
してしまいますよー!!!
っていうコメントを早くしたかったんです!!笑
ちょっと反応が遅くなりましたっ(;ω;)
雲海…。素晴らしいですね。。
こんなときに一眼を持ってない悔しさ…自分のことのように
伝わってきます。笑
でもでも!十分に素敵です!!うらやましいー。
WILDさんの日頃の行いが良いから
この景色に巡り合わせてくれてるのですね、きっと☆
お仕事に同行して、立山観光♪楽しかったです〜(*´ェ`*)
立山、いつか行ってみたいです。
WILD BOOKERSさん、こんばんは。

立山の、夕日と雲海と太陽柱の雄大な景観には、息を
呑みました。感動!感動!のフィナーレです。
冬の大気と冷気が最大限の色彩を醸し出しているので
しょうか。

太陽柱はさまざまなイメージを掻き立てます。
仏教の阿弥陀如来、キリストの昇天そしてアニミズム
の古代人にとっては太陽神・・・
恐らく人類の祖先は、この超現実の世界を垣間見て
いるのではないでしょうか、私はそう思いました。

大自然の懐にあって、人もまた小さな自然です。
大自然の荘厳さに触れ、祖先が抱いた精神を忘れては
ならないと、立山の最終章を拝見して思った次第です。
有難うございました。
yusaさん、こんばんは~
コメントありがとうございます。

自分の想像を、はるかに超える物を目の当たりにすると、もう言葉が出てきませんでした。
ただただ、ぼぉ~っと見ていました(笑)
オレンジの空、その色に染まる雲……
自然の作り出す景色は、本当に凄いものだと感心しました。

この風景を見て、運を使い果たしたかもしれないです(笑)
宝くじも期待できそうにありません(・_・;)

ま、ともかく良い日でした(汗……)
長い記事でしたが最後まで見ていただいてありがとうございました~
(*^_^*)
carmencさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

その時はもう、ただただあっけにとられて……
圧倒的な迫力に呆然としていました。

これはもう皆様に見ていただくしかないと思い、夢中でシャッターを切りました。
そして、それならいっそのこと、山に行くところからの記事にしようと思い、全5回の記事となった次第です(笑)

最後の方は、もう帰りたくなくて……(笑)
もうちょっと……でも時間が……でも見ていたい……でも……って感じでした(笑)
最後まで記事を見ていただいてありがとうございました。
(*^_^*)
mae。さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私もその時は、多分口を開けたままだっだと思います(笑)
呆然として「あ……あぁ………」って感じでした。

撮りたい時に、一眼レフが無いってことありますよね~
「ベストショットはいつも携帯……」なんて言葉もあります(笑)
でも今回は、コンデジを持っていて本当によかったと思いました。
(スマホとコンデジでは、違いますもんね~)

日頃の行いは、あまり良くないワタクシでありますが(笑)
今回は、本当にラッキーでした。

はい、機会があればぜひ来て見ていただきたいと思います。
最後まで記事を見ていただきありがとうございました~
(*^_^*)
コウコさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

最後の太陽柱は、出来過ぎのような感じもありますが、今回は本当にラッキーだったと思います。

雲海でもう十分凄かったのですが、最後あの太陽柱(初めて見ました……)で完全にやられました(笑)

もう何というか……神々しさを感じ……
コウコさんの言われるように、もう神様のような存在……パワー……そんなイメージを受けました。
昔の人は、このような景色を見て、何を感じたのでしょうか……

この景色を見ていると、細かいことは置いといて……もっとこう……何か大切なモノがあるのではないかと、そう思いました(^_^;)
最後まで立山の記事を見ていただきありがとうございました。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。