2014.10.08     カテゴリ:  彼岸花 

   彼岸花の一日



日々、過ごしていると、

楽しい日……つらい日……いろいろあって

何事も上手くいく日もあり……上手くいかない日も、あったり……



でも……

それに関係なく陽は昇り……陽は沈みます……



……



ある彼岸花の一日……


……


朝です。


清々しい良い天気……

朝の空気って、本当に気持ちいい♪


1-301_8348_489.jpg


朝は空気に透明感を感じます。




……




午後になると……


2-301_8359_490.jpg


やわらかな日差しです♪




……






夕暮れが近づいてきました。


3-301_8349_491.jpg


なんだか……お釈迦様でも出てきそう……




……









そして夜……




















4-301_8335_492.jpg


情念の炎……


こ…怖い……



彼岸花……いろんな一面を魅せてくれます。




ありがとうございました。












トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
陽が沈み落ちる頃の光景は美しく好きでしたが
ある頃から涙が溢れ出るようになりました。
朝の清々しさはいいですね♪

最後の情念の世界… 凄いですね。
真紅の彼岸花、というより曼珠沙華…
深夜寝静まった頃、妖し気に花開く…
って感じで…
黒を背景にした草花の写真だけのカレンダーがあって、
好きで今でも捨てられないでとってあります。
carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

天気のいい朝は、気持ちが良いですね。
空気もひんやりとして、澄んでいる感じです。

最後の写真は、確かに曼珠沙華といった方が似合っているような気がします。
そう、夜になると妖しげに変貌したりして……(笑)

黒をバックにした花は、すごく映えて見えるので魅力的ですよね~
(*^_^*)
こんにちは🎵
わぁ、同じ花でも一日の間に色んな表情があるんですね。
朝昼晩と、撮影に行かれたんですか?
簡単に見せていただいちゃって何だか申し訳ないですね。
素敵な写真をありがとうございました(*^_^*)
こんばんは~~♪
彼岸花がこんなにも表情を替えるというのは・・・
とっても素敵なお写真ですね。
心に染み入りました。
55スマイルさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

少し時間を変えて撮っていますが、色味は後調整で強調したりしてあります(汗)
撮るときには、背景の色を考えて撮ったり……でしょうか。

彼岸花もいろいろな撮り方をしてみると、中々面白い花という印象です。
明るくても暗くても、様々な条件で画になる花だと思います。
(*^_^*)
りんださん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

彼岸花は、暗い所に深紅の花というイメージだったのですが、明るい日差しの中でも、とてもいい雰囲気の花でした。

形も複雑で、大変魅力がある花だと思います~。
(*^_^*)
普段何気なく見る彼岸花もこうやってみると可憐で
意思を持った味のある花って感じですねえ^^

情念の炎……ww
彼岸花がいろんな一面を魅せてくれるというより
WILDさんの巧みなテクニックがいろいろ魅せて
くれてる感じがするかなあ^o^y
コマソンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

彼岸花……明るく撮ると華やか・賑やかで、暗く撮ると途端に妖しげな感じ……(笑)
形もなんだか凄味があるので、本当に面白い花です。

『WILDさんの巧みな……』……いえいえ、私は彼岸花の発散している雰囲気を、ちょいとお手伝いしている感じです~
(*^_^*)
表情豊かな彼岸花ですね。朝、昼、夕、夜と・・・
どれも美しいです。
彼岸花は大女優のようですね。

ほんとうは、咲くことのみに専念しているのでしょが
人の心象を写す花かもしれませんね。
コウコさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

あぁ、そうですよね~、見る人の気持ち(精神状態?)によって花の見え方って変わるかもしれませんね。
その点で言えば、この彼岸花……より顕著かもしれません(笑)
この派手な形……明るく元気な感じもあり、妖しさもあり……こんな花はあまり無いような気がします。
(*^_^*)




プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。