全1ページ

2017.06.27     カテゴリ:  東京 

   岡本太郎記念館【その1】



こんにちは。
前回の『靖国神社』の記事を見ていただき、ありがとうございました。
いただいた拍手コメントに、お返事をさせていただこうかとブログ訪問したりしていたのですが、
コメント欄が見当たらない場合もありましたので(私が見落としていたらスミマセン(>_<))、この場でお礼申し上げます。
ありがとうございました m(_ _)m

✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀




それでは東京編、続きであります。






とある路地を歩いていると……





1-701_1259.jpg


南国のような葉っぱや木がある (@_@;)
そして、緑が塀から這い出てきてるよ……これは、ただならぬ雰囲気だ…… ( ̄へ ̄;)



しかし、家の形も変わってんな~~……ん?あそこに何かの模様があるぞ……











2-701_1254.jpg


これは『顔』?……ギョロッとした『目』に見える。
なんだか、力強いぞ…………うん、パワーが溢れてくるような感じだ。

下に赤いアルファベットで『TA…』、その下の文字は……う~ん、葉っぱに隠れて見えないな。










さて、ここがどこかといいますと……







3-701_1361.jpg


はい、『岡本太郎記念館』です。 (東京都港区南青山にあります)


どんなところかというと、

ここ岡本太郎記念館は、1996年、八十四歳で亡くなるまで、岡本太郎のアトリエ兼住居だった。
1954年から五十年近くも彼が生活した空間である。
絵を描き、原稿を口述し、彫刻と格闘し、人と会い、万国博の太陽の塔をはじめ巨大なモニュメントや壁画など、
あらゆる作品の構想を練り、制作した場所。
彼のエネルギーが今も満ち満ちている。

岡本太郎記念館ホームページより抜粋



あの岡本太郎のアトリエ兼住居……ここに住み、創作活動をしていたところ……
そして、そのアトリエもそのままにしてあり、見ることが出来るらしいのです。


う~~む……これはワクワクしてきますね~~ヽ(≧∀≦)ノ









4-701_1257.jpg


道路から見ると、こんな通路になっていまして、
まっすぐに行った突き当たりのドアが入り口です。

この通路は、外壁全体にミラーガラス……かな?……が、嵌っています。
昼間は、外から見るとミラーに見えて、中から見ると外は普通に見えます。

でも、透過率が高めのミラーガラスのようなので、外から中が少し透けて見えます。



この通路の右側には庭があり、いろんな作品が並べれているのですが、
『庭内は館内にて入場券をお求めになってからご見学ください』とのことなので、後から見ることにします。








そして左側のドア……そこの中には……




5-701_1351.jpg


カフェがあります。










6-701_1350.jpg


ここは外壁がガラス張りなので、庭に置いてある作品をガラス越しに見ながら、
珈琲や紅茶……ケーキ類をいただくことができます。


店内には女子のグループがおられました。
こんなカフェには女子がお似合いですね~~(^_^)


あ、カフェのみの利用の場合は入館料は不要のようです (^_^;)




では、正面の入り口へ向かいましょう~♪




……










あっ、ガラスに……よ~~し!


パシャッ (←シャッター音)











7-701_1356.jpg


一枚、記念に撮っておきました。

通路に丸いテーブルが写っておりますが、
カフェで注文したものを、そこでいただくこともできるようです。







それでは……




8-701_1349.jpg


これより中に入りたいと思います。










続く…… m(_ _)m

2017.06.23     カテゴリ:  東京 

   靖国の空




『靖国神社』
・九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。
・元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名靖國神社に改称された。
・国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する。
Wikipediaより抜粋


……



6月の上旬、東京に行く機会がありました。

東京……行きたいところはたくさんあるのですが、
その中の一つ、『靖国神社』に今回ようやく行くことが出来たのです。


今まで、様々なニュースに取り上げられ、問題を提起し議論されている神社。
これは、どうしても一度は行って、実際の目で見てみたい……と常々思っておりました。





それでは皆様、少し長い記事となります……お時間があるとき、ゆっくり見ていただけると嬉しいです。

では、スタートします m(__)m




……












ど~~~~~ん!!!


1-701_1149.jpg

『第一鳥居』
なんという迫力!……なんて、デカいんだ……この大きさに圧倒されますね (◎_◎;)
この鳥居は、現在2代目でして、昭和49年(1974)に再建されたもので、高さは25mあります。



そして、気持ちよく真っ直ぐに伸びていく参道。

進んでいくと、真ん中に建っているのが……










2-701_1155.jpg

『大村益次郎銅像』
近代日本陸軍の創設者で、靖国神社の創建に尽力しました。
明治26年(1893)、日本最初の西洋式銅像として建てられたとのことです。






どんどん進みます。









3-701_1165.jpg


こんな案内図がありました……こういう配置になってるんですね。

この図の下の方、第一鳥居から入ってきて、図の真ん中近くに『現在地』と赤い字で書いてあるところに、今います。



余談です……この案内図はガラス越しでの撮影なのですが、
正面から撮ったので、撮影者のシルエットが写ってしまってます。
写らないように斜めから撮ると、非常に見にくかったので今回は割り切って撮りました。
ガラスや、反射するモノの撮影は、気付かないうちに自分が写ったりするので、注意や工夫が必要ですね (^_^;)









話に戻りまして……この案内図の近くにあるのが、






4-701_1170.jpg

『第二鳥居』
明治20年(1887)に建てられ、青銅製の鳥居としては日本一の大きさです。









このすぐ横には、



5-701_1176.jpg

『大手水舎』がありまして……
ここで、手と口をすすぎ、身を清めて行きましょう。


そういえば……この手水舎には、口から水を出している龍がいませんでした。










6-701_1172.jpg

さあ来ました『神門』です。

昭和9年(1934)に建てられました。
あっ、中央の扉(高さ6m)に付いているあれは……!











7-701_1180.jpg

『菊花紋章』
十六八重表菊(じゅうろくやえおもえぎく)……日本の天皇および皇室を表す紋章です。
大きさは直径1.5mあります。

ふぅ……なんというか、これも圧倒されますね。
とても厳粛な空気……背筋がピンと伸びる思いです。











8-701_1177.jpg

禁止事項が書いてあります。

ここまで歩いてくる間に、警備のための警察官を数名見かけましたし、
手前の道路には、黒い街宣車も止まっておりました。


なかなか緊張感が漂っております……(◎_◎;)











9-701_1184.jpg

『中門鳥居』
ここに来て、また鳥居がありました……三つ目ですね。
この鳥居は、平成18年(2006)に建て替えられたもので、埼玉県産の檜が使われています。











10-701_1189.jpg

やっとここまでたどり着きました!……『拝殿』です。
明治34年(1901)に建てられまして、通常はこの場所での参拝となります。


テレビで幾度となく見たこの光景……
白い幕に菊の御紋……実際、目の当たりにすると、感慨深いものがあります。



この拝殿……正面からの撮影は禁止されていますので、斜めの位置から撮影しました。
正面から撮ろうとする人も多く、その都度、左下に写っている警備の人に注意されていました (^_^;)


この警備の人に少しお話を伺ったんですが、この白い布……年に数回、特別な祭事の時だけ紫の布に変えられるそうです。










11-701_1190.jpg


若い人も、ちゃんと頭を下げて参拝します。











12-701_1193.jpg


年配の方も、たくさん来ておられます。



……








靖国神社……
ここには『明治維新』『戊辰の役』『西南の役』『日清戦争』『日露戦争』『満州事変』『支那事変』『大東亜戦争(第二次世界大戦)』などの
対外事変や戦争に際して国を守るために尊い命を捧げられた二百四十六万六千余柱の方々の神霊が
身分や勲功、そして男女の区別なくすべて祖国に殉じられた尊い神霊として斉しくお祀りされています。






そんな靖国神社を参拝するのに何が問題なのか……

そこには皆様もご存じの『A級戦犯の合祀問題』というものがあります。



A級戦犯……
極東国際軍事裁判、いわゆる『東京裁判』にて、連合国が東条英機元首相を始めとする
日本の指導者28名を「平和に対する罪」……戦争犯罪者として起訴し、
その結果、7名が死刑(絞首刑)、16名が終身刑となりました。
(ここ靖国神社には、その中の14人が合祀されています)


しかし、この裁判……連合国(戦勝国)が敗戦国に対して、あまりにも一方的で馬鹿げたものだと思います。




戦争……
侵略のための戦争もあれば、自衛のための戦争もある。
酷いことをすることもあれば、多大な犠牲を払うこともある。

どこの国も、同じようなものです。




しかし!
その内容、結果がどうであろうとも、ここに祀られている方たちは、
この日本のために……思い、そして行動したのは間違いありません。
また自分の意思と関係なく、大きな流れに抗えず、責任のある立場で苦渋の決断をせざるを得なかったこともあったようです。

そして、若くして散っていった、たくさんの命も忘れてはいけません。



……







みんな、国のためを思って逝ったのです。









靖国神社創建の目的……
『国家のために一命を捧げられたこれら人々の霊を慰め、その事績を後世に伝える』




戦争という決して消すことのできない歴史……
その先人たちの行動・犠牲があり……そして、今ここに日本という国が存在している。


この神社を、日本国民が参拝するのになんの問題があるのか!!! ……と、思うのです。




……











それでは私も参拝します…………二礼二拍手一礼……


ふぅ……なんだかスッキリした。

ここに来て、この目で見て、本当に良かったと思う。













見上げると……





13-701_1185.jpg


靖国の空は、晴れ渡っておりました。










東京のお話、続きます。

ありがとうございました m(_ _)m

2017.06.19     カテゴリ:  情景 

   人生




人生、長いようで短く……また、短いようで長い。

いろんな出来事……その密度や充実感……様々な要素で感じ方が違ったりするんだろう。





……







1-701_0823.jpg


ここに来たのは、いつだったか……


桜の木が並んでいる。
が、今は咲いていない……











2-701_0902.jpg


このベンチに座ったことがあったはず……

人生、全力で走らねばならないときがある。
でも、ちょっと立ち止まって休むことも必要だ。














3-701_0964.jpg


この橋の向こうには、何があるのか。

ここに突っ立ったまま考えてもわからない……そう、渡ってみて初めてわかることがある。
一歩を踏み出す勇気を持ちたい。












4-701_0550.jpg


時間は本当に貴重だ……どんどん過ぎていく。
もっと、いろんな本を読んでおけばよかった……って、最近よく思う。












5-701_0273.jpg


昔は、こんな風景だった。

……




もう、誰もいない……







……

















6-701_0978.jpg


ひび割れたアスファルト……以前見たときは、こんなんじゃなかった。

いつの間にか、相当な年月が過ぎてしまったことに気付く……










まるで成長せず、何も成し遂げてない自分がいる……












……

2017.06.15     カテゴリ:  お酒 

   何事も楽しくいこう~~\(^o^)/【その2】




前回の続きとなります。

✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀


さて、テニスの試合に負けた反省をしつつ飲んでいた(←本当か?)『丸一』を出て、
本日の目的……駅前にある『ヤットルゾー五條』まで歩いてきました。


さぁ、店に入ろうか………と思ったら………










あっ!!!…… 『店、閉まっとる……(゚△゚;ノ)ノ』

う…嘘だろ………確か定休日は無かったはずなのに。
くっそ~~俺に断わりもなく休みやがって~~~~(笑)



うぬぬ~~『ヤットルゾー五條』……この看板、偽りありだろ!

『ヤットランゾー五條』に書き替えたろか~~~~!!!(*`皿´*)ノ



辺りを見回すと、他の店も閉まってる。
日曜夕方6時過ぎ……この辺の店、みんな休みなのか!?

どうする、どうする、どうする、どうする………………っていうか、どうしてくれるんだ、この気持ち! (笑)




軒並みシャッターが降りた路地に、呆然とたたずむオッサンが二人……
ひゅう~~~~と風が吹き……丸まった草が転がっていく……(西部劇かよ……笑)

気分は、もう漂流者……いや、難民って感じだ (・_・;)



いかん……このままだと遭難してしまうわ。
他にどこかやってる店、なかったかな……


……




あ、そうだ!確かあそこならやってるはず!

てくてくてくてく……歩くこと数分。







あっ!!!店、開いとった~~~~~~\(^o^)/


ということで、焼き鳥の『秋吉』 に来ました~~♪
よくぞ、俺のために開いててくれた(笑)……お前だけは裏切らないと思ってたぞ!……うんうん(*^_^*)

早速店に入ります。
いつもはこんな時間だと満席だったりしますが、日曜日は少し席に余裕がありました。




カウンターに座ります。



1-IMG_6184_01.jpg

メニューが貼ってあります。

ここのネタは、小ぶりなんです…… 一本が一口で食べれるくらい。
なので、注文は5本単位となります。










2-IMG_6165_01.jpg


ビールがきました……じゃあ、本日2度目のカンパ~~イ♪











3-IMG_6166_01.jpg


タレです。

青い皿に入ってるのが、焼き鳥全般に使用します。
ニンニクと一味をすりつぶしたものが入ってます。

オレンジ色の皿に入ってるのが、串カツ用の特製タレ。
黄色いのが辛子です。








さぁ、きました~~ \(^o^)/



4-IMG_6173_01.jpg


左から、『ねぎま』『しろ』『串カツ』です。

私、大抵この3つからスタートします (^_^;)
このステンレスの台は温かくなっていて、焼き鳥が冷めにくくなっています。









5-IMG_6178_01.jpg


『ねぎま』
若鶏のもも肉とネギ……素晴らしい組み合わせです。 考えた人、天才~~(^o^)











6-IMG_6171_01.jpg


『しろ』
豚のホルモン(腸)です。 少し弾力がある噛みごたえ……ウマいです~~♪











7-IMG_6177_01.jpg


『串カツ』 で~~す。
もはや説明無用 (笑)








8-IMG_6174_01.jpg


辛子をチョン♪……そして、タレをつけていただきます。

はぁ~~ウマい……何本でも食べれるわ (^o^)








油っぽいモノばかりだと飽きてくるんで……






9-IMG_6168_01.jpg


ここらで『キュウリ』を注文します。

細く切って、塩もみしてある……ただそれだけのことだと思うが、何故こんなにも美味いのか……不思議だ(笑)











10-IMG_6170_01.jpg


店中から入ってくる注文を、片っ端から焼いていく店長。
さっきから、ハイスピードな動きで焼き鳥をひっくり返しています。

煙…匂い…そして、この熱さ…………いやぁ凄い環境だわ……(@_@;)
仕事が終わったら、3kgぐらい痩せてんじゃないかな……(笑)




……







11-IMG_6176_01.jpg


来ました『若皮』です。
若鶏の皮ですね~~、油と肉も少し入ってます。

ホント『皮』ってウマいよね~~(* ´ ▽ ` *)








12-IMG_6180_01.jpg


『牛かぶり』 です。
牛とネギ、この組み合わせもイケます~~(^_^)









13-IMG_6182_01.jpg


はぁ~~たまらんわ……記事を書いてて、よだれが出てきたわ(爆)



……








ふぅ~~お腹いっぱい……御馳走様でした~~~(*^o^*)

『秋吉』よ……今日は、路頭に迷ったオッサン二人を助けてくれてありがとう。




ここは、いつ来ても幸せになれる(笑)
値段はそこそこ……味は間違いなし……そして裏切ることのない、この満足感!

まさに『安定の秋吉』!!!







外に出て少し歩く……




14-IMG_6213_01.jpg


富山駅だ。

おぉ、夜なのに人がいるぞ……富山も都会になったもんだ (爆)








オッサンの独り言のような記事になりましたが、
最後まで見ていただいてありがとうございました m(__)m

2017.06.11     カテゴリ:  お酒 

   何事も楽しくいこう~~\(^o^)/【その1】




皆様、こんにちは(*^_^*)

5月の、とある日曜日のお話です。
少し長くなりますが、お付き合いいただけると嬉しいです。


それでは、スタートします~~m(_ _)m



✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀




私、最近よくテニスをするんですが、そう簡単に上達しないもんですね……(^_^;)



で、無謀にも先日、富山市テニス協会が主催する大会に出てきました(男子ダブルスです)。
これは、登録すれば誰でも出れるんです。


いくつかにクラス分けされてまして、私が出たのはもちろん一番下のクラスです(笑)





1-DSC_0222_2176.jpg


ウォーミングアップ中のコート……こんな感じです。


……



さて、もうそろそろ出番かな……



2-DSC_0223_2174.jpg

初めての試合♡……では、行ってきま~~す o(^▽^)o ルンルン ♪







……
















はい、見事に玉砕しました (T_T)…… 一回戦負けであります。 展開、早っ……

ボコボコにやられながら『もう、この辺で勘弁したるわ!』と心の中で叫びました。 (←ベタなコントかっ!……笑)





早く負けたので、時間はまだお昼過ぎ……
と言うことで、ペアを組んだ友達と、反省も兼ねて(←笑) 飲みに行くことにしました。 (←こういう決断はやたら早い……爆)



以前、記事にも書いたお店、『ヤットルゾー五條』に行くことにしたんですが、あそこの開店は夕方5時。

なので、五條に行く前に、他の店にまず行くことにしました。



そして、一旦それぞれ家に帰ってから、午後4時に集合したのが、このお店……







4-IMG_6151_2180.jpg


はい、これまた以前、記事に登場したお店、『丸一』です~~~\(^o^)/

では、カンパ~~イ♪
ふぅ、運動した後のビールは美味いわ~~(≧∀≦)ノ~~ (でも、すぐ負けたんで、実はそれほど運動してない……爆)










3-IMG_6137_2177.jpg


『お通し』です。

これは……春菊のごま和え?……かな (^_^;) ←いまいち不安な人(笑)










5-IMG_6140_2175.jpg


毎回注文する『カニ味噌』と……








6-IMG_6148_2186.jpg


『バイ貝の刺身』です~~♪

ふぅ~~美味いわ~~~……もうこの時点で、試合に負けた悔しさも忘れています(笑)











7-IMG_6143_2178.jpg


『ワラビの昆布締め』です。

このネバネバ……昆布の味が染みてて美味い……ワサビ醤油でいただきます。











8-IMG_6154_2181.jpg


出ました、『馬刺し』です。

肉の上に乗ってる白っぽいのは脂身……かな?……これは食べませんでした (^_^;)

薬味が2種類ありまして、右奥に見えるのが『ニンニク』
手前にあるのが『しょうが』です。

そこに入ってるタレに漬けてもいいですし、醤油で食べても美味しいです。










9-IMG_6157_2182.jpg


ここで、温かいもの……『厚揚げ焼き』の登場です。

焼いた厚揚げの上に、しょうが・ネギ・カツオ節……そこに醤油……もう、最高です♪









10-IMG_6159_2183.jpg


酎ハイをおかわりし飲んでると……

ん?…… 一つのメニューが目に入りました。




早速、注文します。






11-IMG_6161_2184.jpg


『焼きすす竹』 すす竹を焼いたものですね。

表面の皮を剥いていきます…… 一枚、二枚、……焼きたてだから、熱っちいな~~オイ!
白魚のような私の指が、焦げるかと思ったよ(爆)


しかしこれ……どこまでが皮なんじゃあ~~~~(○`□´○) 何枚剥かせるんだよ!









12-IMG_6163_2185.jpg


ようやく剥けました (笑) あまり綺麗な画でなくてスミマセン (>_<)

では、味噌をつけていただきます……うん、イケるわ、食感がいいんだよね~~ (*^_^*)



……









よし、いい時間だ。

そろそろ本日の目的の店、『ヤットルゾー五條』に行くとするか。



駅前まで移動……店を出て歩き始めます。

てくてくてくてく……あぁ、風が気持ちいい~~(*´∀`*)



……




ようやく、お店が見えてきました。


ところが……












ん?…な、なんだとぉ~~~~!!!??? Σ(゚д゚|||)



続きます (・_・;)

2017.06.07     カテゴリ:  薔薇 

   ほんのりピンクの愛しの君よ




いい天気だ……ちょっと暑いくらい。



辺りには薔薇がたくさん咲いてる。
いろんな色があるなぁ……赤・白・ピンク・黄色……






んっ?




1-701_1039.jpg


あ、あれは!……ピ…ピエールだぁ~~o(*゚▽゚*)o

うん、間違いなく『ピエール・ドゥ・ロンサール』……今年も会えた ♪









2-701_0986.jpg


ちゃんと看板もある。

そうそう……花の形が一定ではなくて、カップ咲きからロゼット咲きに変化していく……











3-701_1026.jpg


これは、かなり開いた状態だ。










4-701_1026 - コピー (2)


幾重にも重なるピンクの花びらが美しい……











5-701_0993.jpg


本当に優しい色をしている。





……












6-701_0989.jpg


そう、これこれ!……やはり『ピエール』といえば、咲き始めからカップ咲きの姿が、もっとも魅力的だ。
白……といっても、少しクリームがかった白から、淡いピンクへのグラデーション……


儚げで可憐で……まるで純粋な少女のようだ。




……












ん?……今、『まるで、私のようだわ』って思った人いたでしょ!





失礼しました m(_ _)m


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。