FC2ブログ
 全117ページ

2019.08.16     カテゴリ:  お酒 

   夏の休日






ある休日の午後……











1-701_6737.jpg


ここに一本のビールがある。 まぁ正確に言うと発泡酒ですが (^_^;)











2-701_6748.jpg


北海道は網走ビール株式会社製造の『流氷ドラフト』
缶のデザインも、とても涼しげだ。










ムフフ……実はこのビール、ちょっと変わってるんですよ。










3-701_6757.jpg


早速、グラスを用意しました。












4-701_6749.jpg


では開けましょう…………プシュッ!

グラスに注ぎます……トクトクトクトク……












じゃ~~ん!!! 



5-701_6761.jpg


はい!このビール、青いんです~~(≧▽≦)












6-701_6768.jpg


缶の裏側に説明が書いてありました。
『澄み渡るオホーツクブルー』か……ホントそんな感じだ (^_^)











7-701_6764.jpg


なんて涼しげな……もう、この中へ飛び込みたい(爆)












8-701_6766.jpg


爽やかな透明感♪……見てるだけで涼しくなってきたよ (´∀`*)

それでは……ゴクッ ゴクッ…………おぉ、美味い~~
うん、味も爽やかで、とってもフルーティーだ。












夏……エアコンの効いた部屋で、昼間のビール♡
たまにはこんな休日も……いいよね。











ありがとうございました。

2019.08.08     カテゴリ:  お出かけ 

   あの花って……(@_@;)






富山から車を走らせること2時間半……


ようやく着きました~~(*^_^*)








1-701_6661.jpg


ここは長野県にあります『安曇野アートヒルズミュージアム』です。











2-DSC_1113_00001.jpg


この施設、たくさんのガラス製品が展示販売されてまして、ガラス工房やレストランもあります。
そうそう、フランスのガラス工芸家「エミール・ガレ」の美術館も館内にあるんです。

ガラスのお猪口もたくさんあって、欲しいのが一個あったんだけど…………我慢しました (・_・;)




……









さて、いろいろ見て楽しんだ後、外に出ました。




3-701_6659.jpg


あっ、向うにたくさん花が咲いている、見に行ってみよう~~♪











3-701_6733.jpg


わ~~たくさんのチューリップ~~~~…………ん?……こんな時期にチューリップ? (@_@;)

よ~く見てみると……










あっ!


4-701_6664.jpg


これ全部、ガラスで出来てるんか~~!!!Σ(゚□゚*)









横を見ると……


5-701_6731.jpg


ちゃんと、注意書きがあったわ (^_^;)











6-701_6688.jpg














8-701_6686.jpg














7-701_6678.jpg


黄色~~











9-701_6698.jpg


凄い凄い……なんて綺麗なんだ (*゚ェ゚*)











10-701_6719.jpg


あらあら……鳥さんもいたよ (*^_^*)






……

















11-701_6697.jpg


暗がりに……



12-701_6714.jpg
ぽっかり浮かぶガラスの花は、




13-701_6704.jpg
ゾクッとするほど美しい……







……


















14-701_6732.jpg


いやぁ、ガラスの花たち、凄かったなぁ……
ちょっと遠かったけど、出掛けてみると思いもがけないものに出会えたりするね。




……







今年も、あっという間にお盆がきますね。

外出の機会が増えるかと思いますが、
皆様、気を付けてお出掛けされますように……








ありがとうございました。

2019.08.02     カテゴリ:  東京 

   あ~~腹減った






そうそう、東京の写真がもう少しあったのを忘れておりました。
お昼御飯を食べたときの写真なのですが、今回はそれで記事をいきたいと思います。

写真は全部で16枚あります。
ちょっと長い記事ですが宜しく御願い致します。





……














あ~~腹減ったなぁ~~ということで、来た店がここ!



1-DSC_1188_00001.jpg


カレーのお店 『デリー 上野店』です。









中に入ると……






2-DSC_1197_00002.jpg


厨房……日本人じゃないのか (*゚ェ゚*)
上に書いてある文字……………ふぅむ……読めんわ (´・_・`)


ではメニューを見て……じゃあ、これを注文しよう♪










待ってるあいだに薬味を見ておくか。




4-DSC_1191_00001.jpg


2種類あった……玉ねぎとキュウリのピクルスだ。










そうこうしてると……来ました~~\(^o^)/





3-DSC_1203_00001.jpg


『タンドリーチキンセット』です。

カレーとドリンクを選べます。
ということで、カレーは『カシミールカレー』、ドリンクは『ラッシー』にしました。










5-DSC_1200_00003.jpg


タンドリーチキン……熱々です!
かなり大きなのが、ゴロッっと入ってます。









6-DSC_1201_00004.jpg


パクッ!……うん、美味い!
骨が無いんで食べやすいわ (*^o^*)










7-DSC_1204_00006.jpg


カレーにもチキンが入ってる。










8-DSC_1208_00001.jpg


サラサラのルーなんで、こんな感じ。
では一口、パクッ!…………ん?……… か、辛い~~~~Σ(゚д゚|||)










9-DSC_1215_00002.jpg


チキンもいただこう………柔らかくて美味いんだけど、しかし辛いな~~……汗かいてきたわ (・o・;)

周りを見てみる……カシミールカレーを食べてる人たち、みんな涼しい顔して食べてるぞ。
なんで俺だけ、一人サウナ状態なんだ(゚д゚;;;)アワワワ……


結構、量もあったんで腹いっぱいになったよ。
うん、満足した……ご馳走様でした (*^_^*)



……







数時間後、都内を走ってると、



10-DSC_1216_00002.jpg


なんだありゃ……スゲーの走ってんな、さすが東京だ(笑)
しかし、まだ口の中が辛い気がする (・_・;)








よし、こういう時は……


俺は車を走らせた。





11-DSC_1230_00001.jpg


着きました~~……『メルティング イン ザ マウス (MELTING IN THE MOUTH) 』です。









店内に入ると……



12-DSC_1223_00001.jpg


子供を連れたお母さんと、若い女の子だ。
おっさんは俺一人……ちょっと照れた (・_・;) ←(爆)









注文してから椅子に座る。




13-DSC_1226_00003.jpg


あはは……モルタルを塗った壁に直接文字が書いてある。
なんかお洒落だわ (*゚ェ゚*)







そうこうしてると……『お待たせしました~(*^_^*) 』 ←お店のオネーサンの声♪














じゃ~~~ん!


14-DSC_1220_00001.jpg


あはは~~このソフトクリーム! キャワイイ~~(≧▽≦)
おもちゃで、こんなのありそう(笑)






では写真写真♪

パシャ……パシャ…………パシャ……











15-DSC_1222_00002.jpg


あ、写真を何枚も撮ってたら、先っぽが溶けてきた (;´・ω・) ←さっさと食べろや~~

では一口……あ、ミルキーっぽい味だ♡
冷たい甘さに癒されるわ……幸せやぁ~ +゚。*(*´∀`*)*。゚+












16-DSC_1227_00002.jpg


カッコいい店内♪……可愛いソフトクリームとのギャップがまたいいよね ♡













おしまい (*^_^*)

2019.07.25     カテゴリ:  WILD BOOKERS的こころ 

   人生って……




皆様、こんにちは。

今回の記事……静かに音楽を聴きながら見ていただく、という趣向にしてみました。


もしよろしければ、こちらの曲を聴きながらゆっくりとスクロールして見ていただければ嬉しいです。
            ↓↓↓↓↓
           Epilogue - YMO ←クリックしてから記事へ m(__)m





……

















人生ってさ……長いようで短く、短いようで長かったり。

嫌なことは長く感じて、楽しいことはあっという間に終わってしまう。









701_3052.jpg


弱い面もあるのが人間……不安になることもある。











700_2354.jpg


楽しかった公園……今は誰もいなくなってしまった。











302_4449.jpg


行く先には何が待っているのか……
自分が正しい方向に進んでいるかは、わからない。











700_1647.jpg


人生長くやってると、
良いことよりも、嫌なことの方が多くなってきた気がしませんか?











302_1001.jpg


でも大丈夫、嫌なことばかりは続かない。
そう……トンネルだって必ず出口は来る。

そこからどう進むかが大事なんだ。











700_3110.jpg


疲れたら、無理せず休憩するのもいいだろう。











302_3298.jpg


旅ってのもいいね……何事も経験。
なんでも経験してる人間は強い。













302_40110.jpg


満ち足りた生活を送ってるようにみえる人でも、本人はそれほど満足感は無かったりする。
所詮、人間ってそんなもん……どれだけ飲んでも、喉の渇きが癒やされない感覚……














心の幸せって、一体なんだろうね。












700_16500.jpg


振り返ると、ここまで上がってきてた。
自分が『今まで人生を送ってきたけど何も成し遂げてない……』と思ってたとしても、
これまでに、いろんなことを積み重ねてきてるはず……自信を持って行けばいいと思う。












700_16590.jpg


向こうに人影……
友達・仕事・家族……人生は、出会いと別れの繰り返し。
自分が次に出会う人は、一体どんな人なんだろう。








……











人生って、ちょっとしたタイミングや行動、そして考え方や決断などで、大きく変わったりする。

なかなか上手くいかなかったりするけど……それもまた人生なんだろうね。















ありがとうございました。

2019.07.18     カテゴリ:  東京 

   チャレンジングスピリット【後編】






前回からの続きとなります m(__)m











ここは『HONDA』の本社……1階のショールーム『Honda ウエルカムプラザ青山』です。




8-701_6497.jpg


『F1マシン』がありました。
初めて見たわ……思ったより大きく見える (*゚ェ゚*)……では、早速見ていきましょう。











2-701_6500.jpg


トロロッソ・ホンダ……去年のモデルだ。

エンジンはV6の1,600cc……15,000rpmまで回るのか (;゚д゚)ゴクリ…
最高出力が非公開だけど、900馬力以上でてるんじゃなかったかな……

900馬力でも凄いけど、昔の規制が低かった頃のF1の予選では、
1,500ccで1,500馬力以上発生させてたり……凄い時代だったよね (・_・;)

重量が733kg……イマドキの軽四より軽いわ (^_^;)











3-701_6532.jpg


うぉ~~迫力あるなぁ~~

真ん中の下に、白い丸いランプがいくつもありますね。
雨のレースになると、跳ね上げた水しぶきで前のマシンが見えにくくなります。
そのとき、ここが赤く点灯するんです……後方のマシンへのサインですね。










4-701_6502.jpg


見てると、自分もパワーがモリモリ湧いてくるような気がする(笑)











6-701_6509.jpg

↑前輪


5-701_6506.jpg

↑後輪

ホイールはセンターロック……真ん中のナット、一つで装着されている。
うん、やっぱり普通の六角形じゃ無いんだな(爆)











7-701_6522.jpg


サイドに、カーボンで出来た平らなパーツが見えます……これを『フロア』といいます。

走行中はマシンの周りの気圧が変化します。
このフロア……平らな床を地面近くに作り、負圧を発生させ、
それによって、マシンを地面に押し付ける力……ダウンフォースを得ています。











8-701_6516.jpg


空力の重要性を凄く感じるパーツたちだ (`・ω・´)

結構うねってて、切れ目もいくつも入ってる。
空気の流れをコントロールし、マシンのどこを通して、どんな効果を得るか……
コンピューターで解析された結果の形だ。











9-701_6537.jpg


コックピットの上に、下駄の鼻緒みたいのがありますね (^_^;)……これを『ハロ』といいます。

レース中、何かしらのアクシデントで、マシンの残骸やパーツの破片などが飛来する場合があります。
それらから、ドライバーの頭部を保護するためのモノです。

以前、レース中に飛んできた破片がカーボン製ヘルメットを突き破り、頭蓋骨を損傷する事故もありました。
100%防ぐことはできませんが、安全に対する対策は重要なことです。 たとえカッコが悪くても……(・_・;)

ちなみに、ドライバーはレース中、このハロの存在は気にならないそうです。









コックピットを覗いてみると……



10-701_6517.jpg


カーボンで出来た弁当箱みたいなの……これ、ステアリング (ハンドル)です (^o^;)









表から見ると……



11-701_6519.jpg


市販車とは全然違いますね(笑)……赤い部分が手で握るところです。
ボタンやダイヤルがいっぱいで、複雑すぎ。
あんなスピードで走りながら、これらを操作しなければなりません。










では正面から見てみましょう。




12-701_6529.jpg


お~~これまた、ド迫力や~~(´∀`*)











13-701_6515.jpg


フロントの足回り……カーボンパーツだらけだ。

タイヤの内側に付いてる、湾曲した四角いの……これ何だろう……(;´・ω・)
空気をホイール内部に送り込んでブレーキを冷却するためかなぁ 違ってたらスミマセン (・_・;)











14-701_6530.jpg


フロントウイング……これまた凄い形だわ……(@_@;)











15-701_6513.jpg


マシンを早く走らせるには、当然空気抵抗が少ない方がいいのですが、
ダウンフォースを得るためには、基本空気の抵抗が必要になるわけで……
そのあたりを高い次元で両立させるのは、本当に難しいことだと思います。





……














F1をやるには、豊富な資金と高い技術力……それと、本当に強い意思……チャレンジングスピリットが必要と考えます。

もう、どれだけ資金があっても、開発たらなんたらで湯水のごとく消えていく……
さらに、それで結果が出る保証も全くありません……厳しい世界です。




そうそう、技術といえば……

本田宗一郎から始まる、HONDAの歴代社長は全員が技術者出身なのです。
皆さん、エンジンやF1やWGPなどの開発に携わってきた方々ばかり……
そういう点でも、メーカーとしての『ものづくり』対するこだわりを感じ、好感が持てます。



もう一つ余談を……

創業者一族による会社の私物化の弊害を恐れる本田宗一郎の信念から縁故採用は行わず、
宗一郎自身、息子は入社させていません。
こういうのも、本田宗一郎らしいエピソードですね。













1962年……

オートバイのレースでは、マン島TTレースで結果を残していたHONDAですが、
メーカーとしてのクルマは、軽トラやS500などしか、まだラインナップに持っていなかったそうです。

そんな中で、いきなり四輪の最高峰、F1に挑戦するとぶち上げた本田宗一郎の決心や決断!シビれますよね~~(*^o^*)









16-701_6543.jpg


この『HONDA』のロゴを見るたびに、その熱いチャレンジングスピリットを感じる私なのです。


















あぁ…これに乗って富山に帰りたい……貸してくれんかな (・_・;)



最後まで見ていただき、ありがとうございました m(__)m



プロフィール

WILD BOOKERS

Author:WILD BOOKERS
富山県在住。
カメラと酒とミステリー、
ときどきロードバイクという
日々を過ごしています。


※当ブログ内の写真の無断転載・無断使用は
ご遠慮ください。