カテゴリー 《 城・神社仏閣 》   全4ページ

2017.04.23     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   背後にあるもの




神社仏閣が好きだ。

見て、その雰囲気を肌で感じれるし……被写体としても、とても魅力的。



そして、ここにある数々の仏像。

当時の人々は、どのような思いで作ったんだろうか……





1-701_0309.jpg

この仏像……

法隆寺の本尊であり、金堂に安置されている門外不出の国宝『釈迦三尊像』………………の、『複製品』であります。











2-701_0312.jpg


これは、富山県の高岡市・南砺市、そして東京藝術大学が協同した
釈迦三尊像の再現プロジェクトより製作されました。



釈迦三尊像の再現プロジェクトとは、
『東京藝術大学が法隆寺と文化庁から特別に許可を得て、釈迦三尊像の計測や金属分析などを行い、
そこで得られた高精細な3Dデータを基に3Dプリンターで原型を作成した。
これを用いて、伝統工芸高岡銅器振興協同組合の職人たちが鋳型を作り、三尊像と大光背を鋳造。
井波彫刻協同組合の彫刻師たちが、1tの重みに耐えられる木製の台座を制作した。
同大学では、鋳造した御像の造形を仕上げ、漆を塗り、傷なども再現。
1300年の経年変化による古色風に表面処理を施した。
門外不出の国宝 法隆寺釈迦三尊像。最新研究成果と、職人の経験と感性が相互に補い合い、
より高いレベルでの歴史的資産の再現につながった。』

「トヤマジャストナウ」ページより抜粋












3-701_0304.jpg


まぁでも、本物そっくりとはいえ複製品……ですが、今回のこれは一つ良い点がありまして……

本物を法隆寺に見に行っても、正面からだけの拝観となり、決して裏は見れないんですが、
これは、本物と同じ仕上げの裏面を見ることが出来るんです!




では、背後に回ってみましょう。 ドキドキ……(*^_^*)










じゃ~~ん!


4-701_0294.jpg

ん?……真ん中に、色が違う四角い部分がある。









よく見てみると……




5-701_0300.jpg


あ、小さい字がたくさん並んでる!



読んでみると……

ん~~ふむふむ……ほぅ……なるほど…………………………さっぱりわからんわ(爆)








意味をググってみた……(笑)





6-701_0298.jpg

この銘文……『光背銘』といいまして、造像の由来が書いてあるらしいです。

文字面33.9cm四方に、196字を14行、各行14字で鏨彫りしてあります。


内容は……
『推古天皇29年(621年)12月、聖徳太子の生母・穴穂部間人皇女が亡くなった。
翌年正月、太子と太子の妃・膳部菩岐々美郎女(膳夫人)がともに病気になったため、
膳夫人・王子・諸臣は、太子等身の釈迦像の造像を発願し、病気平癒を願った。
しかし、同年2月21日に膳夫人が、翌22日には太子が亡くなり、
推古天皇31年(623年)に釈迦三尊像を仏師の鞍作止利に造らせた。』

Wikipediaより抜粋


こういった歴史的背景を知った上で拝観するのも、大事なことですよね (*^_^*) ←普段、あまり調べない人(笑)







ありがとうございました。

2015.09.07     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   たまには神社 ♪





小雨降る神社にやってきた。


雨の神社も、趣があっていいものだ……と思う。



……





たまには、ド~ンと正面から……




1-700_1767.jpg


鳥居の注連縄越しに、本殿の注連縄。

本殿のほうが少し太いかな……








鳥居をくぐり、本殿へ……






2-700_1725.jpg


うん……どっしりとした雰囲気……

上の彫刻もいい感じだ。











3-700_1737.jpg


鈴緒(すずお)が下がっている。


あれ?……兎の彫刻が付いてるぞ。

こんなのも珍しいんじゃないかな……












見上げると……






4-700_1742.jpg


てっぺんに、本坪鈴。

思ったより大きな音がしてびっくりした……(^_^;)











本殿正面の右側には……






5-700_1751.jpg


こんな兎が立っている。

なんだか艶々してるよ……











あ……後ろの板に説明が……








6-700_1728.jpg


ふ~~む、そういうことか……


よくあるよね……こういうの……

体の病んでいるところを撫でて、治りますように……って、お願いするやつだな。




よし!……ワタクシも撫でとこう ♪




ナデナデ……



ナデナデ……












えっ?

どこを撫でたのか……ですって?






ええ……以前から、ちょっと調子が悪い所があって……

そこを撫でときました。



どこかというと……








7-700_1733.jpg


はい!……アタマです(爆) アタマ、ピカピカだよ……(^_^;)



ん?……

あぁ~~ウサギちゃん、そんなにムッとした顔、しないでぇ~~~(^_^;)










ありがとうございました。

さぁ皆様、今週も頑張っていきましょ―――\(^o^)/



2015.07.07     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   どこからともなく鐘の音が……





お寺に行った時の話を一つ。



どこのお寺かというと……








ここです。




1-302_3442.jpg


富山県南砺市の井波にある『瑞泉寺』(ずいせんじ)です。










2-302_3440.jpg


では、この門から入って行きましょう。












3-302_3435.jpg


受付です。

木彫刻の飾りがついていますね。



ここ井波は『井波彫刻』という伝統工芸がありまして

たくさんの伝統工芸士の方がおられます。



町の通りを歩いていると、井波彫刻の工房や店が並んでいたりして

作業(彫刻)を見れたりします。


他にもいろんなお店があり、非常に趣のある町並みです……しかし写真が無いという……(・_・;)












4-302_3321.jpg


本堂です……大きいですね~~

間近で見ると、迫力があります~








ゴ~~~~~~~~ン……………



あ……鐘の音……










では、中に入っていきましょう。




5-302_3335.jpg


こんな廊下があったりして……





あ……鏡がありました。


1枚、撮っとこう♪






パシャッ (←―シャッター音)















6-302_3338.jpg


いつも、こんな感じで撮ってます。







ゴ~~~~~~~~ン……………


また鐘の音だ。




どこに釣鐘あるんだろ……












7-02_3342.jpg


本堂から左の建物に向かって、廊下がつながっている。


いやしかし……柱の木目がいい感じだなぁ~♪

これは欅……かな……







よし、行ってみよう。








8-302_3352.jpg


ん?……んんっ?……

突きあたり……いちばん右奥の柱の横からチラッと見えてるのは……


ムフ♡……見つけたような気がする (^_^)













じゃ~~~ん!!!




9-302_3381.jpg


やっぱり釣鐘だぁ~~~ こんなところにあったんだ……(゜o゜)

ちっちゃい釣鐘♪……可愛いなぁ……(^_^)



この釣鐘を突く棒……『撞木』(しゅもく)っていうそうですが……

この撞木……長さ1メートルもないですね。



物って何でも小さくなると、可愛くなりますよね……(^_^;)










外を見ると……







10-302_3382.jpg


今日はいい天気 ♪

暗いお寺をバックに、明るい緑が綺麗です。


……



かすかに風が吹いてて気持ちいい……





ある日の午後の、ひとときでした。








ありがとうございました。



2015.04.24     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   神社って落ち着きますね~




前回の続きとなります。



神社の授与所へ来ました。


おみくじやお守りが置いてあります。



302_0946_958.jpg


では、カメラを横に置いてと……

一枚、引いてみました。 (矢が付いてないのを引きました)



……








『小吉』でした…… 写真無し……(・_・;)

何とも微妙……



いや……何事も、ほどほどが良いんです……ウンウン(^_^;)




……





台の上に置いてある、私のカメラ。

ちゃんとおとなしく待ってくれてます……よしよし(^_^;)


せっかくなんで、置いてあるままで撮ってみましょう♪




パシャッ (←シャッター音)








302_0950_959.jpg


こんな時、どこにピントを置くか迷いますよね……


この写真は、ピントを奥に……

そして、35㎜のレンズで開放(F1.4)で撮ってあります。 開放の方がわかりやすいと思ったので……(^_^;)






では、今度は手前の柱にピントを置いてみます。




パシャッ (←シャッター音)











302_0951_960.jpg


奥の方が、結構ボケました。

写真の印象が全然違いますね。


まぁ……撮りたいものがどこにあるかでも変わりますけど……





……







あっ……また吊灯篭がありました。




302_0952_961.jpg


いい雰囲気です。




……






302_0954_962.jpg


おみくじを紐に結んで、と……



もうそろそろ帰りますか。





……






長い階段を下りていく途中……








302_0963_963.jpg


木々の向こうに夕日が見えました。




……






階段を降りたところには、手水舎が……




302_0966_964.jpg


水を司る神様……龍神様の口から、水が出ています。


いつも本当に、お疲れ様です。










ありがとうございました。

オチも無し……静かな静かな記事となりました……(・_・;)



2015.04.22     カテゴリ:  城・神社仏閣 

   たまには神社へ……




神社に来ました。


静かです……





まずは手水舎。



1-302_0936_956.jpg


参詣者が、手や口を漱ぎ清める所ですね。

いつも撮ってしまいます。



正しい作法がありますが、よく覚えておりません……(^_^;) イツモテキトー




……






狛犬がいました。



3-302_0956_954.jpg


狛犬は、左右で一対……『阿吽』を表しています。

これは、右側の『阿形(あぎょう)』……なので、口が開いていますね。






2-302_0957_955.jpg


こちらは、左側の『吽形(うんぎょう)』……なので、口を閉じています。





……






4-302_0942_957.jpg


本殿……注連縄が下がっています。

ん?……えらくささくれた感じ……


こういうのって、定期的に交換とかするんだと思いますが
最近(ここ数年?)、交換してないのでしょうか……




……






手前の左右には……



5-302_0941_952.jpg


吊灯篭が、ぶら下がっています。

こんなのも、いつも撮ってしまいます。




……





横手に建物(授与所)がありました。


行ってみましょう。



……





6-302_0943_953.jpg


おみくじです。

引いてみようかな……(・_・;)



いざ……




……













すみません……次回に続きます……m(__)m








ありがとうございました。

なんか……今回、えらく静かな記事だったような…… (^_^;)





プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。

リンクフリーです。

ご連絡いただければ、こちらも
リンクさせていただきます m(__)m

※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。