カテゴリー 《 お出かけ 》   全7ページ

2017.10.25     カテゴリ:  お出かけ 

   世界に誇る画狂人





ある日のこと……

車に乗って出掛けて来ました。







高速……北陸自動車道から上信越自動車道に入り、着いた先は……





1-701_2230.jpg


はい、ここは長野県にある『小布施』
狭い小路なんかがあったりして、とてもいい雰囲気です。







この町に何があるのかというと……






2-701_2235.jpg


案内表示がありました……そう、葛飾北斎なんです。












4-701_2225.jpg


『葛飾北斎』(1760-1849)……日本が世界に誇る浮世絵師。
その数々の作品は、いまだに人々を魅了し続けています。


70年間にも渡る長い画家人生の中で、3万点を超える作品を残したといわれており、
亡くなるまで絵を描く情熱は冷めることなく、70代前半には46枚にも及ぶ大作『富嶽三十六景』を完成させています。

※富嶽三十六景なのに、なぜ46枚あるのかというと、
最初は36枚だったのですが、人気が出てきたため10枚追加し、最終的に46枚となったようです(^_^;)












3-701_2228.jpg


はい、着きました……『信州小布施 北斎館』であります。

ここには、葛飾北斎の作品などが展示されていまして、
今は『北斎漫画の世界』という特別展が開催されています。



『北斎漫画』……全15編、総図数約4000からなる人気シリーズ。
気の向くまま漫然と描いた画……ということから北斎自ら『北斎漫画』と名付けたそうです。

画題は、人・動植物・神話・妖怪など多岐にわたり、漫画というよりもスケッチ集といった内容になっています。







と、ここまではいいんですが……中の作品は撮影禁止でした (>_<) まぁ、仕方ないわな……(^_^;)



しょうがないと思いつつ進んでいくと……









5-701_2219.jpg


おぉ、これまで展示してあった北斎の画……それが印刷された壁紙が貼ってあるぞ。
はい、ここは撮影OKのようです~~ (*´∀`人 ♪











6-701_2223.jpg


猫と犬がいた……犬、笑ってるように見えるよ(笑)
上に、小さい鳥が何羽も飛んでいる……あれは雀かな。

何気なく見ていたけど、ふと思った。
昔は写真も映像もない時代……なのに、よくこんな飛翔シーンがちゃんと描けるな……凄い観察眼だ (@_@;)











7-701_2216.jpg


いろんな動物が描いてある……よくわからないのもいるなぁ~~











8-701_2220.jpg


人物画だ。

よくある、ポースをとった人物画ではなくて、日常の何気ない瞬間を切り取って描いてある感じだ。











9-701_2222.jpg


これは……水の中にいる生き物のシリーズだな。

真ん中の大きくて黒いのは、『くじら』……かな?
左上のは、えらくコワいぞ……なんて読むんだ?……『わにざめ』って書いてあるのかな。

う~~む……読めない字が、いくつもあるわ (・_・;)





……









10-701_2224.jpg


画狂人・北斎……この波の表現が本当に素晴らしい。

そして、このベロ藍(プルシアンブルー)という色……『北斎ブルー』とも言われています。
なんだか、ずっ~~と見ていたくなる色ですね~~(*^_^*)





……











あ~~、お腹が空いてきたよ、ということで……









11-701_2234_01.jpg


はい、『天ざる蕎麦』をいただきました。
ふぅ~~美味かったわ~~(*´∀`*)


『小布施』……適度に賑わってるし、いろんなお店もあって楽しいです。
北斎も見れたことだし、大満足でした (*^_^*)








おしまい

2017.08.23     カテゴリ:  お出かけ 

   ドアの中





ドアがあった。









1-701_1646.jpg


木製で頑丈そうだ。
中には何があるんだろう……











2-701_1647.jpg


『WELCOME』なんて書いてあるが……なんだろう、この雰囲気……(・_・;)

よし、入ってみるか。







ギィ~~~~………… ( ドアの音)












あっ……
3-701_1592.jpg


チューリップがお出迎えだ。

花びらの先がギザギザ……フリンジ咲きのチューリップ。











4-701_1625.jpg


中華風な招き猫……かな。

この壁の質感と色に、似合ってるよ。











5-701_1634.jpg


額……ガラスがチューリップの形に浮き上がってる。












6-701_1638 - コピー


花束……誰が置いていったのか……もの悲しげな雰囲気だ。


……


よく見ると造花だった(爆)






シ~~~~~~ン。

静かだ……



もうそろそろ出るか。









7-701_1648.jpg


ふぅ、外は明るいな……カエルの顔も笑ってるように見えてきた (^_^;)





……













オチ無し……(>_<)













撮影場所は……






8-701_1650.jpg

何度も登場している、ここであります (`・д・´)ゝ



ありがとうございました。

2017.08.19     カテゴリ:  お出かけ 

   ノドが渇いてきたよ (^o^;)




曇り空だけど、気温が高い。

湿気も多いし……汗、かいてきたよ。




……





1-701_1692.jpg


一面芝生の公園だ。
余計なものが置いてないので、とても広々としている。


ん?……向こうに見える木の周りに何かが置いてあるぞ。










2-701_1693.jpg


あはは~~でっかい王冠(瓶の蓋)が置いてある~~ (^o^)













3-701_1695.jpg


なぜ、この公園に、王冠のデザインのベンチが置いてあるかというと……












4-701_1698.jpg


はい!ここは、富山県砺波市にある『北陸コカ・コーラ砺波工場』で~~す。
この公園は、工場敷地内にありまして、自由に入れます。

そして、電話で予約すれば、工場の中を見学することも出来ます。
製造工程を見れたり、コカ・コーラの試飲をさせてくれるんです (*^_^*) 確か無料……



そうそう、画面下やや左……面白いものが見えます。











じゃ~~~~ん!!!



5-701_1701.jpg


大きいコーラの瓶の『鹿威し(ししおどし)』です~~ \(^o^)/

この大きさ、伝わりますでしょうか……人の身長ぐらいあったかな~~いや、もっとかな~~(^o^;)
しかし、こんなのを真面目に作るノリ……大好きです(笑)










では、近くで見てみましょう~~♪



6-701_1703.jpg


今、瓶の中にどんどん水が溜まってきてます。 ワクワク……(*^_^*)










7-701_1713.jpg


あっ、傾き始めました!










8-701_1715.jpg


わはは~~水が出てきた~~ヽ(≧∀≦)ノ










9-701_1722.jpg


水が無くなると、元の角度に戻っていきました。

ん~~欲を言えば、水がコーラみたいに、黒かったら完璧だったかも……(笑)





……













園内を歩いて行くと、




10-701_1739.jpg


おぉ、カッコいいベンチだなぁ~~赤と黒がキマってるわ~~(*^o^*)

一台欲しいくらい……置くとこ無いけど(爆)











11-701_1751.jpg


『コカ・コーラ』……知らない人はいない、っていうほどのブランドイメージ……凄いですよね。










そういえば……



12-701_1844.jpg


ここの近くにある『チューリップ四季彩館』に、こんなコーラが売ってました。

チューリップが描かれた、ご当地デザインの缶コーラ。
これも、ここ北陸コカ・コーラ砺波工場で生産されているそうです。



……




あ~~なんだか、コーラを飲みたくなってきたよ……(^o^;)

しかし……あの『瓶のコーラ』って、なんであんなに美味く感じるんだろうね(笑)










ありがとうございました。

2017.04.11     カテゴリ:  お出かけ 

   遙か古代に思いを馳せる





数多くの謎を持ち、今もなお人々を魅了し続ける古代エジプト文明……




……





3月のことなのですが、
こちら富山にて『黄金のファラオと大ピラミッド展』が開催されました。


どんな内容かというと……
『はるか4500年前、古代エジプトにピラミッドが建造された大いなる時代の至宝の数々。
世界一のエジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館から、
ツタンカーメン王の黄金のマスクと並ぶ3大黄金マスクの一つ「アメンエムオペト王の黄金のマスク」や
「クフ王の銘が入った彫像」、美しく壮麗な「彩色木棺」など、
監修者の吉村作治氏が18万点の収蔵品から選び抜いた100点余りを展示します。』

公式ページより抜粋



そうなんです……普段は国立カイロ博物館にある、本物の収蔵品が見れるのです。
よくぞ、こんなド田舎の富山に来てくれた!これを逃すと、もう一生見れないと思うので行ってきました。




1-700_9873.jpg


ここから入って行きます。











2-700_9875.jpg


通路にこんな写真がありました。

これは『ギザの3大ピラミッド』ですね。
写真、右奥から順に『クフ王、カフラー王、メンカウラー王』のものです。


この写真では小さく見えますが、奥にあるクフ王のピラミッドが一番大きく、完成時の高さは146.59m(現在は138.74m)です。
そして、14世紀にリンカン大聖堂が完成するまで世界で最も高い建造物だったそうです。


……



さて、この先の部屋に入ると、数々のものが展示してあるんですが、

スミマセン!……そう、全て撮影禁止なんです!!!(>_<) まぁ、わかってたんだけどさ……記事、どーすんだよ (・_・;)





……












そんなわけで、



3-700_9878.jpg

展示スペースから出てくると、売店がありました。 展開、早っ (^_^;)

いろんなものがあります……あぁ、あれもいいなぁ~~おぉ、これもいい……




……










そして夜、自宅……







4-701_0499.jpg


『ネフェルティティ』です。

『アクエンアテン王』の第一王妃で、『ツタンカーメン』の義母になります。











5-701_0507.jpg


『ツタンカーメン』の棺です。

実はこれ……ちゃんと蓋を開けることができるんです。




中はどうなっているかというと……











じゃ~~~~ん!



6-701_0510.jpg

ちゃんとミイラが入ってます~~(笑)

包帯が巻かれていて、少し汚れもつけてあるようです……いやぁ、無駄に出来がいいわ~~ヽ(≧∀≦)ノ こんなん大好き~~










アップで見てみると……





7-701_0512.jpg

う~~む……やっつけ感がないところに好感が持てる(笑)








そしてこれ、閉めたとき蓋が磁石でくっつくんで、





8-701_0515.jpg


こうして立てておくことも出来ます (^_^;)











9-701_0517.jpg


以前発売された雑誌……エジプトの特集が載ってました。
表紙に写ってるのが、『ネフェルティティ』です……顔のシュッとしてる感じがいいですね~~

その横に、先ほどの写真にあった『ネフェルティティ』……これボールペンです。

ツタンカーメンの棺……大きさは、11cmぐらいです。






紀元前3000年頃から、紀元前30年頃までの約3000年間……途方もない年数にまたがり繁栄した古代エジプト文明。

ここに展示してあった、いろんな像や装飾品、他いろいろ……
よくぞそんな昔に作ったたものだと感心するとともに、ここまできれいに現存してるなんて……(;゜0゜) スゲェ~~





……













10-701_0519.jpg


『ヒエログリフ』……古代エジプトで使われていた文字だ。
ロゼッタストーンが解読されたことにより、現在ではヒエログリフも読めるようになっています。

古代エジプト文明……考えただけで、ワクワクドキドキしますね~~



では、今夜はヒエログリフ入りのショットグラスで、お酒でもいただくとしますか……









ありがとうございました。

2017.03.20     カテゴリ:  お出かけ 

   和倉昭和博物館とおもちゃ館【最終回】




長いことお送りしてまいりました『和倉昭和博物館とおもちゃ館』……今回が最終回となります。

それでは、引き続き見ていきましょう。



……




これまで、結構それぞれのモノをアップで撮ってきましたが、
館内はどんな感じかというと……





1-700_9336_2131.jpg


2階は、こんな通路をくねくね曲がりながら進んで行くことになります。
結構広いんで、相当な数のモノが展示されているのが想像できるかと思います。


このあたりは、ブリキのおもちゃがたくさんありますね。











2-700_9680_2127.jpg


『なんでも鑑定団』で見たようなロボットだ (^_^;)











3-700_9356_2134.jpg


ミニカーですが、とんでもない量です。

しかも箱付きで、本当に綺麗な状態……今ここで、新品を販売してるかのように見えます(笑)











4-700_9665_2135.jpg


切手が展示してありました。
いろんなシリーズが、ちゃんと綺麗に分けられています。



私、子供の頃……切手を集めていました。

いろいろ欲しいのがあったんですけど、
その時のお小遣いでは、そうそう高いのを買えるわけもなく (・_・;)



ここにならありそうだな……



……







あっ……やっぱりあったぞ!



5-700_9334_2130.jpg


『見返り美人』『月に雁』だ~~……あぁ、本物初めて見たかも……(@_@;)


ちなみに……

左の『見返り美人』『菱川 師宣』
真ん中の『月に雁』『歌川広重』の作品です。











6-700_9337_2132.jpg


古い紙幣や硬貨が飾ってあった。











7-700_9339_2133.jpg


あぁ、やっぱりお札といえば、これだよ!

一万円札は聖徳太子が似合うよなぁ~~
千円札の伊藤博文……ヒゲが、とろろ昆布みたいだなぁ……って子供の頃、よく思った(笑)


百円札は……使った事無いです (^_^;)











8-700_9313_2139.jpg


日本レコード大賞の歴代受賞曲だ。











9-700_9314_2140.jpg


どの曲も知ってる……(^_^;)


……



まだまだいろんなモノが置いてあるんですが、キリがないというか……(>_<)

このあたりで、1階に降りたいと思います……スミマセン (・_・;)





……













10-700_9206_2129.jpg


1階はこんな展示になっています。
丁寧に見ていくと、どれだけ時間があっても……って感じです。

天井が、空の模様になってるのがいいですね~~



……





そういえばここには売店があって、古いものが販売されているんです。






11-700_9730_2136.jpg


たくさんのシングルレコードがありました。

私の年代なら、昭和のアイドルといえばやっぱり『松田聖子』ですね~~(*^_^*)






建物の外に出ると……







12-700_9732_2137.jpg


こういう乗り物……よくありましたよね。
うん、新幹線といえばやっぱりこの形だよな……











13-700_9747_2138.jpg


誰でも子供の頃、一度はこんなの乗ったことあるんじゃないかな……



……









さて帰るか。

そんな私を見送ってくれたのが……










14-700_9749_2128.jpg


ビクターの犬だ……そんな寂しい顔するなよ。

また、来れたら来るからさ……





おしまい (*^_^*)


❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿❀✾✿

長い記事になりましたが、最後まで見ていただいてありがとうございました。

たくさんの写真を載せましたが、他にも、まだまだたくさんの品物が展示してあります。
そして、それらがみんな本当に綺麗な状態で感心しました。


こうして見ると、昭和の時代……急激に日本は変わっていったんだな……って思います。
当時のいろいろな思い出……大切にしたいものですね (*^_^*)





さて、私にしては、ちょっとハイペースで記事を書いてきましたが、
次回からは、以前のように,もう少しゆっくりペースでいきたいと思います。

これからも宜しくお願い致します m(__)m



プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。