カテゴリー 《 立山 》   全3ページ

2017.12.03     カテゴリ:  立山 

   山っていいわぁ~~(*^_^*)





皆様、ご無沙汰しておりました。
私がいない間も当ブログに訪問していただき、本当にありがとうございます m(__)m






さてワタクシ、一週間ほど、どこへ行ってきたのかというと、
『立山』にある『室堂』へ行ってきたんです。

ここの『室堂ターミナル』には、高原バスや立山トンネルトロリーバスの駅舎レストラン、そしてホテルなどが入っています。




ここ立山は『立山黒部アルペンルート』という山岳観光ルートがありまして、
富山県の中新川郡立山町から、長野県の大町市まで抜けていくことができます。


ここ数日、富山側は道の除雪が追い付かず通れなかったため、長野県の大町側から上がりました (>_<)

富山県在住の私が、同じ県の室堂に行くのに、新潟県の糸魚川を経由して、長野県の大町に行き、
そこから上がってやっと富山の室堂に着くという…………行くだけで疲れます(爆)




今回は私用ではなかったため、一眼レフを持っていきませんでした (・_・;)
でも、コンデジやスマホで写真を撮ってきたんで、こうして記事にした次第です。





少し長い記事になります……それではスタートしたいと思います~~(*^_^*)







1-DSC_0642_01.jpg


大町の扇沢駅から、トンネルトロリーバスを乗りまして、着いたのがここ……『黒部ダム』です。
目の前には『黒部湖』が広がっています。

静かです……余計な雑音は一切ありません。







左を見ると……




2-IMG_6362_01.jpg


このダムの建設は困難を極め、最終的に171名の殉職者を出していまして、その方々のための慰霊碑がここにあります。

12月からは、このアルペンルートが閉鎖期間に入りますので、
この慰霊碑には、雪がかぶらないよう、ちゃんと囲いが設置されます。









3-DSC_0645_01.jpg


それでは歩いて行きましょう。









あ、そうだ……黒部湖の反対側を見てみますか……







4-DSC_0643_01.jpg


うわぁ~~高い!……それもそのはず、高さは186mあるのです(@_@;)  この写真じゃ、伝わりにくいけど…(・_・;)

万が一、ここから落ちたら、『下に着くまでにカラオケで一曲歌える』というのも、うなずけるわ…… (;゚д゚) ゴクリ…









さて、このダムを渡ると、ケーブルカーに乗ります。






5-IMG_6376_01.jpg


凄い斜度です。
えらくスピードが出てるように見えますが、大したスピードは出てないです (^_^;)








6-IMG_6378_01.jpg


中間地点で、下りのケーブルカーと、すれ違います。








7-IMG_6420_01.jpg


着きました、ここが『黒部平』です。







あっ!



8-IMG_6382_01.jpg


ポスターが貼ってある。
そういえば『ブラタモリ』、こないだテレビでやってたわ。


タモリさんのサインだ……書いてってくれたんだな…………読めんけど(^_^;)







9-IMG_6418_01.jpg


はい、ここからはロープウェイに乗りま~~す。

約1.7km……支柱が一本も無い、ワンスパンロープウェイです。








10-IMG_6386_01.jpg


『大観峰』が見えてきました。
いつ見ても、とんでもないところに建設されていると感じます(笑)






『大観峰』に到着!……写真無し (>_<)

ここから、トロリーバスに乗ってトンネルを通ります……写真無し (T_T)



このトンネルで立山直下を通り、富山側に出ることができるのです……はい、これでやっと室堂に到着となります~~\(^o^)/








11-IMG_6413_01.jpg


『室堂ターミナル』……こんな時期にも観光客がいるんだなぁ~~
あと、写真には写ってませんが、スキー客や冬山登山をする人たちもたくさんいました。








12-DSC_0655_01.jpg


山岳情報が書いてあります。
冬山を甘く見てはいけません……簡単に死に至ります。







13-DSC_0656_01.jpg


雪崩での死亡事故……怖いです。
そう……『死』というものが、凄く身近な存在として感じます。








それでは、外に出てみましょう。






14-DSC_0651_01.jpg


あぁ、いい天気です♪……とっても気持ちいい~~(*^o^*)
ここで標高は約2450mです。

ここからは、富山の平野部が見えるはずなのですが、残念ながらうっすらと雲に覆われていて今日は見えないですね。


画面下の方に細い棒がたくさん並んで立っていますね。
春になったら道路の除雪をするのですが、その時の目印になりまして、長さは9mあります。
今は、大体3mぐらい積もってるようです。

ただ最近は、あの棒だけを参考にするのではなく、GPSも使用しているそうです。






この位置から振り返ると……





15-DSC_0654_01.jpg


写真中央やや右、一番高いところが、立山の『雄山』です……標高は3003m。






こんな感じで天気が良いといいのですが、そうそう続くわけもなく (・_・;)


次の日、外に出てみると……







16-DSC_0663_01.jpg


真っ白……こんなん、帰り道がわからんようになるんじゃないのか (@_@;)
どの方向へ行けばいいのかわからなくなったら……考えただけでもオソロシイ……(;一_一)


ということで、さっさと建物の中に入りましょう (^_^;)



……






あ、そうだ!

珍しいモノを見つけたんです。








17-IMG_6387_01.jpg


『氷筍(ひょうじゅん)』です。  まだ、ちっちゃいけど……(^_^;)
上からポタポタと滴り落ちた雫が凍って、こんなタケノコみたいになります。



これが出来るには条件があります。
・天井から浸みだしてきた水滴が0℃以上の状態
・気温や地面は0℃以下の状態

この二つの条件が重なって、この氷筍が出来るのです。



……




しかし、標高2450mだけど空気の薄さを感じる……
階段をちょっと上がっただけで、ホント疲れるんだよ (・_・;) ←運動不足か…(笑)


でも、山って空気が澄んでいて、本当に気持ちがいいですね。
今度は、一眼レフを持ってプライベートで行きたいものです (*^_^*)







最後まで見ていただき、ありがとうございました m(__)m

2015.06.05     カテゴリ:  立山 

   み……見つけたっ!!!【その3】




さて、雷鳥のお話……最終回となります。



今回の記事……

雷鳥を、じっくり見ていきたいと思います~~(^o^)/




それでは、スタート~~♪






1-DSC_9681.jpg


いい天気で散歩日和です♪


でも本来、雷鳥は警戒心が強く、天敵からも身を守るために

天候がいい日は、ハイマツの下などに隠れていて

天候が悪い時に、外へ出て活動したりするのですが……



ま、こんな日もあるんでしょう (笑)




そういえば、名前の由来の一つに……

天候が悪い時に活動―→天候が悪い―→『雷』―→ の『鳥』で、『雷鳥』……という説があります。

(他の説もあります……)







それでは、いきましょう~♪





2-DSC_9811.jpg


メスです……やさしい顔をしてますね~~




では……画像は荒くなりますが、トリミングしてアップで……







3-DSC_9811 - コピー


可愛いお目目です~~♪

なんか……女子って感じ (^_^)





では、オスもアップで見てみましょう。

かなりのトリミングなので画像が荒いのは勘弁……(^_^;)







4-DSC_9828 - コピー


おぉ~~凛々しい顔立ちです。

こっちは、イケメンって感じ (^_^)



ところで、皆様……気になりますよね……(^_^;)

そう…目の上のアレ……赤いヤツ。


イヤでも視線を引きつけます……(笑)



せっかく羽毛が保護色に生え変わったりするのに

オマエ、こんなに目立っちゃダメだろ~~って忠告しておきました(笑)




この赤いのは……『肉冠 (にくかん)』と、いいます。

興奮したり、繁殖期になると大きくなりまして

これは、メスへのアピールにもなっているらしいです。




……






5-DSC_9832.jpg


おぉ……のっしのっしと歩いてきました。

貫禄ありますね~~

その、堂々とした落ち着き……少し俺にも分けてくれ……って感じ(笑)



丸々として、ホント美味しそう…………じゃなかった(笑)……可愛らしい……(^_^;)








横からの姿も……





6-DSC_9828.jpg


ふ~~む、こうしてみると、カッコイイ……




あ、そうだ!……脚を見てください。









7-DSC_9828 - コピー (2)


御存知でしょうか……雷鳥って、脚にも羽毛がびっしりと生えているんです。

寒さに耐えやすいように、なっているのかと思います。


そして、脚に付けてるアクセサリー 、お洒落ですね~~……って、そんなわけない……(^_^;)


これは、アンクレット…………じゃない(笑)……足環 (あしわ) ですね。

生息数や生態の調査をしているのでしょう。







8-DSC_9835.jpg


おっと……メスが、さっきより険しい目つきになっているような……(^_^;)

口を開けて、何かを訴えているようです。









9-DSC_9813.jpg


でも、オスはマイペースって感じ……(笑)



しかし、この雷鳥……さっきから、堂々と人間に姿を披露して……



はは~~~ん……わかった!!!

きっと、富山県の観光大使として、雇われているんじゃないだろうか……

県から、アルバイト代が出てるに違いない……うんうん…(^_^;)



だからサービスたっぷりの、この立ち振る舞い……

きっとそうだ……(笑)





では……


お~~~い……こっち向いて~~~♡













10-DSC_9812.jpg


ほら、こっち向いた~~~(^_^)


なんて、できたヤツだ……

人気者だぞ……お前……(笑)



……








さて……3回にわたり、雷鳥の記事を、お送りしてきました。


こうしてみてると、人間と自然とのかかわりあい……

動物たちが生きていけるよう環境に配慮し、自然を大切にしていかなければ……と思いました。



この雷鳥たちも、元気に過ごしていってくれることを願うばかりです。






長い記事……最後まで見ていただいて、大変嬉しく思います。

ありがとうございました m(__)m

※次回の更新は、3日後 (月曜夜) を予定しています m(__)m



2015.06.03     カテゴリ:  立山 

   み……見つけたっ!!!【その2】




『雷鳥』

国の特別天然記念物にして、富山県の県鳥でもあります。

(岐阜県・長野県の県鳥でもありますが……)




では、雷鳥のお話……2回目です。



なんだかんだで、雷鳥を見つけることが出来ました(笑)…… (前回記事参照)


今回は、『雷鳥のいる風景』……という感じを意識して、撮っていきます。




それでは、スタート~~~♪





1-DSC_9666.jpg


オスメス……『つがい』ですね。

オスが首を伸ばして、周りを見ています。


雷鳥には、縄張りがありまして……

自分の縄張りに別のオスが入ってこないか、監視しているのです。


こういう競争に勝たないと、子孫を残せませんし、

猛禽類などの天敵にも注意しないと、生きていけません。






2-DSC_9679.jpg


オスです……可愛いですが、キッとした視線に緊張感も感じます。








3-DSC_9677.jpg


こちらはメス……パッと見、どこにいるのか分かりません (^_^;)

ちゃんと保護色になってますね。








4-DSC_9689.jpg


雪山の背景が似合います~~

オスとメス……あまり離れず、お互い近くにいます。


天敵 (猛禽類やオコジョとか) から身を守るため、本来、臆病な鳥なのです。









5-DSC_9692.jpg


カメラを持った、おじさんが集まってきました。


ん?……よく見ると、右奥のおじさん……

三脚の脚が、立ち入り禁止の場所に入っています。

ちょっとした事かもしれませんが、マナーは守ってほしいものです。





余談ですが……


結構、お歳を召された奥様が、一眼レフを2台、首から下げて撮影しておられました…… カメラ、2台体制ですね……スゴイ…(゜o゜)

レンズ交換の手間が省けますが、重さに耐えての撮影……大したものです (^_^;)







6-DSC_9701.jpg


雷鳥も、周りの人間を見ています。

振り向いているところも画になりますね~~







7-DSC_9718.jpg


近くに人が歩いていても、堂々としたもんです。

自分のところまでは人間は入ってこない……って、分かっているかのようです。









8-DSC_9715.jpg


この緑の植物は、『ハイマツ』でしょうか……多分……(^_^;)

文字通り、地を這うように成長する松で、高くても1~2mぐらいにしかなりません。


雷鳥は、その成長したハイマツの下に入って

夏の暑さや冬の寒さ……そして天敵から身を守ります。







9-DSC_9711.jpg


青い空……白い雪……そこに雷鳥♪


さっきから、どこにも行かず、その辺をうろうろ……

サービス精神旺盛なヤツです(笑)




今回は、風景の中にいる雷鳥……として撮ってみました。


次回……最終回は、もっともお見せしたい写真……

景色はおいといて(笑)、ともかく雷鳥……雷鳥自身を、よ~く見ていきたいと思います。






続く……











次回、怒涛の最終回も宜しく御願い致します m(__)m

ありがとうございました。



2015.06.01     カテゴリ:  立山 

   み……見つけたっ!!!【その1】




皆様、こんにちは。



実は私……去年、どうしても書きたかった記事がありました。

しかし、何だかんだで書きそびれてしまったんです。


なんか……時間が無かったというか…… ま、言い訳……(^_^;)




多分、今頃の季節だったんです。


なんとか同じ季節に記事を……との思いから、

いつにもまして気合を入れ、ようやくこの記事を仕上げました……(^_^;)




……



では……1年間、温め続けた(←笑) この記事を、お送りしたいと思います。


ネタは『立山』

全3回の予定です……しかも、少し長い… (^_^;)




それでは、はやる気持ちを抑え……静かに静かにスタートいたします m(__)m






どうぞ……






♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬






さて……立山に来ております。




1-DSC_9597_999.jpg


ここは、室堂ターミナルの屋上です。

ここまでは、バスで来れます。


正面に見える山……右の一番高いところが、立山の頂上……『雄山』です。






では、その辺を歩いて行きましょう♪




2-DSC_9599_1000.jpg


この時期は、まだほとんど雪で覆われています。

なので、遊歩道もへったくれもなく

かなりの範囲を、どこでも歩いて行けます(笑)








3-DSC_9620_1002.jpg


とはいえ、遊歩道が出てるところは、ちゃんとここを歩きましょう (^_^;)








4-DSC_9625_1003.jpg


遠くに『剣岳』が見えました。

ゴツゴツした岩肌が、いかにも危険な雰囲気を醸し出しています。








見下ろすと……





5-DSC_9630_1004.jpg


みくりが池温泉があります。

ここは、日本一標高の高い場所にある天然温泉です。

もちろん宿泊もできます。





……







いい天気……爽やかな風……



気持いい~~~♪







あ……歩いている人がいました。




6-DSC_9607_1001.jpg


3人連れの奥様方です。



……




自然と歩調が合い……



奥様 『いい天気ですね……』

私 『そうですね~~』




和んだ雰囲気で会話が進み……




あぁ……知らない人と、こんな感じで会話するのもいいもんだ……と思った、その時!



奥様が放った衝撃的な一言が……




















奥様 『雷鳥見られました?』

私 『へっ?……ら…雷鳥???(゜o゜)』





奥様 『えぇ……さっき、あっちの方で雷鳥見ましたよ♪』

と、今来たところ……室堂ターミナルの方を指さすではありませんか。



(ちょっと、おばちゃ……いや…奥様ぁ~~、それを早く言ってくださいよぉ~~) ←―超自分勝手な心の叫び(爆)



しかし、あくまでそこは平静を装い……

私 『あっ、じゃあ見に行ってみます~~ありがとうございました~~』 ←―ニコニコ顔で……(笑)




私は振り返り、今来た道を急いで歩きはじめます。



そう……ワタクシ、長年にわたり、ちょくちょく立山に来ていますが

まともに雷鳥を見たのは、1度だけ……しかも茶色いの……(・_・;)



雷鳥目的で、何回も来てる人ならよく見てるのかもしれませんが

ワタクシは、今までほとんど縁が無く……(^_^;)


なので、どうしてもテンションが上がります。





待ってろ……雷鳥!

今、行くからな……



……




走れ……俺!……メロスは走ったぞ……


なんて、訳の分からないことを考えながら……………歩いた……(爆)




7-DSC_9672_1009.jpg


そう……この溶けかかった雪面……

走るどころか、とっても歩きにくいんです……(>_<)





……















8-DSC_9649_1005.jpg


ふぅ~~~ようやく着いた。

何やら人もいるし……多分、この辺りだ。


周りは雪面、ここだけ地面が出ている。











9-DSC_9741_1008.jpg


どこだ 何処だ ドコだ どこだ…………どこにいる?

意味もなく息をひそめて必死に探すワタクシ……



……




見当たらない……


くぅ~~~遅かったか……どこか飛んでったのかな……



あの、おばちゃん……奥様……先に言ってくれりゃあなぁ……(・_・;) ←―責任転嫁する、どうしようもない人(笑)




……






と、あきらめかけたその時!



あっ……










いたぁぁぁ~~~!!!



10-DSC_9696_1006.jpg


やったぁ~~見つけたぁ~~~

しかも、2羽……オスメス?……だな♪







11-DSC_9697_1007.jpg


おぉ~~お揃いでポーズ……サービス満点だな、オイ♪

ふ~~む……こうしてみると可愛いなぁ……(^_^)



……




いやしかし……

あの『素敵な奥様♡』の一言がなかったら、雷鳥見れなかったよなぁ~~感謝感謝です~~(*^_^*) ←―ゲンキンな人(笑)



カメラ持っててホント、ラッキー♪

まだ時間もあるし……



では、これから雷鳥を撮っていきたいと思います~~(*^_^*)





続く……









次回も宜しく御願い致します m(__)m

ありがとうございました。



2014.11.27     カテゴリ:  立山 

   立山……大観峰……そして、感動!【最終回】



皆様、こんにちは~♪

立山のお話、とうとう『最終回』……です。




さて……時間も無くなってまいりました。

名残を惜しみつつ……



それではスタートです。



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬




前回は、夕日と雲海を見ていましたが


下に目線を移すと……



遠くに弥陀ヶ原高原が見えます。



39-IMG_5301_856.jpg


だんだん雲が迫って、飲み込まれていきそうです。


あんなにハッキリした雲が迫ってきたら、怖いですよね……




……





気温はもう氷点下……





40-IMG_5348_857.jpg


水が溜まっているところは、もう氷が張っています。


風も吹いているので、さっきから指がかじかんで、もう……




……






もうそろそろ、この雲海ともお別れです。






41-IMG_5310_858.jpg


名残惜しいですが、仕方がありません……






……






先ほどから夕日の方ばかりを見てきましたが


最後に、違う方向も見ていきましょう。





少し視線を右へ……







42-IMG_5313_859.jpg


あぁ……こんな景色があるなんて……


素晴らしいオレンジ色の空

どこどこまでも続く雲海……



この雲の上を歩いて行ってみたい……





……







さらに右の方を……










おぉ~~~










43-IMG_5275_860.jpg


こ…これは……現実の世界か?……もうこの世とは思えないほど……

まるでこの世界に、私一人きりのような気がします。




…………





……













あ……放心してました……






……





さて、もう本当に時間がありません。
(下のゲートが閉まっちゃうんだよ……)



山を下りていきましょう……出発です……





……






下りていく道中……




え?





あ、あれは!!!








44-IMG_5324_861.jpg



沈みゆく夕日の上に、赤い光の柱が……




……





もしかして……




45-IMG_5326_862.jpg


これが『太陽柱』か……

(違っていたら、すみません……)



凄い……



なんか……感動……





……





縦構図でも撮っておこう。




46-IMG_5327_855.jpg


夕日・雲海・太陽柱……

どこどこまでも魅せてくれる……



ありがとう……立山。





また来るよ……




……






おしまい m(__)m



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬



全5回にわたり、お送りしてきました、立山のお話……

ちょっと(大分?)長かったかと思いますが、

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。



山は危険が伴うこともありますが、

気を付けて、安全に山と接していけると、本当に良いものだと思います。




出来るだけ環境に気を配った設備があり……

遊歩道以外の立ち入り禁止区域には、誰も入っていませんし…… (当然ですが……)

ゴミも、私が見た限り落ちていません。



観光客の皆様が、マナーを守って立山と接してくれている気がします。




今回の記事をご覧になって、立山に興味を持ち、

いつか機会を作って、観光に来られるきっかけにでもなれば

とても嬉しく思います。



本当に本当にありがとうございました m(__)m



♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬♪♫♬




さて、次回からはいつものブログに戻りたいと思います……が……

土日は外出する予定なので、皆様のブログへの訪問や
コメントをいただけた場合、それに対する返信が、遅れるかもしれません。
(記事は予約投稿しようと思っています)

今後とも宜しく御願い致します。







プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。