全1ページ

2016.08.30     カテゴリ:  富山の風景 

   ガラス美術館【最終回】




ガラスの球が乗った舟を撮影した(前回記事参照)

ではそろそろ、次の部屋に行ってみよう。



……





ん?次の部屋も暗いぞ……







あっ!






1-700_5624_1617.jpg


うわぁ、大きなステージに、たくさんのパーツが展示されてる~~
さっきの舟とは違って、この作品はぐるっと回って後ろからも見れるようになっている。

参考までに、この作品……幅940cm、奥行580cm、高さ280cmあるらしい。



そうだ!これは、今まで見てきた作品……

・黄、青、赤のシャンデリアみたいなもの
・青いガラスの棒がたってた
・天井には貝みたいなのがたくさんあった
・ガラスの球

これらの流れをくむ作品が集まった……まさに集大成のような世界だ!










2-700_5626_1615.jpg


なんか凄いうねり方だ……これがガラスだなんて……(@_@;)












3-700_5628_1618.jpg


今にも動き出しそうだ……ちょっとコワイ(^_^;)











4-700_5622_1614.jpg


赤い棒がたってて、貝みたいのがあって、大きな球がある。
暗い中に浮かんで見えて本当に綺麗だ。


『常設展』、どうやらこの部屋が最後らしい……いやぁ、凄かったなぁ~~





……













700_5651.jpg


2Fまで来た。

あのエスカレーターで降りていこう。








外に出て振り返ると……









6-700_7280_1619.jpg


『TOYAMAキラリ』 ……なんだか、以前よりカッコよく見えてきたぞ(^_^;)









4回に分けてお送りしてきました『TOYAMAキラリ~ガラス美術館』
最後まで見ていただきまして、ありがとうございましたm(__)m

2016.08.25     カテゴリ:  富山の風景 

   ガラス美術館【その3】




さて、前回の記事の通路の先には……




部屋の入り口に来た……中は真っ暗のようだ。

いったい何があるんだろう……ゆっくりと足を踏み入れる。



あっ……



700_5600_1612.jpg



漆黒の世界に浮かびあがる、一艘の舟……

そこにガラス製の球がたくさん乗っている。











前に回ってみる。
2-700_5608.jpg


木製の舟に、これは……浮き玉……かな?
ガラス製だと、ビン玉って言うんだっけ……

大きな玉があるなぁ……ちなみに舟の長さは、6m以上あるらしい。
玉の大きさが、伝わりますでしょうか……










そして、この部屋はどんな感じかというと、





3-700_5620.jpg


とても暗い空間……黒いステージの上に舟と浮き玉。

シ~~~~ンと静まりかえって、物音一つしない。
自分の息遣いさえも聞こえてくるようだ。





そういえば、夢中になって撮ってるとビックリしたことが……

それは何故か……この写真を、無理やり明るく加工すると分かります。










どうぞ……




4-700_5620 - コピー


画面の右に……そう、学芸員の方がこの暗い中、ここに、じ~~~っと座っておられるのです(^_^;)

夢中になって撮ってるとその存在を忘れてて…………あっ、人おったんやった!……って(笑)


暗がりの中からの、学芸員さんの視線を感じつつ撮影するワタクシ……
静寂の中に響くシャッター音。

まるでこの世界に、二人しかいないような感覚です(笑)




……










では、少しアップで見ていきましょう。








5-700_5610.jpg


舟の先端です。

この船……昔、実際に使われていたもののようです。
綺麗なガラスの玉が、たくさん乗っています。










6-700_5609.jpg


浮き玉……色、大きさ、模様、いろんなのがあります。

どれか、一個欲しい……(笑)










7-700_5612.jpg


あ……木製の櫂(かい)が置いてある。

昔はこんな舟で魚でも採ってたんだろうか……












8-700_5614.jpg


さっきから、何かをイメージしてたんだけど、今わかった。

昔、夜店で見た、あの風船に水が入っているやつだ。
名前は……ん?……ヨーヨーだっけ(^_^;)
(調べたら、水ヨーヨーとか風船ヨーヨーとかいうみたい)














700_5613_1613.jpg



あはは……これ、宇宙に浮いている惑星のように見えるよ(^_^;)

しかし、こんな大きくて、複雑な色や模様のガラスの球体……どうやって作るんだろ……








やっぱり、一個欲しい…… (←しつこい……笑)










もう一度だけ続きます……次回、最終回です。

ありがとうございました。

2016.08.20     カテゴリ:  富山の風景 

   ガラス美術館【その2】




富山市ガラス美術館の『常設展』

前回、『黄・青・赤』の作品をお見せしました。



その下を通っていくと、目の前には……






1-700_5593.jpg


横たわった木材から、ガラスの棒状のモノが乱立しています。

この青……というか水色、透明感があってとても綺麗な色です。



うんうん、いい感じ♪……では、先へ進みましょう。




……





ん?







どええ~~~こ…この通路!!! Σ(@o@;)










2-700_5617.jpg


こりゃなんて綺麗なんだぁ~~~\(◎o◎)/

天井に透明ガラスが嵌ってて、その上にいろんなガラスの作品がところ狭しと並んでる。


光が透過して、とっても幻想的………これ、いいわぁ~~♡
是非、我が家の天井にも……以下略(爆) いや、ゼッタイ似合わんし……(^_^;)








あっ!





3-700_5599.jpg


天使、見~~っけ♪


ん?……でも、羽が無い。

羽が無い天使っているんだろうか……よくわからない……











4-700_5605.jpg


これはなんだろう……貝かな?

あっ……これ全体、海をイメージしてるのかも(*^_^*)











5-700_5604.jpg


ここにもいたよ。


しかし、この天使や貝みたいなモノ、宙に浮いているように見える。

まるで、この天井の上だけ重力が無いみたいだ。


いったいどうやって置いて(留めて?)あるんだろ……(^_^;)











6-700_5602.jpg


青い光もいいね~~とても涼しげだ。











7-700_5606.jpg


たくさんいるんだなぁ~~

綺麗な光の世界で思うままに…………精神の解放…って感じだ。



……




いやぁ~~綺麗だったなぁ~~~

さて、次の部屋は、と……




あら、真っ暗だ (・_・;)

おそるおそる部屋に入っていくと……










さらに続きます (^_^;)


ありがとうございました。

2016.08.16     カテゴリ:  富山の風景 

   ガラス美術館【その1】




前回からの続きです。



ガラス美術館の撮影……ん?撮影出来るのか?……と、思うところなんですが、


ここには、『企画展』『常設展』がありまして、

『企画展』撮影禁止なんですが、
『常設展』撮影OKなのです。

なので、今回は『常設展』の方へ行きたいと思います。





それでは、エスカレーターで上の階へ行きましょう。




1-700_5578.jpg


ゆっくりと、上っていきます。









途中のフロアで振り返ると……




2-700_5581.jpg


下の一番奥、前回の記事でお見せした、ミュージアムショップとカフェが見えます。









もう少し左を見ると、




3-700_5582.jpg


図書館……見ての通り、かなりOPENというか、開放的です。

はい……ここは『図書館』『ガラス美術館』が、フロア別に分かれているのではなく、
吹き抜けを挟んで、各階北側が図書館……各階南側がガラス美術館というレイアウトになっているのです。

これ、すごくいいと思います。
図書館だけを見に来た人も、必ずガラス美術館が目に入りますし、その逆もまた然り……
お互い、相乗効果があるのではないでしょうか。






……












6Fまで来ました。

ここから『常設展』になります。



通路の上には……







4-700_5596.jpg


……こんな作品が吊ってあります。
結構、大きいなぁ……直径は1mぐらい?……いや、もう少し小さいぐらいか……

一つ欲しいくらいですが(笑)、こんなの私の家に吊ったら、
天井どころか、家の梁ごと落ちてきそうです(爆)


この3色の作品、結構似ているようですが、よく見るとそれぞれ違いがあります。











5-700_5592.jpg


『黄』……『元気』が放射状にはじけてる感じ……













6-700_5589.jpg


『青』……冷酷な感情が渦巻いて、周りを攻撃してるように見えます。













7-700_5586.jpg


『赤』……ドクン、ドクン……心臓を思い浮かべました。

強烈な生命力を感じます。



……





こういう作品を鑑賞する時、作者の意図なんかを考えてしまったりします。
作者がこの作品を通して、見る人に何を伝えたかったのか……なんて……


でも、よくわからない……


考えるというより、その作品をパッと見て、何かを感じることが大切なのかもしれません。







さらに続きます。


ありがとうございました。

2016.08.11     カテゴリ:  富山の風景 

   それでは一緒に見に行きましょう~♪




毎日、暑いですね。
水分をこまめに摂って、体調に気をつけましょう~~(^_^)



では、今回の記事は……


富山市の中心市街地にある交差点。
そこにある建物がこちらです。





1-700_7275.jpg


この複合施設、名称は『TOYAMAキラリ』といいます。

以前は、ここに戦前から百貨店が建っていたのですが、
2007年に、すぐ近くにですが移転しまして、その跡地に建設されました。

1Fと7~10Fは、銀行が入っています。
では、2~6Fは、どうなっているかというと……


中に入ってみましょう。










2-700_5658.jpg


2Fから1Fのエントランスを見下ろしています。

画面真ん中に、白い文字があります。











3-700_5650.jpg


はい、ここの2~6Fには、

『富山市立図書館本館』『富山市ガラス美術館』が入っているのです。








2Fのフロアを見渡すと……





4-700_5569_01.jpg


こんな感じ……とても気持ちのいい空間です。

いたる所に、杉の板が付いています。
富山県産材の立山杉ではないかと推測します。 間違ってたらゴメンナサイ……(^_^;)

各階に吹き抜けがあるのですが、上のフロアに行くにしたがって、位置がズレていきます。
なので、斜めに空間が抜けていってる……って感じでしょうか。










5-700_5574.jpg
建物内部の写真は数ヶ月前に撮ったものなので、写ってる人がみな厚着です……スミマセン (・_・;)

ミュージアムショップがあります。
富山で生産された、様々なものが並んでいます。










6-700_5654.jpg


ガラス工芸品も、いろんなものがあります。











ミュージアムショップの横には……




700_5570.jpg


白いカーテン……細かい穴がたくさんあいていて、そこに造花……かな?…が差してあります。









このカーテンの向こうは……





8-700_5652.jpg


はい、カフェになっています。

開放感があって、とてもいい雰囲気です。




……





さて、ここへ来た本来の目的ですが……

そうです、『ガラス美術館』を見に来たのです。



それでは、さっそく行ってみたいと思います~~(^O^)/










続きます。


ありがとうございました。

2016.08.05     カテゴリ:   

   出会い、別れ……そして感謝




暑い日が続きますね~~



季節によって、いろんな花が咲きます。

この時期に咲いてる花と言えば……






あった。




1-700_7160_01.jpg


蓮の花だ。











2-700_7139.jpg


蕾がスッと立っている。

強い日差しを受けても、まったく気にならないみたいだ。











3-700_7158.jpg


花と蕾が並んでた……背比べをしてるみたい。


いやしかし、暑い日だなぁ……でも、毎年こんな感じ……

蓮って、汗をダラダラ流しながら撮ってる記憶しかない(笑)











4-700_7219.jpg


結構、開いた状態だ。

もうすぐ散っていくんだろうか……





……














5-700_7218.jpg


散った花びらを、下の葉が受け止めてる。



……





人生、そこそこやってきますと、いろんな人とかかわる機会があって……



振り返ってみますと、何人もの大切な出会いがありました。
人生においても、仕事においても、いろんな人に大変お世話になったりしました。


今、ここに私がいるのも、いろんな人の助けや教えがあったからこそ……
大切な人たち、その存在は、何ものにも変えられません。




しかし、出会いがあれば、別れもあって……何事も永遠には続かない。

出会い、別れ……送り、送られ……






咲くも花……散るも花……で、あります。












あっ、





6-700_7222.jpg


花びらが一枚……とても綺麗な状態だ。

咲いてる姿、見てあげたかったな……










ありがとうございました。


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。