カテゴリー 《 東京 》   全5ページ

2017.05.22     カテゴリ:  東京 

   東京国立博物館【その1】




今年の2月、東京へ行く機会がありました。

東京は本当にいろんなところがありますね。
ワタクシ……その中でも、以前から特に見てみたいところがありました。




どこかというと……


はい、 『東京国立博物館』 です。


ふぅ……やっとこの日がきたぜ~~
はやる気持ちを抑え、正門から入ります。





1-700_9910.jpg


地面に、こんな案内がありました。

広~い敷地の中に、たくさんの建物が建っています。







右を見ると……


2-700_0044.jpg


『東洋館』です。

1968年(昭和43年)開館で、設計は谷口吉郎。
中国・朝鮮半島・東南アジア・インド・エジプトなどの美術品や考古遺物などが展示されています。

建物の大きさが、ド~ン!とストレートに伝わってくる意匠です。






左を見ると……


3-700_0048.jpg


『表慶館』

1909年(明治42年)、後の大正天皇ご成婚を記念して開館。 設計は宮廷建築家の片山東熊。
この建物、重要文化財に指定されており、現在は特別展やイベント開催時を除き休館中です。







このほかにも、いくつかの建物がありますが、全部を見る時間はとてもありません。

なので、今回ワタクシが行ったのは……




4-700_0046.jpg


正面に見える、この建物……『本館』です。

1938年(昭和13年)開館で、設計は渡辺仁。
コンクリート建築に瓦屋根をのせた「帝冠様式」の建築で、2001年に重要文化財に指定されています。



では、正面入り口から中に入ります。










ど~~~~ん!!!



5-700_9912.jpg


おぉ、凄い迫力だ……歴史を感じるなぁ~~
中央に石の階段……シンメトリーにデザインされた空間だ。










6-700_0018.jpg


突き当たりまで上がって振り返ってみた。
う~~む、凄い重厚感……本当に博物館にふさわしい雰囲気だ。








展示物を見る前に、もう少し建物の中を見ていきます。







7-700_0023.jpg


2階に上がってきました。
天井の意匠・照明・木製のドア……長い歴史の中に、身を置いてる感じ……











8-700_9949.jpg


展示室の間にはこんなスペース(ラウンジ)もあります。








ん?……この壁……




9-700_9951.jpg


こんな細工がしてある。
この壁が醸し出す雰囲気……とても面白い。




……










さて、もうそろそろ、展示スペースに行ってみましょう。


と、ここで目に入るのが……





10-700_0039.jpg


注意書きがありました……見ていくと……

『このマークがある作品……撮影することができません』



???!!!


ってことは、このマークがなかったら写真を撮ってもいいってこと?

そうなんです!……国宝をはじめ、ここに展示してある様々なモノは、基本撮影OKなのです~~♪



ちょっとビックリ(^_^;)……それでは見ていきましょう。












11-700_9924.jpg


不動明王……えらく、ご立腹のようだ……(・_・;)








あ、説明が書いてある。



12-700_9926.jpg


そうか、煩悩を退治してくれるのか……

私の煩悩も退治してほしい……(爆)











13-700_9927.jpg


ん?……こっちから見ると、違う表情に見える……少し笑顔に見えてきたよ (^_^;)














はい……特に盛り上がりもなく……淡々と続きます(笑)

ありがとうございました。

2016.06.24     カテゴリ:  東京 

   ガンダム【最終回】




皆様、こんにちは。

ガンダムの記事も5回目となりました……涙の最終回でございます。



実は……実際にこの目で見るまで、
このガンダムが、これほどの造りになっているとは思ってもみませんでした。


本当に楽しい撮影……まだまだ撮りたい……




でも、いつまでもここにいるわけにもいきません。

残念だけど、もうそろそろ……お別れです。




……










1-700_5703.jpg
ガンダム……お前、本当に凄かったよ。
俺の予想の遥か上を行ってたよ。


たくさん撮らせてくれてありがとうな……









2-700_5768.jpg


その風格のある堂々とした姿に、凄く感銘を受けた。

そう……人生も一緒だ。
堂々と自信を持っていかなきゃ駄目だよね。


見てると体の中から、力がみなぎってくるようだ。
ホント、元気をもらったよ。













3-700_5747.jpg


多少汚れてきたって、それがどうしたっていうんだ……
キズや汚れは、頑張ってきた勲章みたいなもんだい。


そう……挫折することがあったとしても、また立ち上がればいいだけの話だ。
前向きな気持ちにさせてくれてありがとう。












4-700_5680.jpg


青い宇宙(そら)……
遥か彼方へ向かって、今にも飛び立ちそうなガンダム。


見てるこっちも、なんだかやる気が出てくるんだ。
本当に……本当に見に来てよかったよ……











5-700_5832.jpg

まるで、皆を見守ってくれてるような……
もはや、達観した表情に見えてきた。


ガンダム……見ている人に、いろんな想いを与えていると思うよ……ありがとう。






あ、もうこんな時間だ。
名残惜しいけど、もう行かなきゃ……


バッグを肩にかけて歩き出す。








最後にもう一度、振り返ると……











6-700_5778.jpg


優しい午後の日差しの中、
ガンダムが静かに僕を見送ってくれていた。





……















なんでも実際に見てみるものですね……(^_^;) イヤ~凄かった……

この、立っている姿がホント美しいですし、
細部にまでこだわった造りに感動しました。

『出来、良すぎだろ――!』って、100回は叫びました…………心の中で…(笑)



5回に分けてお送りしてきました『ガンダム』
最後までお付き合いいただきまして、本当に本当にありがとうございました m(__)m

2016.06.21     カテゴリ:  東京 

   ガンダム【その4】




ガンダムの記事も、ようやく4回目となりました。

遅いペースでスミマセン……(・_・;)


今回は少し落ち着いて、
各部分をアップで見ていきましょう。



まず最初は……





1-700_5746.jpg


右肩です。

『WHITE BASE』とは、ガンダムの母艦の名前です。
『SCV-70』というのは艦籍番号らしいです。











2-700_5703 - コピー


はい、こちらは左肩。

『RX-78-2』はガンダムの型式番号です。











3-700_5734.jpg


左手です。

そーとー握力がありそうです(笑)

指の関節なんかも、よく出来てますよね~~
小鳥になった私をそっと優しく掴んでほしい……(爆)











4-700_5695.jpg


膝の部分です。

たくさん文字が書いてありますね~~
『CAUTION』『WARNING』『DANGER』

英語で書いてあると、なぜかやたらカッコよく見えるよね……(^_^;)




いっそのこと……


『注意』『警告』『危険』って書いてみたらどうだろう。

もちろん書体は【勘亭流】だ (爆)


あはは…… 一気に『和風ガンダム』になっちゃうな……(笑)










5-700_5729.jpg


膝を裏から見てみました。
本当に可動しそうな感じですね。

ん~~こんなの見ると、グリスを差したくなる……(笑)










6-700_5674.jpg


見てください……足が、前後(つま先・かかと)で角度が変わるようになってるんですね~~

歩くことを想定すると、これは理にかなっていますね。











7-700_5765.jpg


肘や膝……そしてこの足首。

関節に、この丸いのが付いてます。


もう見てると、うんうんって納得しちゃうほどの出来ですよね……(^_^;)









そして、この足を真後ろから見ると……







8-700_5844.jpg


こんなんなってた……(@_@;)

脚を左右に開いて立ってるんで、
こうして足首に角度がついてるんですね~~


足の裏は、ちゃんと地面と平行に接地するようになってます。





……












こうして見てると、ちゃちな印象は、これっぽっちもありません。

所詮アニメの中のキャラクターなのに、この本物感……半端ないです。


こういうのは、中途半端に作ると全然面白くないんですが、
これだけ、クソ真面目に作ってあると、本当に感心します。



企画から製造までにかかわった全ての人に拍手を送りたい……ハ(^▽^*) パチパチ♪

こんな素晴らしいものが出来るなんて、日本もまだまだ安泰です(笑)









さて……もう、お腹がいっぱいになった感がありますが、
もう一回……もう一回だけ続きます。




はい……次回、最終回です m(__)m


ありがとうございました。

2016.06.17     カテゴリ:  東京 

   ガンダム【その3】




ガンダムの記事、3回目となります。



どこから見ても、カッコいいガンダム。

カメラを構え、この周りを何周したでしょうか……(^_^;)
そんなことしてる、オッサンカメラマン……私だけでした(爆)


そうですよね……撮りたい人は、もうとっくに撮ってるでしょうし、
今どきの若い人は、オッサン世代が受ける感慨深いモノなんてないでしょうし(笑)







そんな私を見下ろすガンダム。




1-700_5693.jpg


おぉ……It's cool でございます~~



あ、そうだ!

まだ、じっくり見てないところがあったぞ。






後ろにまわって……






2-700_5839.jpg


そうこれこれ、このランドセルみたいなやつを背負ってるんですよ~~











違った角度から見ると……




3-700_5835.jpg


ほえぇ~~ド迫力だぁ~~~(^o^)










少し位置を移動して……




4-700_5727.jpg


むむっ!!!……この噴出口、よく出来てんなぁ~~~(@o@;)

放射状に配置されたノズル?みたいなのと、青くて丸い開口がある。


ホント、いい仕事してるよなぁ~~~(^_^;)




……










と、感心しておりましたところ……



さて、次はどこを撮ろうかと思いながら、

何気なく上を見ると……






あっ!!!



5-700_5681.jpg


噴出口の青い穴が光ってるぞ―――!!! わかりますか~~

どこまで芸が細かいんだ、ガンダムよ……(゚ω゚;A)




……











あの……もう、いい加減、飽きてこられた方も多数おられるかと思いますが、
そのへんの空気も読まず…………まだ、続きます (^_^;)




※明日・明後日(土日)、仕事で出張しますので、
拍手コメントにお言葉をいただけた場合、返事が遅れるかと思いますm(__)m スミマセン


ありがとうございました。

2016.06.14     カテゴリ:  東京 

   ガンダム【その2】




はい、『ガンダム』の続きであります。



さて、見上げながらガンダムの周りをグルグルと廻り
撮影してたワタクシ……



ふと視線を下に落とすと、






1-700_5774.jpg


目の前に足が……で、でかい…(@_@;)

赤色がカッコイイですね~~♪





ん?……足の向こうに見えるのは、









2-700_5752.jpg


通路になってるぞ!←期間限定だったらしいです

そうか……ガンダムの下を通れるようになっているんだ。




これは行かねばなりませぬ!!!(笑)

それじゃ行ってくるぜ~~♪ って、それほど気合を入れんでも……(^_^;)






まずは、ガンダムに近づき見上げると、









3-700_5753.jpg


(゜o゜) おぉ……脚の造形がたまりませんね~~

このアングルは、背景に建物が入っちゃってるけど、とてもいい感じだ。









真下まで来た。





4-700_5756.jpg


いいぞ いいぞ (*^_^*) このアングルは初めて見たぞ。


しかし今回、この実物のガンダムを見て思ったんです。
この『ふくらはぎ』のボリューム感が凄い……

これは、写真ではなかなか伝わらないですね。
もう、筋肉のカタマリ……凄い力強さを感じます~~






もうちょいアップで……





5-700_5849.jpg


ムフフ~~たまりませんね~~(笑)


そういえば、このガンダム……見てください。

様々なパーツが組み合わせてあるんですが、
それぞれのパーツに、注意書きらしき文字がたくさん表示してあります。

『CAUTION……』とか『↓MANUAL RELEACE』とか……

こういったところも、非常にリアリティがありますよね~~(*^_^*) ホント、出来よすぎだろ……










通路を進み、振り返りながら見上げてみます。




6-700_5850.jpg


ガンダム、仁王立ち。

なんでしょう……この安心感(笑)
親鳥の下にいる、ヒナの心境になってきました(爆)



……




さて、通路を抜けて、あらためてふくらはぎを見ると……(←しつこい……笑)









7-700_5717.jpg


おぉ~~こうして見ると、何度か戦闘に出てるような雰囲気もあるぞ~~(^_^;)

ふぅ……もう、感心させられる事ばかりだよ。



……









夢中になって撮ったんで、まだまだ写真があるんです。



なので……











さらに、ガンダム……続くのであります(^_^;)


ありがとうございました m(__)m


プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。