2014.11.19     カテゴリ:  立山 

   立山……大観峰……そして、感動!【その1】



皆様、こんにちは。


久しぶりの立山ネタです。



枚数が多いので、全5回の記事となりそうです (予定)
しばらく、このブログの雰囲気が変わるかと思いますが
宜しく御願い致します。



それではスタートです。



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬



立山黒部アルペンルートです。


IMG_3981_075.jpg


富山から、立山頂上直下を通り、長野県まで抜けて行けます。



今回のお話は、富山市側から上り
大観峰まで行って帰ってくる行程となります。




今回、プライベートではないので、
一眼レフを持って行けませんでした。


なので、コンデジでの撮影となります。



コンデジはこれ……




01-301_4241_605_816.jpg


CANONの『G10』です。

普段は一眼レフばかり使っているので
久しぶりの出動となります。



頼んだぞ……G10……

(ちゃんと動いてくれよ……)



では出発~~♪



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬




まず、立山駅近くの道路ですが……





野生の猿が登場です。
(たま~に出ます)





02-IMG_5006_817.jpg


たくさんいますね~

道路の真ん中でも、ゆったりと歩きます。

遠慮などありゃしません(笑)



逆に煙たそうに、こちらを見ます……(^_^メ)







あ……子猿が……



03-IMG_5007_818.jpg


親にしっかりとしがみついています。

これから厳しい冬が来ますが
寒さ……餌……大変だと思います。


野生の生き物って、強いですよね……





さて、立山有料道路に入ります。
(マイカーは通行禁止となります)

終点の室堂まで行きましょう。







この道路沿いには、樹齢数百年という杉の木が、たくさんあります。




04-DSC_9890_606_819.jpg


迫力がありますね~

直径は、1m以上あるでしょうか……



幹の途中から出ている枝……

枝なんてカワイイもんじゃありません。

まともな樹木が生えているみたい……








これも凄い~



05-IMG_5354_820.jpg


数百年前に根元まで割れて、そのまま成長したのか……

この根元の直径も、1mは優に超えています。






さて、この木を見てください。



枝が下のほうを向いています。


06-IMG_5351_826.jpg

折れている訳ではありません。

毎年の雪の重みで、下へ向いて成長するようです。


このような木はたくさんあります。



……




もう紅葉の時期は終わっていますが


9月の終わりごろに撮った写真があります。




紅葉をどうぞ……






07-IMG_5014_821.jpg


こんな感じです。

あまり派手な色づきかたではないですね。







シャッタースピードを遅くしてみたり……






08-IMG_5022_822.jpg


あ……大したスピードは出てないです(^_^;)

この日は、いい天気でした。



……




そうこうしてると……



室堂に到着です。



09-IMG_5161_823.jpg


山はもう雪化粧です。


寒いけど気持ちがいい……

すっきりと……そして風の音……



……





では、室堂ターミナルの中へ入りましょう。


この時期(11月中旬)は、観光客も少なくなっています。


10-IMG_5330_824.jpg


団体客が到着すると、一気に人でいっぱいになります。

この日は中国からの団体客が来ていました。




……




外に出る時は屋上から出るのですが


階段を登る途中に山岳情報が書いてあります。


11-IMG_5341_825.jpg


山に登る人は、しっかり見ておきましょう。



……



そして、写真は撮りませんでしたが

この横には行方不明者の情報が張ってあります。


本人の写真・氏名・行方が分からなくなった場所・時期……

こんなのを見ると、山の厳しさ……現実を痛感します。



山を登られる方は、気を付けましょうね。





……







さて……


この後はトンネルとなります。

トロリーバスで頂上の真下を通り、大観峰へ向かいます。



12-IMG_5162_827.jpg


それでは、行きましょう♪



続く……






ありがとうございました。
次回も、どうぞ宜しく御願いいたします。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/20 09:15)

富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
G10ならコンデジとは言え…(*^^*)

自分が行ったとき、中国人ばかりで、ここはどこの国かと思いました(^_^;)

行きたいなぁ~~~

写真楽しみにしています♪

ちょーみんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうなんですよ……最近の立山は、中国からの団体客が凄く多いんです。
日本語よりも、中国の言葉が飛び交っています。
海外からの観光客誘致に、力が入っているようです。

山は本当に気持ちいいですよね~
立山の記事、全5回になるかと思いますが、また見ていただけたら嬉しいです。
(*^_^*)
こんにちは♪
立山黒部アルペンルート、
すごいですね。
野生の猿もいて...
紅葉もきれい

5回のレポートですね。
楽しみです(^-^)
WILDさん、こんにちは☆
おもしろーい!
なんか、良いですね〜。
一緒に観光してる気分になります(*´ェ`*)
プライベートではない。と いうことは
お仕事でしょうか? お疲れさまですー。
プライベートではない時って、時折 迷いますよね。
一眼を持ってくか否か。。。
友人との約束や、職場のハードな旅行のとき、
私の場合、すんごく迷います。
頑張って持っていって、結局 出番ナシ。ということも多いです。笑
5回シリーズということで♪ 楽しみにしてまーす!
ハーモニーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

立山はルート全体を通して、バス・ロープウェイ・ケーブル・ダムなど、内容が単調にならず、見どころが結構あるかと思います。
(あ……今回は大観峰までですが……汗)

普通見ない所や、見れないような写真もありますので、期待を裏切らない記事にしたいと思っています。
次回からも宜しく御願いします。
(*^_^*)
mae。さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私もブログを見てくれる皆様と、一緒に行動しているつもりで書いています~

そう、仕事なんです。 たまに行く機会があって……
一眼を持っていくかどうか迷いました~
荷物になるし、撮る時間的余裕もあるかとか……
今回は、コンデジと判断しましたが、結局後悔するシーンが……(涙)

持って行って出番なしって、私もありますよ~
ただ重たいカメラバッグを担いで、そのまま帰ってくる。
いい運動です……(^_^;)
次回からも宜しく御願いします。
(*^_^*)
WILD BOOKERSさーん こんばんは。
カメラが変わってもやはりWILD BOOKERSさんのお写真ですね。
何を撮ってもいい感じだし楽しいです。
枝が下を向く理由はそうだったのですね!
そう言えば雪国ではこんな感じの木も多いような。
勉強になりましたわー♪

お仕事なんですか?
大変でしたね!お疲れさまです!
感動してます。
立山連峰を見れるなんて!しかも行ってるみたいで!
樹木の肌のゴツゴツ感や割れて成長してたり
どれもスゴい☆
枝が下向いてるし〜 これもビックリ!
立山にも猿がいるんですね♪
お腹にしがみついている… やさしい視線ですね。
トンネルもぐって行くなんて考えても見ませんでした。
なんか近未来的な感じ〜
目をまん丸にして見ましたよ。
これから楽しみで〜す♪

yusaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回、コンデジで撮ってみて思ったのですが、レポートのような内容の記事だと、どう撮っても被写界深度の浅いコンデジが用途に合っているような気もしました~(笑)

枝が下を向いている木はたくさんあって、もっとわかりやすく凄い木もあるのですが、結構撮り逃してしまいました(涙)

ええ……仕事だったんです。
なので限られた時間の中で
パシャ・パシャ・パシャ・パシャ……(笑)
仕事してんのか(^_^;)……って感じです。
(*^_^*)
(あ……ちゃんとしてます……仕事……)
carmencさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

立山は行ってみると、結構見るものがあって面白いです。
立山杉もまだまだ凄い木がたくさんあります。
(もっと撮ってこればよかった……涙)

猿、可愛いですよね♪……まぁでも野生の動物なので、車から窓も開けずに見ています。
子供の猿は、親の背中にもしがみついていたりします~(笑)

そう、トンネルなんですよ~
工事が大変だったと思います。

次回も宜しくお願いします~。
(*^_^*)
こんばんわ^^
立山黒部アルペンルートの長編シリーズの始まり
ですかいな~!♪^0^y

私はいつの日か辿りたいと若い頃から夢見つつも
未だ一度も叶わずの夢のルートです^^
(私の一族は私以外皆行ったことあるんですよ><)

富山側は立山駅や宇奈月温泉までなら行ったこと
ありますけども^m^;;

あの道の猿たちは日光の猿よりも手強そうですねえww
樹齢数百年!歴史の証人者ですねえ!
凄いもんです^^y

いやあ~2回目以降が楽しみですよほんと^o^v
コマソンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

はい、ちょっと長い記事になっちゃいそうです。
ぜひ、一度立山に来て頂上まで登っていただきたいです~
夏なんかは、涼しくて凄く気持ちいいですよ♪

宇奈月温泉……小さな温泉街で、ローカルな感じがいいですね。
秋だとトロッコ電車に乗って紅葉を楽しめます。

猿はたまに遭遇します。
でも野生の動物は怖いので、窓も絶対開けずに、車の中からガラス越しに見ています(笑)

次回もお時間がある時にでも、見ていただけたら嬉しいです。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。