カテゴリー 《 東京 》   全5ページ

2017.06.23     カテゴリ:  東京 

   靖国の空




『靖国神社』
・九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。
・元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名靖國神社に改称された。
・国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する。
Wikipediaより抜粋


……



6月の上旬、東京に行く機会がありました。

東京……行きたいところはたくさんあるのですが、
その中の一つ、『靖国神社』に今回ようやく行くことが出来たのです。


今まで、様々なニュースに取り上げられ、問題を提起し議論されている神社。
これは、どうしても一度は行って、実際の目で見てみたい……と常々思っておりました。





それでは皆様、少し長い記事となります……お時間があるとき、ゆっくり見ていただけると嬉しいです。

では、スタートします m(__)m




……












ど~~~~~ん!!!


1-701_1149.jpg

『第一鳥居』
なんという迫力!……なんて、デカいんだ……この大きさに圧倒されますね (◎_◎;)
この鳥居は、現在2代目でして、昭和49年(1974)に再建されたもので、高さは25mあります。



そして、気持ちよく真っ直ぐに伸びていく参道。

進んでいくと、真ん中に建っているのが……










2-701_1155.jpg

『大村益次郎銅像』
近代日本陸軍の創設者で、靖国神社の創建に尽力しました。
明治26年(1893)、日本最初の西洋式銅像として建てられたとのことです。






どんどん進みます。









3-701_1165.jpg


こんな案内図がありました……こういう配置になってるんですね。

この図の下の方、第一鳥居から入ってきて、図の真ん中近くに『現在地』と赤い字で書いてあるところに、今います。



余談です……この案内図はガラス越しでの撮影なのですが、
正面から撮ったので、撮影者のシルエットが写ってしまってます。
写らないように斜めから撮ると、非常に見にくかったので今回は割り切って撮りました。
ガラスや、反射するモノの撮影は、気付かないうちに自分が写ったりするので、注意や工夫が必要ですね (^_^;)









話に戻りまして……この案内図の近くにあるのが、






4-701_1170.jpg

『第二鳥居』
明治20年(1887)に建てられ、青銅製の鳥居としては日本一の大きさです。









このすぐ横には、



5-701_1176.jpg

『大手水舎』がありまして……
ここで、手と口をすすぎ、身を清めて行きましょう。


そういえば……この手水舎には、口から水を出している龍がいませんでした。










6-701_1172.jpg

さあ来ました『神門』です。

昭和9年(1934)に建てられました。
あっ、中央の扉(高さ6m)に付いているあれは……!











7-701_1180.jpg

『菊花紋章』
十六八重表菊(じゅうろくやえおもえぎく)……日本の天皇および皇室を表す紋章です。
大きさは直径1.5mあります。

ふぅ……なんというか、これも圧倒されますね。
とても厳粛な空気……背筋がピンと伸びる思いです。











8-701_1177.jpg

禁止事項が書いてあります。

ここまで歩いてくる間に、警備のための警察官を数名見かけましたし、
手前の道路には、黒い街宣車も止まっておりました。


なかなか緊張感が漂っております……(◎_◎;)











9-701_1184.jpg

『中門鳥居』
ここに来て、また鳥居がありました……三つ目ですね。
この鳥居は、平成18年(2006)に建て替えられたもので、埼玉県産の檜が使われています。











10-701_1189.jpg

やっとここまでたどり着きました!……『拝殿』です。
明治34年(1901)に建てられまして、通常はこの場所での参拝となります。


テレビで幾度となく見たこの光景……
白い幕に菊の御紋……実際、目の当たりにすると、感慨深いものがあります。



この拝殿……正面からの撮影は禁止されていますので、斜めの位置から撮影しました。
正面から撮ろうとする人も多く、その都度、左下に写っている警備の人に注意されていました (^_^;)


この警備の人に少しお話を伺ったんですが、この白い布……年に数回、特別な祭事の時だけ紫の布に変えられるそうです。










11-701_1190.jpg


若い人も、ちゃんと頭を下げて参拝します。











12-701_1193.jpg


年配の方も、たくさん来ておられます。



……








靖国神社……
ここには『明治維新』『戊辰の役』『西南の役』『日清戦争』『日露戦争』『満州事変』『支那事変』『大東亜戦争(第二次世界大戦)』などの
対外事変や戦争に際して国を守るために尊い命を捧げられた二百四十六万六千余柱の方々の神霊が
身分や勲功、そして男女の区別なくすべて祖国に殉じられた尊い神霊として斉しくお祀りされています。






そんな靖国神社を参拝するのに何が問題なのか……

そこには皆様もご存じの『A級戦犯の合祀問題』というものがあります。



A級戦犯……
極東国際軍事裁判、いわゆる『東京裁判』にて、連合国が東条英機元首相を始めとする
日本の指導者28名を「平和に対する罪」……戦争犯罪者として起訴し、
その結果、7名が死刑(絞首刑)、16名が終身刑となりました。
(ここ靖国神社には、その中の14人が合祀されています)


しかし、この裁判……連合国(戦勝国)が敗戦国に対して、あまりにも一方的で馬鹿げたものだと思います。




戦争……
侵略のための戦争もあれば、自衛のための戦争もある。
酷いことをすることもあれば、多大な犠牲を払うこともある。

どこの国も、同じようなものです。




しかし!
その内容、結果がどうであろうとも、ここに祀られている方たちは、
この日本のために……思い、そして行動したのは間違いありません。
また自分の意思と関係なく、大きな流れに抗えず、責任のある立場で苦渋の決断をせざるを得なかったこともあったようです。

そして、若くして散っていった、たくさんの命も忘れてはいけません。



……







みんな、国のためを思って逝ったのです。









靖国神社創建の目的……
『国家のために一命を捧げられたこれら人々の霊を慰め、その事績を後世に伝える』




戦争という決して消すことのできない歴史……
その先人たちの行動・犠牲があり……そして、今ここに日本という国が存在している。


この神社を、日本国民が参拝するのになんの問題があるのか!!! ……と、思うのです。




……











それでは私も参拝します…………二礼二拍手一礼……


ふぅ……なんだかスッキリした。

ここに来て、この目で見て、本当に良かったと思う。













見上げると……





13-701_1185.jpg


靖国の空は、晴れ渡っておりました。










東京のお話、続きます。

ありがとうございました m(_ _)m

2017.05.30     カテゴリ:  東京 

   東京国立博物館【最終回】




さて、『東京国立博物館』ですが、最終回となります。

宜しく御願い致します。





前回、埴輪を見ていただきました。

展示室はこんな感じです。



1-700_9981.jpg


スッキリとした静かな空間……広々としてスペースに余裕があり、ゆっくりと見て回れます。











2-700_9978.jpg


これはなんだろう……同じ形のものを向かい合せにしてある。




3-700_9980.jpg
『小児用甕棺(しょうにようかめかん)』……子供用の棺なのか……(@_@;)












4-700_9974.jpg


『銅鐸』……歴史の本に、こういうのがよく載ってるよね。

細かい模様が入ってて……何か絵が描いてある。





5-700_9975.jpg

当時のことを表した絵なのか……やっぱり意味があるんだよなぁ











6-700_9995.jpg


靴だ……見た感じ、これ履いたら足が痛そうだよな……





7-700_9994.jpg

説明……『おそらく葬送の際に王の足を飾ったと考えられて……』

あぁ、そういうことか……葬られる人の足に履かせる沓(くつ)……ってことかな。



……










多分、ここから本館の展示品だったかと思います (^_^;)



8-700_9932.jpg


これは綺麗な箱だ。






9-700_9933.jpg
硯箱だったのか……おにぎりでも入れる箱かと思ったぞ……(って、冗談ですよ、皆さん!)

『本阿弥光悦』……うん、名前は聞いたことある (^_^;)












10-700_0035.jpg


出た、浮世絵!……これは私の好きな『歌川広重』だ。

広重の作品は、ともかく構図が良いのが多い!……写真を撮らせたら、きっと上手かっただろうと思う。
この作品……右上と左下に人物を配置、そしてその人物や風景の遠近感の表現が素晴らしい。




11-700_0036.jpg


広重の作品は、このほかにも数点展示してありました。











12-700_9928_01.jpg


この仏像、変わってるなぁ~~

ポーズや表情が面白い……しかも、下に踏みつけてるのは何なんだ(笑)






13-700_9929.jpg

『毘沙門天』……七福神の一人で、仏法を守護し、福徳を授ける神だ。

ん?……踏みつけてるのは『邪鬼』なんだな……じゃあ、踏んでよし!だ (笑)




……










お送りしてまいりました『東京国立博物館』
たくさん撮影したのですが、その中で目を引いたものを選び、記事にしてみました。


実際に見てみると、本当にたくさんの物が展示してあります。
もし今後、見に行かれる方がおられましたら、時間をたっぷりとって行かれたらよろしいかと思います。




……





さあ、これから車で富山に帰ります。


あ、そうだ!……ここから近いんで、ちょっとあそこに寄って行きましょう。







14-700_0054.jpg


はい、浅草の仲見世通りです。
何度か来てますが、いつもこんな賑わい……この雰囲気は大好きです。




東京……何度来ても飽きませんね~~(*^_^*)








最後まで見ていただきありがとうございました m(__)m

2017.05.26     カテゴリ:  東京 

   東京国立博物館【その2】




『東京国立博物館』の続きになります。



いろいろ見ながら歩いていると、こんなところに出ました。



1-700_9956.jpg


ここ……後から気付いたんですが、『本館』ではなくて『平成館』です……多分 (^_^;)
本館とは通路でつながっていて、いつの間にか平成館に来てたようです(笑)

田舎者の私は、あまり広い建物の中に入ると、今自分がどこにいるのかわからなくなります(爆)




さて、ここに何があるかというと……






じゃ~~~~ん!



2-700_9958.jpg


うむ~~……埴輪というものを初めて見たぞ……(◎_◎;)








あっ!


3-700_9960.jpg

『国宝』なのか、これ……(;゜0゜)








4-700_9961.jpg


素朴な顔してる……埴輪っていうと、たいていこんな顔を思い浮かべる。










5-700_9962.jpg


後ろからの姿……なんだか可愛いぞ (*^_^*)

背中に背負ってるのは、矢を入れておくための弓具だ。











6-700_9967.jpg


わぁ……教科書に載ってそうな土器だ。
こうして本物を間近に見ると、なかなか繊細な模様だ。






7-700_9968.jpg

【3】って表示があったから、これは『片口付深鉢形土器』だ。

縄文時代(前期) 前4000~前3000年か……エジプト文明の黎明期の頃だな……
こんな脆そうなのが、現在まで残ってるなんて凄いことだよね。











8-700_9971.jpg


むおっ!……こいつはキャラが立ってんな~~ (^_^;)






9-700_9972.jpg


縄文時代(中期) 前3000~前2000年頃のモノか……







10-700_9973.jpg


こうして見ると、なかなか前衛的なデザインだ (笑)

ホント、これ……猫の顔がモチーフになってるんじゃないかな……










11-700_9998.jpg


あぁ、この空虚な目が埴輪らしいんだよな……二重瞼にしたら、少しは違った印象に見えるかもしれん (笑)






12-700_9999.jpg


最初の埴輪が『挂甲(けいこう)』で、この埴輪は『短甲(たんこう)』……甲冑のデザインも色々あるんだなぁ




……










あっ!




13-700_0040.jpg


あはは……こりゃ、猿だろ~~(^∀^*)

猿の埴輪なんて、見たことも聞いたこともなかったよ……(^_^;)






14-700_0041.jpg


『背中のY字形の剥離痕から、元々は子猿を背負っていたとみられ……』
あぁ、だからこんな姿勢なのか……完全なバージョンを見たかったなぁ




しかし、いい表情してんな~~、家に飾っておきたいわ~~ヽ(≧∀≦)ノ










もう一回だけ続きます。

ありがとうございました。

2017.05.22     カテゴリ:  東京 

   東京国立博物館【その1】




今年の2月、東京へ行く機会がありました。

東京は本当にいろんなところがありますね。
ワタクシ……その中でも、以前から特に見てみたいところがありました。




どこかというと……


はい、 『東京国立博物館』 です。


ふぅ……やっとこの日がきたぜ~~
はやる気持ちを抑え、正門から入ります。





1-700_9910.jpg


地面に、こんな案内がありました。

広~い敷地の中に、たくさんの建物が建っています。







右を見ると……


2-700_0044.jpg


『東洋館』です。

1968年(昭和43年)開館で、設計は谷口吉郎。
中国・朝鮮半島・東南アジア・インド・エジプトなどの美術品や考古遺物などが展示されています。

建物の大きさが、ド~ン!とストレートに伝わってくる意匠です。






左を見ると……


3-700_0048.jpg


『表慶館』

1909年(明治42年)、後の大正天皇ご成婚を記念して開館。 設計は宮廷建築家の片山東熊。
この建物、重要文化財に指定されており、現在は特別展やイベント開催時を除き休館中です。







このほかにも、いくつかの建物がありますが、全部を見る時間はとてもありません。

なので、今回ワタクシが行ったのは……




4-700_0046.jpg


正面に見える、この建物……『本館』です。

1938年(昭和13年)開館で、設計は渡辺仁。
コンクリート建築に瓦屋根をのせた「帝冠様式」の建築で、2001年に重要文化財に指定されています。



では、正面入り口から中に入ります。










ど~~~~ん!!!



5-700_9912.jpg


おぉ、凄い迫力だ……歴史を感じるなぁ~~
中央に石の階段……シンメトリーにデザインされた空間だ。










6-700_0018.jpg


突き当たりまで上がって振り返ってみた。
う~~む、凄い重厚感……本当に博物館にふさわしい雰囲気だ。








展示物を見る前に、もう少し建物の中を見ていきます。







7-700_0023.jpg


2階に上がってきました。
天井の意匠・照明・木製のドア……長い歴史の中に、身を置いてる感じ……











8-700_9949.jpg


展示室の間にはこんなスペース(ラウンジ)もあります。








ん?……この壁……




9-700_9951.jpg


こんな細工がしてある。
この壁が醸し出す雰囲気……とても面白い。




……










さて、もうそろそろ、展示スペースに行ってみましょう。


と、ここで目に入るのが……





10-700_0039.jpg


注意書きがありました……見ていくと……

『このマークがある作品……撮影することができません』



???!!!


ってことは、このマークがなかったら写真を撮ってもいいってこと?

そうなんです!……国宝をはじめ、ここに展示してある様々なモノは、基本撮影OKなのです~~♪



ちょっとビックリ(^_^;)……それでは見ていきましょう。












11-700_9924.jpg


不動明王……えらく、ご立腹のようだ……(・_・;)








あ、説明が書いてある。



12-700_9926.jpg


そうか、煩悩を退治してくれるのか……

私の煩悩も退治してほしい……(爆)











13-700_9927.jpg


ん?……こっちから見ると、違う表情に見える……少し笑顔に見えてきたよ (^_^;)














はい……特に盛り上がりもなく……淡々と続きます(笑)

ありがとうございました。

2016.06.24     カテゴリ:  東京 

   ガンダム【最終回】




皆様、こんにちは。

ガンダムの記事も5回目となりました……涙の最終回でございます。



実は……実際にこの目で見るまで、
このガンダムが、これほどの造りになっているとは思ってもみませんでした。


本当に楽しい撮影……まだまだ撮りたい……




でも、いつまでもここにいるわけにもいきません。

残念だけど、もうそろそろ……お別れです。




……










1-700_5703.jpg
ガンダム……お前、本当に凄かったよ。
俺の予想の遥か上を行ってたよ。


たくさん撮らせてくれてありがとうな……









2-700_5768.jpg


その風格のある堂々とした姿に、凄く感銘を受けた。

そう……人生も一緒だ。
堂々と自信を持っていかなきゃ駄目だよね。


見てると体の中から、力がみなぎってくるようだ。
ホント、元気をもらったよ。













3-700_5747.jpg


多少汚れてきたって、それがどうしたっていうんだ……
キズや汚れは、頑張ってきた勲章みたいなもんだい。


そう……挫折することがあったとしても、また立ち上がればいいだけの話だ。
前向きな気持ちにさせてくれてありがとう。












4-700_5680.jpg


青い宇宙(そら)……
遥か彼方へ向かって、今にも飛び立ちそうなガンダム。


見てるこっちも、なんだかやる気が出てくるんだ。
本当に……本当に見に来てよかったよ……











5-700_5832.jpg

まるで、皆を見守ってくれてるような……
もはや、達観した表情に見えてきた。


ガンダム……見ている人に、いろんな想いを与えていると思うよ……ありがとう。






あ、もうこんな時間だ。
名残惜しいけど、もう行かなきゃ……


バッグを肩にかけて歩き出す。








最後にもう一度、振り返ると……











6-700_5778.jpg


優しい午後の日差しの中、
ガンダムが静かに僕を見送ってくれていた。





……















なんでも実際に見てみるものですね……(^_^;) イヤ~凄かった……

この、立っている姿がホント美しいですし、
細部にまでこだわった造りに感動しました。

『出来、良すぎだろ――!』って、100回は叫びました…………心の中で…(笑)



5回に分けてお送りしてきました『ガンダム』
最後までお付き合いいただきまして、本当に本当にありがとうございました m(__)m



プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。